バナナマフィンレッスン♪ | 発達障害のこどもがのびる おうち療育 ~ママがおうちでできること~

発達障害のこどもがのびる おうち療育 ~ママがおうちでできること~

発達障害・自閉症のお子さんとママのためのカウンセラーです。

自閉症スペクトラムと診断された息子を抱えるママでもあります。

発達に課題のあるお子さんの指導員としての経験と、ママの経験を生かしたカウンセリングを提供させて頂きます。


テーマ:
おうち療育アドバイザー浜田悦子です。
こんにちは!


昨日は、発達凸凹アカデミー
インストラクターさん向けのサポート会。


今月は、小林浩子先生の

‟ バナナマフィンレッスン ”




もちろん・・・


・グルテン

・乳製品

・白い砂糖


上記のものは入っていません。





サポート会でも、みんな真剣。

色んな質問も飛び交います。





管理栄養士の浩子先生。


中身はもちろんですが、
作り方もと~ってもカンタン!!


「 へ~! 」

「 え~! 」

「 まじで~! 」←コレはわたしだけかな(笑)









仲間と協力してできるのも、距離が縮まりますよね!








焼いている時間は、試食&質問タイム~

浩子先生がチョコレートを作って来てくれました♡




‟ 食事療法 ”って聞くと、

チェック 難しそう・・・

チェックお金かかりそう・・・

チェック 面倒くさそう・・・

って思いませんか?


何を隠そう、わたしがそう思っていましたあせる


アカデミーの活動をしていても、わたしだけ二の足を踏んでいました。


腸にいい。

脳にいい。


そう聞いても、いまいちピンとこなかったし、
何よりパンとチーズが大好きでした。




でもね、

‟ パンもチーズも、一気にやめなくたっていい ”

そう分かったら、意思の弱いわたしでもできるような気がしてきました。


毎朝のパンを、週に1度のおにぎりに変えてみよう。

これだって、大きな大きな一歩だということに気付きました。




それにね、やってみてやっぱり難しいって思ったら、
やめてみる、ちょっと休んでみるってこともいいと思うんです。


一番もったいないのは、
チャレンジしないことだなぁと思っています。


子どもが新しいことにチャレンジしないことには、イライラモヤモヤするのに、自分を棚にあげてるじゃん・・・ってことにも気付きました(汗)





ゆるゆるなグルテン&カゼインフリ―生活をして感じたことは、わたしにはこのゆるゆる具合が合っている、ということ。


おうちでは ‟ できる限り ” 気をつけて、我慢はしない。

(この時のランチも卵サンド 笑)


それでも、胃腸の調子がだいぶ落ち着いてきたなぁと実感しています。



手作りスイーツも、簡単なものからはじめて、自分で作れるようになりましたが、市販のものも食べます。

(柿ピー大好き)


でも、買いに行く手間を考えたら、材料をストックしておうちで作るのがラクだということにも気付きました。



子育ても食も、選択肢がたくさんあることがラクになれる秘訣ですね^^




次回のインストラクターサポート会は、

2月16日(土)

自信がもてる!講師ファッション講座です。

ぜひいらしてくださいね!

**詳細はこちら**





■今後の予定

◆(募集中)子どもに効く効果的な支援策

日程:2/28(木)
時間:10:00~13:00
場所:横浜駅より徒歩2分

**詳しくはこちら**



◆(満席)グレーゾーンのお子さまを持つママのためのランチ会

日時:2月3日(日)11:30~
場所:渋谷 中国料理 白金亭 西武渋谷店




**詳しくはこちら**





にほんブログ村


にほんブログ村







 

■メディア掲載

   ひよこクラブ(2018年3月号)


   
    AERA(2016年6月号)


おうち療育アドバイザー 浜田悦子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります