モチベーション向上のために押してくれるとうれしいです!
↓ ↓ ↓


ブックメーカーでは残留が濃厚だったイギリスのEU離脱投票が行われまさかの離脱が決定してしまいました。開票中の日本市場は大荒れ為替は一時100円を割り込み株価は14952円-1286円-7.92%と大幅安になりました、特にFXで大きな被害を受けた人も多いと思われます。

さて直近の予想ですがこれから始まる震源地のEU圏や米国も大荒れになりそうです、厄介なのは一気にリスクオフになったことから円高が止まりそうにありません、とりあえず今回の衝撃で1ドル94円ポンドは125円ユーロは108円位を見ています、それにスライドして日経平均はあと800円くらいの下げ14000円割れあるいはそれに迫るさげに見舞われると見ています。

まさにEUのさまざまな問題を封じ込めていたパンドラの箱をイギリスが開けてしまったわけですから世界は大混乱です、まずキャメロン首相は辞任し離脱派の政権が誕生します、それと同時にスコットランドの独立機運が高まりすでに今日の時点でスコットランド独立の国民投票を行おうと呼びかけています、独立が実現してスコットランドはEUに加入ユーロ圏となることを希望しています。

イギリスポンドが暴落したことからイギリス内の不動産などの資産も売却されたり工場を閉鎖しなければいけない日本などの企業にも打撃はかなりのものになると思います。

オランダやフランスも本日の時点で右派が国民投票を呼び掛けてますし、EUは一気に崩壊の危機にさらされることになりました、EU内の債務問題も再燃しいわゆるpigsポルトガル・イタリア・ギリシャ・スペインなどの債権が売られCDSが上がりだすことも予想されます。

リスクオフになると主に円とドルに通貨が避難先として選ばれますがEUと直接関係ない弱い新興国通貨であるニュージーランド・オーストラリアドル・南アランド・トルコリラ・などがドルに対して不当に売り込まれインフレを起こし通貨危機が起きかねません、景気が悪化してるブラジルもさらに追い詰められオリンピックどころではないかもしれません、人民元も今回の騒動で急落しています中国はそれでなくても不良債権問題が再び再燃するかもしれません。

イギリス保護主義の勝利はアメリカ大統領選挙にも大きな影響を与えます、今までヒラリー有利の展開が今回の離脱劇で一変し移民を排除するトランプ旋風が再び吹き荒れるのではないか?トランプが勝利してしまう目がかなり出てしまったといってもいいでしょう。

日本の参議院選挙にも影響を与えそうです、安倍総理が伊勢志摩サミットで言ったリーマンショック級が訪れたなどとゆうちょうなことは言ってられません、急激な円高と株安によって安倍政権の屋台骨である経済政策に暗雲が差し込み対策を間違えれば野党に票が流れてしまいそうです。

イギリスEU離脱劇は世界を大きく変えてしまうきっかけになりそうなことは間違いなさそうですし今後の離脱関連ニュースにも注目していくべきでしょう。

これらを踏まえて今後の投資方針ですが、ポンドやユーロが売られることからそれ以外の資産特に金に資金が集まっているようです早速1オンス1320ドルと4.5%の上昇と反応しています、そのほかビットコインなども買われているようですが、なんといっても一番強いのは円です、だからみなさん円を買っとけばいいですよ、世界最強通貨を持ってる日本は大変恵まれた国なんです、過度に悲観する必要はありません、つまりポンドなど他の通貨を売りで取るのが有効です、ミセスワタナベはスワップ金利目的で買ってるランドやトルコリラなどは急激な円高で吹き飛んだかもしれません、そのような投資は避けた方がいいと思います。某ストラテジストや黒岩先生の逆張りも相場がわからなくなったときはかなり有効です、まあ冗談ですがw

ご協力をお願いします→