金と銀

テーマ:

街を歩いているとどこからか甘い良い香りがしてきます

あら、どこからかしら?

振り返るとそこには金木犀の木キンモクセイの花

木の葉の陰からオレンジ色の小さな花が花簪のようにこぼれていました

木の根元は金色の絨毯です

 

このオレンジの花を「金」に例えるように、白い花を「銀」に見立てたこの花を銀木犀と言います

銀木犀は金木犀よりも控えめ

なかなか見つけることが出来ません

たくさんの街路樹から探すには嗅覚を研ぎ澄ますこと

これで秋の香り香りはあなたの物よ

AD