超絶ギタリストのケリーサイモン氏の超絶音学塾へ | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める

先日、東京に行った際に初めてケリーサイモン氏の超絶音学塾へ行ってきました。

 

 

東京駅からほど近い某駅前の一等地にある超絶音学塾

https://www.kellysimonz.com/members

 

開校してから一度も挨拶に行っていなかったこともありましたし、先日行われたマーク・ボールズ  トリロジー完全再現ライブジャパンツアー feat.KellySIMONZに観覧に行けなかったこともありましたので、ケリーさんに久しぶりに会いに行こう!って思っていました。

 

そして、せっかくなので東京に転居したばかりの若手ドラマーのコウタロウを連れて行ったのです。

 

 

コウタロウは広島出身であり、僕が以前営んでいたライブハウスオクトパス時代に知り合い、そのときに才能を発掘し、その後は僕が教務部長を努めている名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校に入学。

3年間の学業を終えて今春から東京に勝負を挑みます。

 

 

僕は仕事柄多くの若手ドラマーを見ているのですが、コウタロウは僕がこれまでにリズム・セクションを組ませていただいたトッププロのようになれる逸材だと思っています。

 

メタルだけでなく学校で培った幅広いジャンルを叩く能力。

 

そしてもっとも大切な人柄の部分で確実に成功はできると思っています。

 

ただ、現代においてはそれだけでは難しい一面もありますので、ケリー氏からアドバイスを頂きたいと思ってお会いしました。

 

ケリーさんに撮影して頂いた一枚

 

今回、僕自身もケリーさんと話をしていて感じたことは技術や音楽性はあって当たり前であり、ミュージックビジネスという部分をもっともっと若手に説いていきたいと感じました。

 

ケリーさんに撮影して頂いた一枚

 

駆け出しのドラマーとしてプレイはもちろんのこと、お金になる仕事を取るためのツールとして自身をセルフ・プロデュースすること。

 

今回、ケリーさんに写真を撮影頂いたときに感じたことですが、今どきスマホで簡単にとれる写真を一眼レフを使う、照明を使う、ちょっとしたコダワリの積み重ねが大切だと思いました。

 

ケリーさんに撮影して頂いた一枚

 

最近はケリーさんと演奏する機会は少ないですが、僕が心割って話できる数少ない友人なので、また近い将来に何か一緒にしたいとおもいます(僕の一方的な気持ち)。

 

彼も僕も同い年なので、来年50代に突入しますが、僕自身は今とても勝ち組だと思っています!

 

この歳で技術は衰えず、むしろフィジカル面がベストになってきていますし、音楽的にも考え方も深みが増し、そして子育てなどを経て人生の経験値も上がりました。

 

歳はとってきていますが、逆に若手には出せない熟成された面を今後はどんどん出していきたいなと思った滞在でした。

 

ケリーさん、本当にありがとうございました。

 

コウタロウ頑張れよ!!

 

僕もそろそろライブとかがんばれよということで。