おはようございますaya

 

 

夏の鉄道旅第4弾ですきらきら

2019年【北海道&東日本パス】③ 山形線とマンホールカード ←click の続きですウキウキ

 

 

 

 

米沢からわざわざ会津若松に来た理由はマンホールカード・・・ではなく

大好きな只見線に乗る為ですきらきら

 

 

 

 

4年ぶりの只見線はとても可愛いラッピング車でした ラブ

 

 

 

 

このラッピング車の色は只見川をイメージした青緑色との事なのですが

本当に同じ色でした!

 

 

 

 

車内もレトロで最高だわ!とウキウキしながら

6時の始発で出発ですきゃー

 

 

 

 

前回見れなかった川霧が見れるかなぁと期待していたのですが

全く気配もなく・・・美しい川が良く見えました汗☆

 

 

 

 

ちなみに前回はちょっとだけ霧が見えていました。

 

 

 

 

6月~8月の早朝が一番良く見れるそうなのですが

そんなに簡単に見れるものではないですね あせる

 

 

これを期待↑画像はお借りしましたaya

 

 

 

それでも只見線の美しい景色を堪能し、会津川口駅に到着。

ここからはバスに乗り換えます。

 

 

 

 

本当に美しいホームからの景色だと思いませんか? きらきら

 

 

 

 

只見線は平成23年の新潟・福島豪雨の影響で4つの鉄橋が不通になってしまい、
現在会津川口駅~只見駅までは臨時バスでの運行となっています。

 

しかし、2021年に全線開通する事が決定し、あちこちで工事がされていました!

 

 

バスから工事をしている鉄橋が見えました

 

 

バスで只見駅に到着です。

 

 

 

 

只見駅での待ち時間はマンホールを撮りに行ったり、

 

 

 

 

駅の中にあるお土産を見ていました。

箱が可愛い只見ポンせん(バラのポンせんに貼ってあるシールもとても可愛かったです)や、

キーホルダーなどを購入したら

2021年全線開通袋に入れてもらえました♪

そして車窓ガイドブックもいただきました ♥akn♥

 

 

 

 

ホームには1日目に見た115系と同じ柄の気動車が待っていました。

 

 

 

 

このカラーは雪の白と日本海の青、

そして新潟県の花である雪椿の赤を表しているそうですよ。

そう言われるとなんとも新潟らしくて良いですね ぐー

 

 

 

 

ここからはトンネルが多く、山を切り開いて作った路線だと感じる区間です。

トンネルとトンネルの間に見える景色を楽しんでいると

だんだん田んぼが広がる景色に変わっていきます。

 

 

 

 

只見線の終着駅、小出駅に到着です。

 

 

 

 

大好きな只見線、

次は小出駅から会津若松駅まで反対周りで乗ってみたいですし、

秋や冬の只見線も楽しんでみたい、

そして2021年の全線開通がとても楽しみです きゃー

 

 

今回の旅行のルートです

 

 

夏の旅行記にお付き合い下さりありがとうございました!

来年はどこに行けるか今から楽しみですきらきら

 

 

・会津若松駅 6:00→8:01 会津川口駅

 只見線
・会津川口駅 8:15→9:05 只見駅 

 只見線代行バス
・只見駅 9:30→10:43 小出駅
 只見線

・小出駅 11:10→12:52 水上駅
 上越線

・水上駅 13:14→14:15 高崎問屋町
 上越線

 



夢づくり菓子づくり 六郎

家群馬県高崎市貝沢町465
☎(027)363-1480

商品の価格などはホームページをご覧ください
HP http://rokurou.jp/
←click


時計 営業時間 
火~土曜日 8時半~18時
日曜・祝日 8時半~17時半    

注意商品の売り切れなどにより早めに閉店する事があります。ぺこり

休む 月曜日、第3・第5火曜日