山梨県甲府市にあるホテル談露館で開催された公益財団法人山梨鈴木助成事業財団の助成事業報告式に参加し、「スマホ依存・ネット犯罪防止啓発用の動画作成事業」の報告と感謝を述べさせていただきました。

有り難いことに、令和元年度、山梨県教育庁社会教育課・山梨県警察本部生活安全部・公益財団法人山梨県防犯協会・サンニチYBSグループアドブレーン社・岩崎保育園のびちびチビッコひろばと協働し、【「手の中の危険」から子どもを守り「手のぬくもり」を届けるプロジェクト~これからの山梨のスマホ時代の健康安全子育てプログラム~】を創出させていただきました。感謝します(^-^)

完成した映像はユーチューブにアップしてありますので、ご覧になっていただき、一人でも多くの子どもを『手の中の危険』から守っていただければ幸いです。

スマホ・携帯などの電子機器は、便利で使い勝手がよく有り難みを感じるのも事実ですが、利便さと裏腹に使い方を考えないと思わぬトラブルや危険を招きます。必要以上の依存をなくすためにも、幼少期からの身近な家族の存在は大きいと思います。

手遊びや手を使ったリズム遊び手を通して手をつなぐこと、「face to face」の会話を通して心をつなぐことが情報化社会だからこそ大切なのかも知れません。

リズムオブラブ♪は、山梨県警察本部生活安全部・各警察署生活安全課・山梨県防犯協会等と協力し、「山梨発信!健康安全郷育プログラム」を通して、少年・女性問題に関する啓発活動もしています。