どこの本屋さんだって

ダイエットコーナーには

大量の書籍が並んでいる本

 

 

ふと、手にとって

チラッ立ち読みしてみるも...

 

 

 

こんなに

根拠の乏しいこと言って

大丈夫かいの??

 

 

 

って本も

結構あるわけですガーン

 

 

ダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベル

 

広島・廿日市市神社

パーソナルトレーニングジムroot.

代表の藤田竜也です

 

ダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベルダンベル

 

 

そんな中

信頼できる本を

見つけたのですDASH!

 

 

 

奥平智之先生の

『うつぬけ食事術』

下矢印下矢印

 

この本では

多くのココロの不調が

栄養状態の悪さから

起きているのでは?

 

 

 

ということを

問題提起されていますDASH!

 

 

 

例えば...

落ち込みやすい

気分が晴れない

やる気が出ない

眠りが浅い

 

 

 

これらは

食事内容を変えることで

改善する可能性が大いにある

と言われていますニコニコ

 

 

食事を改善すると

ココロの不調も改善する

というのは

 

 

 

よく考えると

当然のことで

 

 

 

人は何か判断をしたり

考え事をするときには

相当なエネルギーを

消費しています筋肉ダンベル

 

 

 

確か

消費カロリーの20%程度は

脳で消費されているとか...

すみませんうろ覚えです💧

 

 

 

つまり

食事を食べる量を減らして

カラダがエネルギー不足の

状態に陥ると

 

  • 判断力が鈍る
  • 前向きな思考から遠ざかる
  • 不安を抱えやすくなる
  • イライラしやすくなる

 

そんなことが

起きてくるわけですあせる

 

 

不安になりやすかったり

怒りっぽかったり

否定的になりがちだったり

 

 

 

実は

これらのマイナスな感情って

性格なんかじゃなくて

 

 

 

ただの栄養不足状態

だったりするワケですあせる

 

 

 

赤ちゃんだって

お腹が空いたら

泣くじゃないですかDASH!

 

 

まさに、食事と感情って

超密接に関係しているんですひらめき電球

 

 

 

逆にいえば

食事を改善することができれば

 

 

 

ココロがポジティブになり

いろんなことにチャレンジできて

人生が好転するキッカケが

できるかもしれません爆  笑キラキラ

 

 

 

人生を変えるには

まずは食事からビックリマークビックリマークキラキラ

 

 

 

だからね

もしあなたの上司が

怒りっぽくて

 

 

 

部下に当たってばかり

いるような人だったら

 

 

 

『あ、この人栄養不足なんだ!』

 

 

 

と理解してあげて

優しくハチミツを

手渡してあげて下さいね笑

 

 

【本日のまとめ】 そういう上司はたいていコーヒーが手放せない

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました!

 

 

 

より多くの方が

日々心地よく自分らしく

過ごせますように^^

 

 

 

ほいじゃったらパー

 

root.のホームページ

藤田竜也のインスタグラム

藤田竜也のfacebook