おはようございますaya


まだまだ昼間は暑いですが
朝晩はすっかり秋を感じられる様になりましたね!
日が昇るのも遅くなってしまって
朝走っている私は懐中電灯が必須になってしまいました汗☆
 

と、いう事でお店には秋の上生菓子が並んでいますきらきら
1つ目の上生菓子は「着せ綿」です。
 
 
 
 
「着せ綿」とは、重陽の節句(旧9月9日)に行われていた宮中行事です。
紫式部が着せ綿の歌を詠んでいたり、
清少納言作の枕草子にも書かれているのですよ~音譜
 
 
前日の夜から菊の花に綿を被せておき、
重陽の節句の早朝に菊の朝露を含んだ綿で顔や体を拭えば
若さや健康が保てると信じられていました。
 
 
 
 
その様子を表した練り切り製の上生菓子です。
という事で下は「菊」、上に載っているものは「綿」ですもくもく
中のあんこはこしあんです。
 
 
今は、五節句
(人日の節句(1/7)・上巳の節句(3/3)・端午の節句(5/5)・七夕の節句(7/7)
重陽の節句(9/9))
の中で一番馴染みのない節句ですが
昔は季節の節目として行事を行う重要な日でした。
 
 
しかし、明治になり新暦に変わると
新暦の9月9日では菊が咲くには早すぎますし、朝露も取れません。
菊酒を飲みつつ風流に月を愛でるにも暑すぎます・・。
(旧歴の9月9日は新暦の10月頃です)
 
 
 
 
と、いう事で重陽の節句はどんどん馴染みなくなってしまったのですが
そんな時代もあったんだなぁ。と、
平安時代の風流な行事に思いを馳せつつ
和菓子をゆっくり頂く時間も良いかと思いますきらきら
 
 
朝露は金粉で表しました。
ぜひご賞味下さい♥akn♥
 


夢づくり菓子づくり 六郎

家群馬県高崎市貝沢町465
☎(027)363-1480

商品の価格などはホームページをご覧ください
HP http://rokurou.jp/
←click


時計 営業時間 
火~土曜日 8時半~18時
日曜・祝日 8時半~17時半    

注意商品の売り切れなどにより早めに閉店する事があります。ぺこり

休む 月曜日、第3・第5火曜日
    お月見のお団子9月の定休日お月見のススキ