177「豆肥後守形式ナイフ」クラフトマン | ルームカフェ美和のブログ

ルームカフェ美和のブログ

品川区中延の第二京浜国道沿いにある

ルームカフェ美和のブログです。


テーマ:




此の刃渡り3.5センチメートル程の豆肥後守形式ナイフは、頭を悩ませる悩ましいナイフと成る。






 サイズ的には、現在市販中で言う、定「駒社の「豆肥後守」と同様で有るが、しかし問題は、刃先が典型的青龍刀型で有るに関わらず、鞘は真鍮製の毛抜き型と成っていて、然もその真鍮製鞘には。

○←入り山型にTO

Higanckamiknifu

と有る。

英語ではないローマ字表記の様子だが、読めそうで読めないまるで呪文の様な文句は誠に辛い物が有る。

入り山型にTOのメーカーは以前にも有ったので日本製品は間違いない。

刃起こしの尾は叩いて丁寧に平たく加工してある。

刃と真鍮製毛抜き型鞘の接合部は真鍮製円形座金ワツシャーとピンで固定去れて居る。

毛抜き型鞘尻に紐通しの穴は無い。

 戦前か、戦後昭和30年代の生産品か迷う所と成る。

子供用と言うよりも、大人用と思われる。場合によっては、女性方の鉛筆型眉墨削りと言う場合もあり得る。

少数生産品なのか、古物市場では類例を見ない。

177「豆肥後守形式ナイフ」

2015年7月26日

ー続くー









 ルームカフェ美和

 自由空間しおん  TEL:03-3782-1546


  


ルームカフェメンバーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス