世界くもりぞら百景 | ハロー,サマー・グッバイ. 石のアクセサリー、レザークラフト、ワイヤーの作り方や販売

ハロー,サマー・グッバイ. 石のアクセサリー、レザークラフト、ワイヤーの作り方や販売

ハンドメイド、アクセの制作、レザークラフト。ネットショップのノウハウ等を気まぐれに書いております。おもにネタです。4649.



ここ2週間ほど、他人と話しをしていない。

あえて殊更言うほどのアレでもないが、わたしはひとりぼっちでグダグダ作品を作って売り、ボソボソとメシを食っているアクセサリー作家的なナンカなので、他人と口を利かないのはさほど珍しいことではない。ってゆーか、むしろ平常運転であるのだが、毎晩ベッドに横たわり、眠る前にちょっと高い位置に立って自分を見下ろすと、我ながらアンポンタンな生活であるな、と、思うこともしばしばある。

無論、一般的な社会生活を放棄し、そう謂った奇妙な船を出向させたのは他ならぬ自分自身である。だからこの航海に特に不満はもっていないが、それでもまた違った別の道があり、別の航路で以てこの旅を続けられやしないものかと、考えたりもするのだ。これはみんな覚えがあると思うのだが、「あのときこうしていれば」とか、「あのときこうしなかったら」とかいう、所謂、IFの問題である。

そういう問題は、考えれば考える程、己を袋小路に追いやる悪手である、との自覚はある。わたしは自分をとても賢い部類の人間であると自覚しているが、と、同時にどうしようもないアホでもあるとの自覚もある。そういった両極のナニカで以て、ふわふわとバランスを取り、なんとかんとか生存している所存なのだが、ときとして、そのスタビライザーがどちらかに傾き、精神と身体のバランスが崩れることがある。

***

その舵が大きくアホな自分の方に傾けば最高である。何も考えず、遊びも仕事もこなし、全てがとってもとっても上手くいく。日々楽しく過ごし、お金も儲かる。なぜならば、アホだからである。何にも考えずに、どんなツライ業務でも難なくこなせるようになる。数年前のアホ紀(なんか地球のジュラ紀みたいなテイだと思ってください)に、糸魚川翡翠を20個研磨しやがれ、という依頼があったが、アホ紀だったので、難なくこなすことができた。手磨きである。手ぇなんかもうボロボロで血まみれなのだが、それでもニッコニッコで仕事していた。なぜならばアホだからである。アホは『つらい』とか『くるしい』とか考えない。アホ紀はそういうバイアスが自分にかかりまくっている。

いわば、無敵である。

***

しかし、ときとして賢い方の自分にハンドルが切られる場合がある。これはもう、完全に0.1ミクロンも自覚がない。無意識で脳の舵が大きく切られ、計算高く、賢い自分が現れる。これは最悪だ。

もう、なんにもできなくなるのだ。アクションを起こす前に考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて、そしてまた考えて、と、こうなる。考えてばっかりで、行動を起こせないのだ。アホ紀であればノホホ~~~ンと、難なくこなしてしまう仕事であっても、天才紀になればまったく手がつかない。失敗したらどうしよう、間違ったらどうしよう、と、そればっかりになる。全く以て呆れるばかりである。

***

よって、わたしの結論としては、アホでもダメ、賢くてもダメ、と、こうだ。

天気にたとえると、快晴でもダメだし、雨降りでもダメなのだ。

くもりぞらがいちばんよろしい。

***

NEW! オパールのリング [ショップページ]


NEW! ストロベリークォーツのリング [ショップページ]


おちまい。