行政書士試験・行政法の勉強 | 目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

困っている人や虐げられている人を守るため行政書士事務所を開業。
メイン業務は「交通事故後遺障害等級認定」、
「悪質商法、不当解雇等への内容証明による支援」、
「成年後見人引受、相続手続、遺言書作成」。
新人行政書士の冒険譚が今、始まります・・・


テーマ:

>行政法の勉強


いわずもがな、行政法を制する者は行政書士試験を制する!

ですよね。


どこから出題されてもおかしくないんで、気合を入れて条文理解と暗記するしかないわけなんですが、じゃあテキスト丸暗記したからっていったって、意外と正解にはたどりつけない。


なんでかというと「比較問題」がけっこう出題されるわけです。


まあ比較問題として狙われる箇所というのはある程度予測つきますので、やはりそこはきちんとインプットしておいてアウトプットの練習(よーは問題演習)が必要となりますよね。


それと最近では判例もかなり出ますんでそこもチェックが必要ですよね。


そうそう、行政法の記述問題はがっつり取りに行きましょう。

狙われる箇所は確かに多いですが、不確かな知識ほど役にたたないものはないですから、正確なインプットを試みることをオススメします。


記述の勉強って、結局のところ5択の勉強につながるんですよ。

5択だからアバウトな理解でいい、なんてことは全くないわけなんですよね。


しっかりと条文を理解していれば、行政法の記述は取れますからね、受験生の皆さん、頑張っていきましょうv



え~、なんだか当たり前のことしか書いてなくて「情報量すくないなあー」って思ってるのは私自身も気づいているところなのですが、結局のところ「合格への近道」なんてないんですよね。


「まとめノートは作らなくてもいい」

「勉強はトレーニング問題集を中心に」

とかですね、ちまたではいろいろ言われるわけですが、それはもうその人次第なんですよね。


たしかに社会人は時間ありませんから、学生時代のようにまとめノートを作っている時間があったらテキストを声出して読んで頭にたたきこんだほうがいいと思いますが、理解できてないのに覚えようったってそうはうまくいかないわけです。


もちろん、理解できるところはノート(私の場合は単語帳)なんてつくる必要はないですよ。

でも、理解できないところや比較して視覚的に把握しておきたい箇所っていうのは、やはり自分にあった形式でまとめておきゃなきゃ頭になんてはいらないと思うんですよね。


合格した人っていうのは、お話伺いますと、やはりそれぞれ独自の勉強法を駆使されていました。


その勉強法って、人から授けられるのではなくて、結局のところ自分自身が試行錯誤して見つけ出すしかないと思うんです。


その手助けっていうのが大原などの予備校で講師から配布されるレジュメであったりしてですね、それをどう活用して自分の血肉に変えていくのか、そこはもう必死に勉強してるなかでしか見いだせないと思うわけです。


受験生の皆さん、がんばってください。応援してますv



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



行政書士 ブログランキングへ

被害者救済専門行政書士 佐藤のりみつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス