オリジナルパーマ液を作りました

しかし
わかって 知って欲しい

パーマとカラーを同日にしない方が良い理由




髪は弱酸性
パーマ液は弱酸性からアルカリまでありますが

大抵はアルカリ性
髪を膨潤 膨らます事で薬剤の浸透をしやすくするためにアルカリ剤が使用あれます

パーマは2液があり
アルカリになった髪を酸性に戻すくすりです
酸化が必要なため 空気に触れて48時間やく
2日で酸性にゆっくりもどります

しかしカラーをした場合

せっかく酸性に戻すくすりを使用してるのに

カラーアルカリ残念です
また、アルカリで膨潤させ色を入れて

カラーに2液はないので

アルカリのままで終了します

そうなると髪からタンパクしやらアミノ酸
カラーまで徐々に流れ落ち

ダメージしてしまうのです

どんなに良い薬剤を使っても
パーマとカラーを同日にするのは

リスクがあるのです

リスクを理解した上でご注文いただいた場合でも

ダメージによる保証は出来ません

やはり後日行う事が最適なのです

当店では、基本お断り致します!