{E60CC0AA-ED53-4C0F-8E65-639191B80A94}


美容師向けに書いたブログですが
こだわりを知ってほしい!と思い
投稿しました  笑笑

街からパーマ屋さんが消えた
一体なぜ?

美容歴の長い人は

1度は言われたことあると思いますが

昔は美容師の事をパーマ屋と呼ぶ人が
たくさんいました。 
当時パーマ屋と言われるのがダサくて
嫌でした 笑

一体なぜパーマ屋だったのか?
考えてみると  カラーの進化によるもので
カラー剤は白髪を染めるために製造されていて
脱色して茶髪 ここまでが同時のレベル

若者は、今ほどカラーはせず
バージョン毛の人だらけ

当然パーマ液は 強くてなんぼの世界
なので 当時の美容師はパーマが上手くて当たり前
薬かければ パーマはかかる時代です

現代の美容師さんはパーマが苦手で下手と
言われてますが  それは、大きな間違いで

カラーの進化により 
一般のカラー認知が上がり
さらに 多様な染め方で 昔より
髪が不均一なダメージになり

パーマ液の使い分けが非常に難しくなったから
です

そこで多様なニーズに応えるために
カット技法が進化しトリートメント剤が進化
し  パーマ液は商品の種類が増えて

更にパーマが難しくなりました

パーマとカラーを同時にしない宣言をしてから
約2年 様々なメーカーの商品を試しましたが
結局 商品の種類でカバーするに変わりわなく

いよいよあきらめかけてましたが
とあるメーカーさんと出会い

希望に合う商品開発をしてもらう事にしました

希望は シンプルでハイスペックな物

種類は最低限 オールマイティ
高還元剤 アルカリはほぼ無し

保護剤補修剤は 少数

リッジと質感良く
パーマとカラーを同時にしても
色落ちしない カールがダレない

髪質の違いをカバーする

かなりのむちゃぶり 笑

そんな商品がいよいよテスト段階に入ります

オールマイティなハイスペックで高機能 
アルカリ1%
補修剤で ノンアルカリに近い商品

楽しみです!