アルミタンクに穴あいとるし〜、直したらタンク膨張やし、ヤフオクで騙されたし | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

【ベース・トレーナー】ケリーサイモン、トシヒケタ、島紀史などテクニカルギタリストと活動。レイ・ルジアー(KoRn)の教則ビデオにビリー・シーンと共に参加。名古屋NSM 副校長 / 教務部長

 

さて、前回まではアルミタンクの取り付けステーの製作でした。

 

いい感じで装着できたのですけど、翌朝ガレージがガソリン臭い〜

バイクの下がガソリンで濡れていました。あ〜ハズレ引いたか!

 

濡れているのがガソリンコックのあたりだったので、まずはコックをねじ込むために使ったシールテープが悪いと疑った。

何気なくガレージにあったシールテープがガソリン非対応だったのではと考えたんだ。

 

もう一度、ガソリン対応しているシールテープを多めに巻いておいてコックをねじ込んだ。

普通に考えて、これで漏れるはずない。

 

それから、タンクにエアーで圧を掛けて、シャボン玉が出来るかどうかのテストをしたんだ。

 

それが以下の動画↓ フェイスブックへのリンクだけど勘弁して。

 

 

 

この穴の位置はアクセルワイヤーが当たる場所で長年ワイアーが擦れたことでアルミが削れて穴が空いたと想像できる。

穴といっても肉眼では見えなかった。本当に小さな巣穴だ。

 

ヤフオクで出した輩は絶対にわかっていたと思う。

だって塗装も削れていた場所だしさ(苦笑) ヤフオクはやはり騙される覚悟で買わないといかん。

 

今回はJBウェルドで埋めて漏れは止まった!

良かった。

 

まあっそのうちまた振動とか色々な原因で漏れるかもしれんが、このタンクはロングの時だけ使う用なんで、耐久性の面でもあまり心配せんで良かろう。(と言い聞かす)

 

 

で、この今回の失敗はさ↓タンク膨張してもた〜

 

image

アフター↑

 

ビフォー↓

image

 

気にしないとわからなんだろうけど、シュッとした造形がムチってなった😂

 

image

 

この写真だけではわからないだろうけどタンクの溶接部分でいい感じで角があったとこが見事に膨らんでまるっ子くなった。

 

image

 

まあっ見方によっては、下手な溶接の凸凹した部分や角が膨らみきっていない部分がいい感じに膨らんで、大きめの凹みはもとに戻った

 

image

 

↓下と比べて、むっちりは分かるでしょ。

 

image

 

エアーで圧力かける時はやりすぎるとダメよ!

 

タンクマウント用のステーの取り付け部分も若干歪んでしまった。

とりあえず着いているので良いけど、次回は広がったタンクトンネル部分を絞らないといかんかも。

 

まあっメインのタンクではないし、こだわったらきり無いのでこれくらいにしとこっ。

 

 

今日はこの辺で!