行政書士I先生とのお話で学ばせていただいたこと | 目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

困っている人や虐げられている人を守るため行政書士事務所を開業。
メイン業務は「交通事故後遺障害等級認定」、
「悪質商法、不当解雇等への内容証明による支援」、
「成年後見人引受、相続手続、遺言書作成」。
新人行政書士の冒険譚が今、始まります・・・


テーマ:

本日、行政書士のI先生とお話しさせていただきました。


I先生は名古屋で不動産業を営んでおられて、さらに行政書士の資格をとられたバイタリティ溢れるお方であらせられます。

(詳細は私のFacebook をご覧ください)


I先生との出会いは、実は名古屋大原であります。


在校時代からI先生は目立っておられてやはり気合が違いました。オーラが出ておりました。


大原でも合格した方々を集めての懇親会が開かれて私も出席させていただいたのですが、そこで再会したのはやはり受講時代からある種のオーラを発していた方々ばかりでしたね。


I先生はすでにご自分の会社を経営なされていて、不動産に関しての知識はものすごく、しかしそれだけではなくtて、任意後見契約や遺言執行者としてのご経験もあったりと、その豊富な人生経験からくりだされるお話に私は夢中になりました。


でもI先生の素晴らしいところは、なによりもそのお人柄にありました。


気さくな物腰、そして年下の私に対しても対等な物言いをしてくださるその気配りに、私は自然と心を開かざるを得ませんでした。


I先生と過ごさせていただいた時間は一時間半弱。


しかしあっという間に感じられました。


どんな商売でもやっぱり人と人のつながりがその全てだと、I先生の言動からお教えいただきました。

どんなに法律知識に富んでいようとも、実務経験に富んでいようとも、人に対して尊大な態度であったならば、依頼者は業務を委任するでしょうか?


青臭いかもしれませんが、やはり人としての信頼を感じられなくては、行政書士うんぬんと言うよりも、人としてNGだと思います。


行政書士の資格なんて、がんばれば大抵の人は取れると思います。


奢ることなく、謙虚に、真摯に、依頼人の利益を追求し、依頼人に笑顔を取り戻してもらう、その大切さをI先生からあらためて学ばせていただきました。


I先生、ありがとうございました。


ぜひ今度はI先生の元へ、名古屋の事務所へご挨拶に伺わせていただきます。


今後ともよろしくお願い申し上げますm(__)m

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ ←よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村



行政書士 ブログランキングへ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
三重県鈴鹿 被害者救済専門
行政書士佐藤のりみつ法務事務所
・交通事故相談(後遺障害等級認定書作成等)
・内容証明書作成郵送による各種トラブル解決支援
・相続・遺言・成年後見人引受
ホームページはこちらから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

被害者救済専門行政書士 佐藤のりみつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス