行政書士試験・民法の勉強 | 目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

困っている人や虐げられている人を守るため行政書士事務所を開業。
メイン業務は「交通事故後遺障害等級認定」、
「悪質商法、不当解雇等への内容証明による支援」、
「成年後見人引受、相続手続、遺言書作成」。
新人行政書士の冒険譚が今、始まります・・・


テーマ:

>民法の勉強


行政書士の試験範囲って実務に直結しないとよく言わますが、民事法務のトラブルなんかだと、やっぱり基本は民法ですからね。


最近、ちょこちょこと法務トラブルのご相談を受けます。

まあ結局は個別法を見ることになるのですが、でもやはり基本は民法だなあっということを強く感じる駆け出し行政書士の実感です。


で、民法の問題、難しくなってきてますよね。

狙われる分野っていうのは大原などの予備校でも教えてくれるし、市販の参考書なんかでも把握できると思うのですが、かなりしっかりとした条文理解と暗記が出来てないと、解けないですよね。


あやふやな知識ではなく、確定記憶として脳裏に焼き付けとかないと、本試験ではなーんの役にも立たない、つまり正解を選び取ることができないと思います。


民法177条なんて軽い軽い!なんて思わずに、過去問などを参照しながら事例とからめてしっかりとした理解をすることが大事ですよね。


※実は私、8月頭に行われた大原の模試で民法177条の問題、見事にずっこけたことがありまして、そこから基礎力の大切さを痛感しましてですね、上記内容は私の実感ですよホントに;


問われる内容っていうのは、実は基本的なことが多いんですけど、時々「そこから出題!?」なんていう問題が本試験でも出される。

まあ捨て問だと割り切っちゃえばいいんですけど、捨て問だあ捨て問だあって言ってたら、合格点に届かないなんてこともありえるわけで;


だから、民法の勉強は、テキストに書いてある条文の理解と暗記は絶対条件、難問対策は最後の最後、みたいな感じで私は行いました。


そしてなによりも、民法には「記述問題」がありますよね。

記述問題の対策としては、これはもう近道なんてものはなくてですね、記述で狙われる条文をそれこそ丸理解&丸暗記!ぐらいの気持ちで脳みそに焼き付けることが大前提。


で、そのインプットの作業が終わったら、次はアウトプットの練習。

条文をそのまま書かせるなんて問題はできてあたりまえ。

事例を読み込ませて解答を出さなくちゃならない応用問題でいかに得点できるかがポイントですよね。


得点getするにはやはり基礎知識の確定記憶化が絶対に必要。

そして何よりも応用問題で出題者が問うている事をしっかりと理解して、キーワードを列挙して40字程度にまとめ上げなくてならない。


しかも時間配分からすると、記述問題一問にかけられる時間ってだいたい5分。


キーワードを列挙して下書き書いて(下書きは書いた方がいいですよ)清書する、これを5分。


これはもうアウトプットのトレーニングが必要ですっというか、私には必要でした。


ということで、私は大原のオプション講義を受講しました。

その名も「記述問題猛特訓コース」

5月末くらいから民法、行政法とやっていくのですが、この授業にはほんと助けられました。


5分測って問題を解く。そして問題解釈の説明を聞く。

2時間くらいの授業の中で20問ぐらいを解く。

民法で5コマくらいあったかな?


民法や行政法の基礎勉強を終えたらですね、5択問題の解法トレーニングと並行して記述問題の解法トレーニングもしたほうが絶対にいいと思いますね。


なぜかといいますとですね、記述対策勉強をするとですね、やはり条文理解がめちゃくちゃ上がるので、5択問題の正解率もグーンと跳ね上がるわけです。


独学の方でもですね、大手予備校が提供する「記述問題特別コース」みたいなのは受講されることをオススメしますね私は。(それぐらいありがたかった)


あとは多肢選択問題ですよね。

私、結構苦手でした;;

でも本試験では自慢にはなりませんが、満点いただきましたv


本試験2~3か月前の直前期において、私が行った多肢選択問題対策はというとですね、市販の本試験予想問題集とかで出題されている多肢選択問題を徹底的に復習する、でした。

(もちろんテキスト等や講師がくれるレジュメ内容の把握は大前提ですよ)


市販の本試験問題集、私は4冊購入して、徹底的に復習しました。

「これだけ勉強すれば元は取ったなー」

なんて独り言をしみじみつぶやいたことを思い出しますね(笑)


結局のところ、判例であったり法解釈であったりを知ってないと多肢選択も解けないなあっていうのが私の実感です。

ですから、せめて出題が予想される分野ぐらいは確定記憶しておこう、という行動に出ました。


そしたらそれが効果てきめんでしたv


結局のところ、つくづくやはり基礎力なんですよねホント。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



行政書士 ブログランキングへ

被害者救済専門行政書士 佐藤のりみつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス