私は早生まれだったし、姉がとても素早い人(時におっちょこちょいとも言う)だったこともあり、母からいつも「遅いムキーノロマムキー」と言われて育ちました。
だから働き出してから「遅い」と思われることを何よりも恐れていて、もっと丁寧にやりたいのに素早さばかり追求していました。またその飲食店も早さが売りのところでもあったので、それが自分を追い詰めていました。

それでも8年近く在職できたのは、片手間に広報の仕事をやらせてもらえたからです。私はコツコツとモノを作っている方が向いている、デザインの仕事がメインに出来ないかと考えて始めていました。