開業する際のホームページとSEOについての雑感 | 目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

目前の人の幸せを守るため行政書士になった男の冒険譚

困っている人や虐げられている人を守るため行政書士事務所を開業。
メイン業務は「交通事故後遺障害等級認定」、
「悪質商法、不当解雇等への内容証明による支援」、
「成年後見人引受、相続手続、遺言書作成」。
新人行政書士の冒険譚が今、始まります・・・


テーマ:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

三重県鈴鹿 被害者救済専門

行政書士佐藤のりみつ法務事務所


・交通事故相談(後遺障害等級認定書作成等)

・内容証明書作成郵送による各種トラブル解決支援

・相続・遺言・成年後見人引受

ホームページはこちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


>開業する際のホームページとSEOについての雑感


ホームページが士業にとって強力な集客ツールであることは間違いないんですよね。


でも依頼者も、会社案内をそのままHPにUPしただけ、みたいなものでは全く相手にしない。


やはり顧客目線をしっかりと意識して、依頼者の利益につながるような内容でなくてはならない。


さらにそれは情報の羅列ではなく、知識や経験等に裏打ちされたその企業の生の声でなくては見ている人の心には響かない。


となるとやはりホームページ制作は、自分自身(企業で言うなら総務とかじゃなくて、営業マン)が行わなくては、顧客のニーズをホームページの内容に反映できない、と思うわけです。


まあ私の場合個人事業主ですから、私が制作するしかないのでありますが、ひとつの方法として業者さんに丸投げするという方法もあるわけです。


しかしその選択肢は上記の理由により私にはなかったですね。

(もちろん経費の問題もありましたけど^^;)


でも市販ソフトを使って一から制作するのは、私にはちょっと大変。


で、広告費と考えるならば、やはりホームページ制作には投資しないといけないと結論づけました。


そこで操作性がよくて、SEO対策についてのサポートがしっかりしていて、さらに士業との取引が多数あって、最後に価格が安い、という業者を探しました。


で、契約したのがブログdeホームページ (web総研)」という業者さんでした。


詳細はweb総研さんのHP見ていただきたいのですが、私が契約した理由としては、上記条件をすべて満たしてくれたから、であります。


基本的にブログですから、その操作性は抜群。


もちろん独自ドメインもとれます。


費用については基本契約が5万円弱、月々の支払が5千円。

(ホームページ1本契約した場合)


士業との取引も多い。


そして何よりもSEOに対する知識や傾向を教えてくれる。

これが一番大きかったですね。


SEOってわかったようでいてよくわからない世界ですよね。


だって検索エンジンのしくみなんて、統計学やらのエキスパート中のエキスパート、つまりとんでもない天才が構築してるわけですよね。


それを解析するなんてどだい無理。


だから経験から導き出された検索されやすい方法論を構築するしかない。


web総研さんはその方法論を提供してくれるんですね。

ここの部分だけでも月々5千円の価値はあるんじゃないかな、ぐらいに思ってます。


結局情報を取得するにはお金かかるんですよね。

(我々行政書士も保持する知識を提供してお金を頂戴してるわけですしね)


まあ料金が安いのにはわけがあって、ホームページのトップページや大まかな構成は、電話打合せのあと作ってくれるのですが、あとは自分で作らなければならない。

だから更新も自由です。

でも更新しないとスカスカのホームページのまま。

(今の私みたいに^^;)


餅は餅屋にまかすべき。

餅屋は餅屋の仕事に専念すべき。

っと考えるなら「ブログdeHP」はお勧めしないです。


HP作成業者が作るって言っても、その内容の指示はもちろん契約者がするので、実際は実務を業者に任せることになるですけどね。

でも費用が高い。

あとはコストメリットをどう判断するか、ですよね。

(そこは経営判断なのでひとそれぞれですね)


私はこう考えました。

最初に述べたように、ホームページは集客ツールなんです。

集客するのは顧客と直接顔を合わせて交渉する営業マンの知識とノウハウが絶対に必要なんです。

と私は思っているので、私は自分で制作する道を選びました。


それと自由に更新したいですしね。


でもですねぇ~、やはり自分がしたことのない業務についてのトークなんてなかなかうまく思いつかないわけです。


もちろん知識は詰めに詰め込んで、そこから顧客のニーズを探ってシュミレーションするのですが、これがなかなかどうして一筋縄ではいかない^^;


知識の羅列は簡単といえば簡単ですが、それは調べれば誰でもわかることであって、「本の知識そのままだな」っていうのはHP見てればだいたいわかりますもんね。


顧客がHPを見て感じて、見込み客となるのは、

「あっ、この行政書士ってこの問題に関しての造詣深いな。頼れそうだな」

と感じてもらった瞬間。

つまりそう感じてもらう内容にしないと集客ツールとしては不十分。


でもそんなような内容を記すのに、意外と手こずってます^^;


法令違反はもちろん誇大広告やさらには業際までを考慮しながら、そしてなによりも顧客目線を忘れずに、自分自身の言葉(というか考え方)で語る。


しかしHPの制作という作業を通して、頭の中ではめちゃくちゃシュミレーションできてるんで、それは今の私にとっては財産となっていますね。


でも机上は机上ですからね、実務受けたらまた目が回るんでしょうけどね^^;


「ホームページは小さくはじめて大きく育てる」

これ、web総研さんの受け売りですけど、まさしくそのとおりだと思いますv


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ ←よろしければクリックお願いします^^
にほんブログ村




行政書士 ブログランキングへ

被害者救済専門行政書士 佐藤のりみつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス