行政書士開業に際しての預貯金口座(特にゆうちょの振替口座)について | 目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

困っている人や虐げられている人を守るため行政書士事務所を開業。
メイン業務は「交通事故後遺障害等級認定」、
「悪質商法、不当解雇等への内容証明による支援」、
「成年後見人引受、相続手続、遺言書作成」。
新人行政書士の冒険譚が今、始まります・・・


テーマ:

>行政書士事務所開業に際して開設した預貯金口座


私は3口座開設しました。


当然個人事業主ですので営業性個人口座です。


一つは地銀。内容についてはこちら をご参照くださいね。


二つ目はメガバンク。


この二つは普通預金です。

ネットバンキングも利用してます。


各銀行によって営業性個人口座の取り扱いが違うので、よく調べて比較して銀行を選択することが必要ですね。


で三つめはゆうちょ銀行の振替口座です。


振替口座というのは簡単に言うと「お客様の振り込み専用口座」みたいなものです。


だから

・送金方法が簡単、手数料が比較的安い。

・通帳がない

・利息がつかない

といったメリットデメリットがあります。


しかし私はゆうちょの総合口座で事業の預貯金を管理するわけではないので、ゆうちょに関しては振替口座で十分だ、という判断であります。


振替口座に関しては、法人格を有さない個人事業主は、屋号を別名として登録した振替口座を開設できます。

別名(屋号)のみを表記することも可能です。


※「総合口座」でも屋号での総合口座開設をできると私の住んでいるゆうちょ銀行の方は言ってましたけどね。


でもちょっと注意事項があります。

口座名義人が振替口座から出金するためには申込時に定めた取引郵便局窓口のみとなります。


(※総合口座作って郵貯ダイレクト等を利用すれば振替口座から総合口座に預金を移して総合口座から引き出すことは可能らしいですけどね)


つまり口座名義人が振替口座からお金を出すには、原則申込時に指定した店舗で行うことになるので、口座名義人が足を運ぶのに便利な店舗を選ぶ必要がある、ということになります。


ちなみに振替口座の預り金(振替貯金)は、預金保険制度により全額保護されますよ^^v


預り金の現在高や払込み等の状況は、取引が発生するたびに郵送で送られてくる「振替受払通知票」によって口座名義人自身が確認します。

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

で、これ↑が払込取扱票です。

よく見ますよねこれ。

これをお客様にお渡しします。


オレンジの部分に口座名義人名と口座番号を記入します。

ちなみにゆうちょのほうで手数料100円、一枚当たり1円で印刷してくれます。

青の部分がお客様控え。

赤の部分振替受払通知票として口座名義人に送られてくるそうです。

それを口座名義人が管理する、ということですね。


通信欄にはちょこちょこといろんなことが記入できるそうです。

たとえば見積番号とかを記入しておけば、いつのどの案件での入金なのかっていうことが把握できる、というわけですね。


払い込み手数料は送金額によって変動しますが、窓口とくらべればもちろんATMのほうが安いんです。

でも10万円を超える送金(お客様からしたら払い込み)は本人確認が必要になるのでATMでは無理で、窓口オンリーになります。


ネットバンキング的なサービスもあります。

それが「郵貯ダイレクト」と呼ばれるものです。

もちろん申し込みました。


あとは預金保険制度をよく勉強して、資産の管理をどうしていったらいいのかの方法論を構築することが必要ですね(ってかそれもしとかないとですね^^;)


まあ開業時にはこんなもんではなかろうか、というのが私の結論です^^v

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ ←よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村



行政書士 ブログランキングへ



被害者救済専門行政書士 佐藤のりみつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス