神楽坂のタウン誌「かぐらむら」64号掲載のご案内 | 神楽坂 器 日和。

神楽坂 器 日和。

 うつわや「神楽坂 暮らす。」店主の日々の出来事、うつわの話あれこれ。


テーマ:

 


隔月刊の神楽坂のタウン誌「かぐらむら」 の最新号、

10月と11月の情報が満載の第64号の配布を開始しています。



この冊子の中の人気コーナー「まちの時間割」では、

「神楽坂 暮らす。」の今後2か月の企画展情報を載せてもらっています。


10月5日からスタートする「秋の夜長を楽しむ酒器展」 をはじめとして、

今回は、なんと5つの企画展が掲載されておりますよ。


てんこもり。



神楽坂 器 日和。



そんな今号の「かぐらむら」なのですが。


読んでいて、とても興味深かったのは、
神楽坂組合の理事長のお話を文章にした、聞き書きコラムのコーナー。



今回は、幇間さんに関するおはなしでした。


幇間というのは、太鼓持ちとも呼ばれる、

花街で、芸者とともにお座敷を盛り上げる「男芸者」のこと。


現在では、浅草の見番に5名の登録があるのみだそうですが、

神楽坂にもかつては人気の幇間さんがいた、とのことでした。



今も、坂下の路地で、たまに芸者さんを見かけることはあるけれど、

幇間さんもいたなんて。


神楽坂が山の手の花街として賑わっていたことの証しですよね。


時代が変われば、無くなる職業もあるわけですが、

コラムからは古き良き時代の空気がじんわりと伝わってきました。


こういう、街の記憶を覚えてる人の口述っていうのは、

近現代における民俗学のようなもの。


日々動き続けてる社会の変遷を知る上でとても大事だなあ、と思います。



さすが、「かぐらむら」。


神楽坂の商店街、もしくは「神楽坂 暮らす。」でも配布していますので、

どうぞ気軽に手に取ってみてくださいね。




神楽坂 器 日和。
 「神楽坂 暮らす。」  http://www.room-j.jp
 info@room-j.jp  

 東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101

 03-3235-7758

 12:00-19:00 火曜定休(火曜が祝日の場合は営業、翌日振替休)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 開催中の企画展のご案内

 矢口桂司 秋のうつわ展

 9月19日(水)-10月4 日(木)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 次回企画展のご案内

 う・た・げ 秋の夜長を楽しむ酒器展

 10月5日(金)-18 日(木)


HAALさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス