2018年度 NSM卒業式 | ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

ベーシストの活動と平行して名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校の教務部長も務める


テーマ:
昨日2019/03/21は僕が教務部長を務めている名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校/NSMの卒業式でした。
 
image
 
先日うちの長男も姉妹校の東京にて卒業式を行いました⇓
 
名古屋校は音楽系のグループ校でも日程的に最後の卒業式だったのですが、非常に素晴らしい式典だったと思います。
 
image
 
まず参加した学生達が卒業生に相応しい非常に大人だった。
 
東京管区の卒業式では音楽系ではない学校の学生の私語が多く、お客様から式典中に注意が飛ぶような場面もあり、保護者として参加した自分にとっては少し後味の悪いものでした....💧
 
ちゃんと学生の躾しとけよ....(苦笑)
 
不安いっぱい名古屋だったけど、期待通りの素晴らしい学生達
 
礼法指導という式典の一番最初の大役を務めた自分にとって、とてもやりやすい卒業生達でした。
 
真面目で行儀が良くて、大人な空気感がバシっ!!!と伝わってきて本当に嬉しかった。
 
image
 
式典も一つのショーとして考えると、卒業生全員の思いとパワーで作り上げるもの。
 
image
 
学生代表謝辞も含めて、本当に素晴らしかったよ💧
 
image
 
式典のあとの謝恩会
 
本当に素晴らしい学生達と出会えたと思います。
 
image
 
学校に携わって22年くらい経ちます。
6年くらい学校から離れた時期があるのですが、長い期間卒業式を味わっています。
 
今、僕の部署のスタッフに我が校の卒業生が5名います。
講師の先生にもたくさんの卒業生が。
彼達も同じように僕と一緒に卒業写真に残り、今は共に教育に携わっています。
 
image
 
僕も本当に年を取ったな.....と思います。
まあっ49歳なので当然でしょう(笑)
 
卒業生に贈る言葉として、とにかく続けてほしいということ。
 
ミュージシャンというのは、一般の仕事と違って、雇用されてから教育されるという部分がありません。
 
サラリーマンなら新人は一日目には使い物にならない。
だから、会社で教育して、会社の文化を学ばせる。
 
ミュージシャンはプロの第一歩から完璧を求められます。
 
だから、卒業式の翌日から「はい、今日からプロです!!」というような簡単なものではない。
これはエンターテイナー全てに言えることです。
 
だから、親御さんも不安やと思う。
 
だけど、自分の経験でエンターテイナーを目指した以上はこの不安や困難は逃げる道がない。
 
卒業生君達は今日から困難な道程が待っている。
しかし、それがわかった上で行動をしていけば、夢は叶う。
 
まず、今日から自営業で起業した社長になったと過程してほしい。
エンターテイナーを目指しているならば、今日仕事がなくても、定時に起床して新店舗オープンする起業家と同じように仕事をすることだ。
 
まず一番にカレンダーをつけることだ。
1年先までのカレンダーを整理しよう。
事業計画というものを作らないと間違いなく失敗する。
 
当面は起業家といっても、副業のバイト中心かもしれないけど、就業後や休日で起業準備として何をやるかを記載しよう。
 
何月何日までに何曲作曲すると決めたら、一日何時間それに費やすか決めて、その時間は仕事して集中しよう。
 
ジャズ・スタンダードを弾くことを決めたら、何日までに何曲レパトリーにすると決めて、毎日訓練しよう。
 
そうやって、自営業を起業したオーナーと思って、毎日を生きよう。
 
君たちは店舗を持たない個人商店の店長だ。
 
起業に必要なものはなにか?
 
機材はプロの仕事に耐えられるものか!?
 
なければ、銀行に融資を頼みに行ってでも入手しよう。
銀行が貸してくれなければ、信用をつくるために今できることをやろう。
もしかしたら、一旦は就職することかもしれない。
 
 
悩んだときは、もしも自分が飲食店を起業したら何から準備をするだろうと想像してみてほしい。
 
そうすれば、何をすべきか簡単に答えが見つかる。
 
演奏技術が低い人は、料理の腕が悪いのと一緒だ。
だったら、練習してプロとして恥ずかしくない技術という商品を作るしか無い。
だったら今日から毎日8時間死にほど練習する。
 
ある程度、プロレベルの技術と知識があるのに、仕事がなければ、宣伝が足りないのであろう。
 
飲食店をオープンしたら何をするか考えよう。
 
ホームページあるか、SNSはプロ用のものをもっているか。
名刺はもっているか?
 
いくら美味い料理でも、宣伝をせず山の中で営業したら誰もこない。
 
だったら、ホームページを作ろう。
自分をPRするプロフィールを作ろう。
いつでも提出できるようにプロモーションパックを作っておこう。
 
 
君たちはまあまあな料理を作れる、山の中で営業をしている飲食店のような存在。
 
そういう境遇だったら、どうするか考えてほしい。
 
少なくとも、毎日仕事と思って、練習や勉強をすること。
お金に対してシビアになって家計簿をつけること。
 
そういう風に頭を使えば、成功できる確率は飛躍的に上がる。
 
今日から勝負。
 
ぜひバイトに埋没せずに、目的意識を高くもって自営業の起業者として頑張ってほしい。
 
困ったらいつでも相談にのるから頑張ってほしい。
 
本当に卒業おめでとう!!!

Keisuke Nishimotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