私はずっと、『地獄みたいだ』って思っていました。 | 発達障害のこどもがのびる おうち療育 ~ママがおうちでできること~

発達障害のこどもがのびる おうち療育 ~ママがおうちでできること~

発達障害・自閉症のお子さんとママのためのカウンセラーです。

自閉症スペクトラムと診断された息子を抱えるママでもあります。

発達に課題のあるお子さんの指導員としての経験と、ママの経験を生かしたカウンセリングを提供させて頂きます。


テーマ:
横浜・あざみ野 おうち療育アドバイザー

浜田悦子です。

こんにちは^^


メルマガやブログでお知らせしている、おうち療育動画。


***かんしゃく***




発達凸凹情報サイト管理人の伊藤真穂さんが、お子さんの変化を感想にしてくださいました。

ご紹介させていただきますね。



うちの次男(5歳)は、ひどかったです。


『ご飯ができていない』


『つまみ食いしたら怒られた』


『食べたものが熱かった』


そんな地雷を踏むたびに、


ビェェェェぇ~~~


想像つくと思いますが、ひっくり返って手足をバタバタ・・。


毎朝、

毎晩、

毎食・・・


私はずっと、

『地獄みたいだ』って、

思っていました。


『泣いてる人にはあげないからねっ!!』


なんて、

怒鳴り散らすのは、しょっちゅう。

『なんで待てないの!!』

『今用意しているでしょ! 見てて分かんないの?』


泣き声よりおっきな声で、 騒いでいました。

ほんとに、この秋ぐらいまで。


でも、今は、

次男『バナナ食べたい』

私『もうすぐご飯だから、ご飯の後でね』

次男『はーい』

(ちょっと残念そうな低いトーンで)

とか、

次男『ご飯食べたい』

私『今作ってるからね。もうすぐできるからね』

次男『もうすぐ、できる』

私『うん、もうすぐだよ』

次男『イエーイ♪』(すごい笑顔で)

いつの間にか、こうなりました。


なぜこうなれたかというと、

私が「かんしゃくの対処法」を、ちゃんと実践したからです


きっかけは、浜田悦子さんの、

『おうち療育動画』の制作でした。


”かんしゃくの対処法”を撮ったのは、

去年の7月ごろでした。


ちょうど次男のかんしゃくが、絶好調のころ。


実は、

悦子さんには、以前から教えてもらってはいたんですけど、実践できていませんでした。

(ごめんね)


ぶっちゃけ、

『えー?ほんとにそんなんで、なくなるの?うちの子は、元々の性格も激しいし、何言っても聞かないし、もう生まれた時からずーっと怒ってるような子だから、無理よ~~~』

なーんて、 思っていたんです。


悦子さんがブログで、

『うちの子は今、ほとんどかんしゃくを起こしません』と書いていても、

『えー?嘘でしょーーー。そんなはずはないよ、きっと元々穏やかなタイプなのよー』

って思ってました。

(ほんとごめんね)


でも、

この動画を編集しながら、自分の中に対処法を刷り込みました。




何度も、

何度も。


1回聞いたぐらいじゃ、ダメなんですね。


だって毎日が大変すぎて、思い出す余裕もないのです


『とにかく今すぐ、黙ってくれ~~』って思ってますから(笑)


ところが編集作業で、

毎日毎日、

巻き戻して聞いてると、


そうだそうだ、と思い出して、悦子さんのアドバイスを、実践できました。


そしてまさか、3ヶ月も経たないうちに

こんなことを書いてる自分がいるとは、思ってもみませんでした。


もし、あのまま私が怒鳴り散らしていたら?


きっと今も、

絶賛かんしゃく中でしょう・・。





真穂さん、どうもありがとうございました(*^^*)

わたしはこのメルマガを読んで、うれしさと共に 吹き出してしまいました。

ほんとうに、正直な感想だなって。


そして、とても共感します。


わたしは、発達支援センターの指導員だったけど、ひとりのママです。


かんしゃくの対応(無反応)を、できたこともあったし、怒りに任せて怒鳴ることもありました。

目の前のむすこの姿に 泣くこともあったし、閉じこもることもありました。


そして、真穂さんと同じように、『地獄みたいだ』って思っていました。

この感覚は、誰が何と言おうと、育てた人にしかわからないと思うのです。


でも、むすこは今、かんしゃくはありません。

こころを、閉ざしている素振りも、ありません。


わたしはよく、3か月で こどもは大きく成長します。

そう、言っています。


その3か月は、こどもができるようになるというより、


こどもに関わる大人の気持ちの折り合いと、

こども自身が自分の気持ちに折り合いをつける 期間なんじゃないかと


わたしは思っています。



こどものこころが育たないと、結果として それは後になって歪みがでてくるはずだからです。


かんしゃくが 減るとね、大きな山を越えた気持ちになります。

重~い、重~い荷物を、やっと降ろせた気持ちになるのです。


今まで、同じ対応をしていて うまくいかないと感じる方へ

届くといいな~と、思うのです。



【おうち療育動画 各10分~15分 ¥2,000】


かんしゃくは、こちらから





☆ 発達凸凹情報サイト主催

【セミナー動画 60分 ¥3,500】


2015年6月のセミナー動画(公開質問集)

2016年1月のセミナー動画(浜田悦子)

たくさんの、みなさまのご感想は、こちら


もっと深く、ひとつのことを学びたい方は、こちらがオススメです。


☆ 浜田悦子による

【おうち療育動画 各10分~15分 ¥2,000】


かんしゃく

他害

登園しぶり





*** 今後の予定 ***

つぼみの会(あそびの会)@あざみ野アートフォーラム

日時:3月24日(木)

※ いづれも、10:00~11:40 まで(10時にならないと入室できません)

対象:未就学のお子さんと、こどもの発達に悩みや不安がある保護者さま

料金:一組300円

予約:不要です。当日、お越しください。

アクセス:田園都市線 ・ 市営地下鉄ブルーライン

あざみ野駅より 徒歩5分

場所:あざみ野アートフォーラム














【 カウンセリングのお申込みはこちらから 】

自宅でできるおうち療育のことや、ご自身のお悩みなど…お待ちしています。

~お申込みは、こちらです~

☆詳しいサービスメニューはこちらです☆





おうち療育アドバイザー 浜田悦子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります