心技体

テーマ:
いつもは、あまりしないのですが
支度をしながら、何となくニュースを聞いてました。

話題は、やはり(?)オリンピック。

私が見ていた時は
高梨沙羅選手の銅メダル
高木美帆選手の銀メダルを取り上げてました。

おめでとうございます!

メダルまでのプロセスを紹介してました。


⚫️高梨選手は「失敗ジャンプ」が夢に出て
夜中に飛び起きることも。
これではダメだとメンタルの強化に取り組んだのだそうです。

それまでの「ジャンプ」日記に加え
自分の日常も振り返り、毎日30分、
自分と向き合う時間を取るようにしたとのこと。

すると、同じく「失敗ジャンプ」の夢は変わらず見るものの
それまではジャンプを跳ぶ「自分目線」の夢から
ジャンプを跳ぶ自分を見ている
「客観視」している夢に変わったのだそう。


⚫️高木選手は、代表落ちを経験し
コーチにこう声を掛けられたのだそう。
「これを倍返しにも100倍返しにもしないとダメだ」

高木選手は、真っ赤に泣き腫らした目を見開き
「絶対にそうします」
そう答え、それまで以上の練習メニューをこなしました。


しかし、ライバル選手のタイムを見て、少し尻込ます。
「あんなのに絶対勝てない」

その時の外国人コーチは、こう返したそうです
「同じ人間がやれているのに
どうして自分は出来ないと思うの?」


このコーチとの英語のやりとりで
考え方がシンプルになったのも、メダル取得に繋がった、と結んでいました。



{1D1694E8-EC16-41CE-9F30-5AEA6BE1B7C0}


まったく関係ないのですが…
あるトイレに貼ってあったポスターです。

日本語の注意書きの下に
英語と…中国語?と韓国語?で合ってますかね

日本語と中国語は3行使うのに
英語と韓国語は1行で済んでいます。

…まぁ、フォントの大きさもあると思いますが…


「世界一難しい」とされる日本語を母国語とする私たち。

「思い込み」が邪魔をする時もありますが
こんなにシンプルなら、英語の習得は意外と簡単…
なのかもしれません。



「テンションは高くない」と書いた直後になんですが………


競技を通して、色々なことを考えさせてもらえています。
これからも冬季オリンピックから目が離せなくなりそうです。


頑張れ、ニッポン!
AD