べっぴんさんは得。

これは厳然たる事実。


 

橘玲の
「言ってはいけない
残酷すぎる真実」
にもそのことは書かれてます。

 

結構面白いっす↓

 

実際べっぴんさんの方が
将来的に高額所得者の
配偶者になったりして
経済的余裕を得たりします。 

開業医、実業家、芸術家、
芸能人やプロスポーツ選手などの
有名人、上場企業の社員、
官僚、政治家、
などど、そういったヒトの
奥さんは大概べっぴんさん
だったりするのも事実。

そんなひとたちが実際
幸せかどうかはわかりませんが、
傍目には生活に余裕ありそうに
見えるのは事実です。

オンナの場合、生まれてからの
見てくれでアドバンテージが
生じてしまいます。

あってます?大丈夫?

そーするとオトコよりも
オンナの世界の方が
案外厳しいのかなあ、
なんて思ったりもします。
よくわからないけど俺の印象。

お笑い芸人も
若手で貧乏でブサイクでも 
モテたりしますが、 
オンナ芸人はブサイクなら 
確実にモテません。 

不公平ですよねえ。 

でも、ハリセンボンの2人とか
ゆりやんレトリィバァ、
ガンバレルーヤ、
メイプル超合金の安藤なつ…
いやー、俺無理っす。

ブルゾンちえみ
だって俺抱けないっす。

 

35億!


無理!


大久保佳代子もヤです。

紺野ぶるまはイケます。
つまんないけど。

 

 

と、まあ、オンナって
面白くてもブスだと当然モテない。
でもブスじゃないと面白くない、
っていうこの理不尽さ(泣)。

そんな俺の最近のお気に入りは
ユニバースはら!


キャラたち過ぎて、
相方が誰かわからん。

てか、コイツすげーブスだなあ・・・。


実は、はらに似たオンナが
昔会社にいたんです。

もしかするともっと凄かったかも。

あだ名はジャイ子。

 



もちろん面と向かっては
言われてなかったけど
男子社員は皆影でそう
呼んでました。

ジャイ子はクリスマスイブでも
当然ですが残業してました。

相手いなくても早く帰れよ…

結局彼氏など出来ずに
郷里に帰っていきましたが、
あんなヤツ貰うオトコなんて
いないだろうにどーすんだろう。

そーいうことを考えると
ブサイクで生まれたオンナは
不幸です。

ブサイクは誰でもお笑い芸人
なれるわけもないので
一般人はホント大変だと
思いますわ。

あー、オトコに生まれてよかったぁ。

 

ブログランキングに一応参加しています。

不定期ですけど…でも面白かったらクリックお願いします。

 


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ


前回の記事で 
オンナの年を肴に酒を飲むな! 

みたいなことを書きましたが 
それについてもうちょっと深く 
考えてみたのでその続きに 
なります。 

「一体あいつ年いくつなんだよ?」 

って言う場合の女性の多くは 
見るからに年イってそうなヒトには 
言いません。 

見た目通りだからあまり興味が 
ないんです。 

じゃあ、どんなヒトの場合かと言うと 
思うにそれは見た目がちょっと 
キレイめなヒトだと思うんです。 

あれ?ちょっとべっぴんじゃね? 

みたいなとき。 

今回も肴になったおねえさんは 
俺の元イマカノにちらっと似てたぐらい 
ですから、べっぴんさんだと 
思います。 

たぶん他の連中もそう思ったのでしょう。 

だから、 

べっぴんさんだけどあいつ年いくつなんだよ? 

って話題になるわけです。 

ではなんでそんなことが疑問に 
なるんだ?って話なんですけど、 

多分、べっぴんねーさんが相手の場合 
オトコは威圧されるんだと思います。 

やべっ、べっぴんじゃん! 

