その昔、今ではドラム式で製作する大きさでもコード式で作っていたんです

そしてマイプランという形式で、メーカーさんから生地を取り寄せてメカ屋さんに依頼していたんですよ

 

まだメカはしっかりしていてもプラスチックの部品が劣化して、部品交換の修理をしたりすることはもちろんですが、生地の交換もそろそろ考える時期ですね

 

ところがメカによっては昇降コードを巻き込む「コードアジャスター」が、昇降コードを差し込む「コードホルダー」になっているものもあるんです

(ネットより・ホルダー型)

 

この形式だと幕体を交換するとコードも交換しないと長さが足りなくなっちゃうんですよねぇ

なので、幕体を交換しるのと一緒にコードも交換しますね

今度の幕体にはコードアジャスターがセットされていますので、今までのコードより絡める分長くします

(ネットより・アジャスタータイプ)

 

次のクリーニング時には昇降コードをアジャスターに絡めた位置をチェックしておくと、取付け時にすべての昇降コードを調整しなくていいので大変楽ですよ

(ネットより・チェックポイント)