と一瞬怯むんです。気合い負け。 

そこで、 

「でも、割合年食ってんじゃね?」 

って思い直して 
怯んだ気持ちを押し戻すんです多分。 

その証拠にブサイクさんには 

「ブサイクな上に年くってんな」 

なんて思わないですから。 

でもそんなところでバランス取る
のもどうなんでしょう。

自分がダメだからべっぴんさんに 
負けちゃってるんじゃねーの? 

って思ったりするわけなんです。
違ってるかな? 

オンナの年のことで
揶揄した時点で、

「俺押しこまれてます」

と宣言したに等しい気がします。

だからそんな風に言うの
やめよーぜ、
っというのが俺の意見です。

ところで話変わりますが、
この前金曜日に焼き鳥食べたくなって、 
地元の焼き鳥屋に会社帰りに 
ぶらっと寄りました。 

時々行くんですけど(いつもひとりで)、 
焼き鳥が美味いのはもちろんのこと 
地酒を色々取り揃えてて、
しかも保管状態もよく、
グラスも冷えてて美味しく飲めるんです。 

美味い酒を出す店は燗酒を上手に 
つけてくれます。

それバロメーターになります。 

大抵の店は燗頼むと、 
すっげー熱くしたのを出したり 
するんで、 

「わかってねーなあ」 

と嘆息するハメになりますが 
この店は燗のつけかたも上手なので、 
そういうところも気に入ってます。 

若い大将が日本酒好きみたいで
美味く焼いた焼き鳥を
美味い酒で楽しんで欲しいという 
心遣いだと理解しています。

酒飲みたい時に寄るんですけど 
値段も手頃だからそういう店は 
当然人気もあって、 
店内も狭いから入れないことも 
多々あります。 

金曜日なら尚のこと。 

ところがこの日、窓からひょい、 
とのぞいた限りでは、 
端っこのカウンター席が 
空いてるようだったので、 

おっ、空いてるじゃん、 

とばかりに店内に入ってみました。 

案の定、狭い店内は混んでましたが 
お目当ての席は空いてます。 

ところが、おしぼりとか用意されてて 
残念ながら予約席になってたようです。 

落胆しましたが、入った限りは 
席につこうと思って、 
大将にお願いしたところ、 
たまたまカウンターに一席空いてるところが 
あったのにそこに座ることができました。 

右側にはオトコふたり連れ、 
左側には若いおねえちゃんふたりが 
座っていて、おねえちゃんの方は
少しデカイ声で会話を楽しんでました。 

俺はその店では
あらかじめClipboxで
DLしておいたお気に入りの
YouTube番組をイヤホンで聞きながら
飲み食いするスタイルです。

しかしいつもはその番組に集中しながら
日本酒傾けるのですが、
この日は店内が騒々しぎて
あまり聞き取れません。

隣のおねえちゃんの話声もでかいので
その気はなくても話の内容が
ところどころ聞こえてしまいます。

どうやら年は26、27ぐらいで
すぐ隣のおねえちゃんは、
結婚について話し合うような
カレシがいるみたいです。

「〇〇くんと結婚すると楽なんだよね、
お互い1年ぐらいは実家にいてイイって
言うし、その間好きなことができるから。」

なんて言ってるんです。

それって結婚する意味あんのか?

と思わないでもないですが、
まあ他人のことなので別に
構わないです。

そのおねえちゃん達、
横目で見たカンジではふたりとも
そこそこキレイ風に感じましたが、
隣のおねえちゃんは飲んでる酒が
レモンサワーの割にはずいぶん
酔ってるようで、話をするたびに
その肩が俺に僅かにぶつかってきます。

まあ、仕方ないか。

「あーカラオケ行きたい!」

「行きたいねー」

なんて他愛のない話をしています。

ひととおり飲んで食べたので
そろそろ帰ろうかとお勘定を

お願いしました。

すると突然隣のおねえちゃんが
俺の方を振り向いて、
ジっと見つめるんです。

んんん?

「え?どーしたの?」

って俺が聞くと、

「いえ、なんでもありません」

って言います。

でもなんでもないなら
なんで俺の顔見てんだよ?

あれ?横目ではカワイイと思ったけど
こうして真正面から見ると、
ずいぶんフラットっていうか
古風な顔立ちしてるなあ、
とその間0.01秒、

「なんかあるぅ?」

と優しく聞いてみました。

すると、

「ひとりなんですか?
何か聞いてるんですか?」

と、俺のイヤホン見つけてそう言うんです。

その隣の相方が、

「酔っぱらいぃ」

って言うのが聞こえました。

「ひとりだよ。うん、聞いてる」

って答えると、

「ひとりで寂しくなんですかあ?
オトナだなあ。わたしだったら寂しい」

なんて言ってます。しらねーよ。

でも俺が最初に座りたかった
カウンターの端っこには
オトコのひとり客が焼き鳥つまんでたので

「ひとりのひとは他にもいるよ」

と目で指し示しました。すると突然、

「いくつなんですかあ?」

なんて聞いてくるんでたまげました。

おいおい、知らないオトコに話かけて
いきなり年聞いてくんのかよ?

お前、それって失礼じゃねーの??

と余りのぶしつけさに驚いたので、

「それ、結構聞くよねえ??」

って俺が言うと、

「ハイ、聞かれたら答えないですけど
聞きます!」

なんて悪びれるわけでもなく
言っちゃってます。

そーなんです、オンナって
案外年のことを気にするのか、
割合簡単に質問してきます。

でもそんな個人情報的なことを
隣に座ってた知らないオトコに
普通聞くかあ?

と思うと、それってどうなんだろう、
って思ったりもします。。

「50」

とポツリと答えると、

「けっこうイってるんですねえ」

はあ??

ずいぶん失礼なこと言うオンナだな、
とちょっと、むっ、としたんですけど

「わたしも50ぐらいになったら
ひとりで飲めるようになるのかなぁ」

とか言ってるので、
特に悪気はないみたいです。

最近ではオンナひとりでラーメン屋や
牛丼屋に入っている姿は時々見かけますが
さすがに焼き鳥屋にオンナひとりは
まだまだ無理でしょう。

それが50代のオンナがひとりで
焼き鳥屋に居たら、もっとやばいです。

昔、元イマカノと箱根旅行した時に
レストランで晩飯食ってる
ひとりねーさんが2組みぐらいいましたが
アレがリア充ってヤツなんでしょう。

不倫旅行している身からすると、

楽しいのか?やっぱ箱根は愛人とでしょ?

なんて思いましたが当人が満足してるなら
他人がとやかく言うものでもありません。

「こういう店っていいなあ、
色々なヒトと知り合えて」

なんて隣のおねーちゃんは
言ってましたが
別に知り合ってねーし、

なんて突っ込みは入れずに
黙ってました。

勘定も済んだのでそろそろ引き上げるか
ってことで、

「それじゃあごゆっくり」

と言って店を出ました。

そう言えば昔、同じ店で
やはりカウンターに座ってた
隣のねーちゃん2人組に俺が話しかけて
仲良くなったことがありました。

でも今回は別に話をしたくもなく
黙ってたんですけど、
もしかすると隣のおねーちゃんは
酔いも手伝って特に意味なく、
ずっと俺と話がしたかったのかも
しれません。

まあ、飲み屋にはそういうことも
ありますから面白いっちゃ面白い。

でも別に悪気があるわけでもなく
ただの関心だけなんでしょうが
すぐに年聞いてくるのはオンナも
控えた方がイイと思います。

これって日本の特長なんですよね。

その割には目上の者に

敬意を払わない・・・。

オトコもオンナも礼儀正しく
相手に敬意を払いながら
つかず離れず接するのが
オトナのマナーだと思います。

まあ、26、27ぐらいじゃ
わからないかなあ。

 

(今度会ったら話かけようかなー)
 

ブログランキングに一応参加しています。

不定期ですけど…でも面白かったらクリックお願いします。

 


不倫・婚外恋愛 ブログランキングへ