泣いても笑ってもごきげんさんな

心屋認定講師の大坂優子です。

 

image

 

LINE@ごきげんさん、始めました!

登録してもらえたら嬉しいです!

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

やだ~、このふたりがつけているウエストポーチ・・・

全然記憶にないんだけど(笑)

 

 

 

今から11年前・・・

長男が小学校1年生くらい、次男が年中さんくらい。

 

 

 

この頃から・・・

長男は・・・なんとなく育てにくくて、

でも、ちゃんとしているところもあるし、

勉強とかもできるし、

でも、なんかちょっとおかしいな~って感じながら、

感じないように、気がつかないようにしていました。

 

 

 

 

正確に言えば、

2歳とか3歳の頃から・・・

「あれ?」って感じることはあったのだけど、

他の子とちょっと違うなってところはあったのだけど、

 

 

でも、2歳になる前におむつが外れたり、

読み書きができるようになったり

(いつ頃できたかは忘れちゃったけど、

 周りの子よりちょっと早かったのは覚えている)

 

 

できないこともあるけど、

できることもあるから、

 

 

こんなものなのかな~

個性なのかな~って思いながら・・・

 

 

小学生に突入。

 

 

で、やっぱり・・・

他の子よりできることもあるけど、

できないことが・・・ひどくなってきて・・・

 

 

「どうして?どうして?」って日が多くなってきて、

 

 

絶対やってはいけないと言って叱ったことを

繰り返し、繰り返し、何度もやる。

 

昨日、泣くほど怒ったのに、翌日にまたする。

 

 

みたいなことがずっと続いていたのですが、

日常生活では、学校もちゃんと行っていたし、

まーまー勉強もできるし、

何でかな?何が悪いのかな?みたいな感じでした。

 

 

ただ、一時期中学受験をすると本人が言い出して、

その期間は、少し「問題行動」がなくなっていたので、

安心していたというか、忘れていたのですが、

(興味がこの時だけ勉強に移ったんでしょうねw)

 

 

それがパワーアップして再発したのは、中学校に入ってから。

受験が終わって、目標がなくなったので、

勉強に興味がなくなってしまったようで、

100番以上も成績が落ちました(笑)

↑今なら、アッパレって笑えるけどw

 

 

そして、

学校から何かしらで連絡が来るようになっていました。

担任の先生からだったり、部活の先生だったり・・・

本格的に悩み始めるのはこの頃から。

 

 

 

きっと、私の育て方が悪かったからだって思うようになったんです。

 

 

 

私が性格が悪いから、

私がちゃんとしていないから、

あの時、こうしたから、

あんなこと、したから・・・

とにかく自分を責めまくりました。

 

 

 

 

ある時、県のある施設のある方に相談しに行ったら、

 

「子供の頃の食事制限が原因かもしれませんね」

って言われた。

 

 

 

 

長男は、生れてから6歳くらいまで、

適量のご飯を(ミルク)を自分で取ることができなくて、

生れたばっかりの頃、言われたとおりに母乳を飲みたいだけ飲ませたら、

200ccも飲んでしまい、鼻から母乳が出てきて大惨事になったことがあって、

それからは、時間をはかって、体重計ではかって、母乳を飲ませていました。

 

 

それは離乳食になってからも、

保育所に行くようになっても続いて、

ミルクが終わると号泣。

食事が終わると号泣。

 

でも、食べたいだけ食べさせると、吐くまで食べる。

 

 

周りからは

「あんなに泣いてるんだから、食べさせてあげればいいのに」って言われて・・・

それは身内からも、知らない人からも・・・

とにかく、責められている気分になって落ち込む。

 

 

 

で、あの時から

「なんで私はこんな思いするんだろう」って思いながら子育てをしていた。

「どうして、普通の子じゃないんだろう」って思いながら子育てをしていた。

 

 

 

一日3回、ミルクの時間、食事の時間が憂鬱だった。

終ると号泣されるし、

周りに人がいると、「かわいそう」って言われるし・・・

 

 

 

で、それも保育所の高学年になってくると、

興味が他に逸れたからなのか・・・

とりあえず食事への執着がなくなりました。

 

 

(他のことへの執着で、その後私はもっと苦しむけど)

 

 

で、それが原因だって、

あの時に・・・

食べたいだけ食べさせなかったことが原因だって言われたんです。

なんとかっていう県の施設の、なんとかって肩書がある人に。

 

 

ショックだったな・・・

あんな苦しい思いをしたのに、

それが原因でまた苦しい思いをするって・・・

 

 

 

 

で、、ある意味、そうなんです。

その言葉も今の私なら「私が言わせている」ということがわかります。

ここまで読んでみて、気がついた方は気がついたかもしれませんが、

 

 

とにかく「自分を責めている」んですよね私が私を。

 

 

だから、周りが私を責めてくれる。

そして、また自分を責める。

 

 

「存在してはいけない」と思っている自分が、

こうやって「存在していること」を自分で責めている。

 

 

だから、何を言われても、何をしても

「責められているように聞こえるし、感じるわけです」

 

 

 

 

 

その時に感じた(相手には言えなかったけど)ことは、

 

 

「言っていることは正しいけど、

言っていることは理に適っているかもしれないけど、

現実的にどうよ?

どうしてそんなマニュアル的なのよ?

私の話聞いてくれてる?

それを聞いて、そのアドバイス?

 

問題がある子のほうが問題で、

その親は、どこに相談にいっても肩身が狭い」

 

 

まさに、まさに、まさに、

私が息子に対して、世間に対して・・・

きちんとしなければ、ルールを守らなければ、

って、べきべき女だった私が、やっていたこと。

 

 

 

 

もちろん何度も言いますが、その時は全然気がついてないですよ。

 

 

 

 

私は、そうやって生れてすぐから、

ずっと息子を制限しながら、

見張りながら子育てをしていた。

 

 

 

鼻から出るほどミルクを飲んだり、

食べ物を吐くほど食べたり、

630万円の請求がくるほど携帯やったり、

何百本もボールペン買ってきたり、

バカみたいな量のカードゲーム

大量のDSや大量のスマホ

そしていろいろ、いろいろ・・・

 

 

 同じようなものを大量に集める。

その金額がどんどん高くなる。

 

 

 

もうね、もうね、もうね、

本当に苦しかったんです。

あの頃の子育て。

本当に逃げ出したかったんです。

あの子から。

 

 

 

叩いたり、

殴ったり、

蹴っ飛ばしたこともあった。

失禁するまで罵声を浴びさせたこともありました。

裸足で外に出したことも何度もある。

ただただ、感情で感情だけで怒っていた。

怒りだすと自分が止めれれなくて、

もっと、もっとひどいことを言うし、

ひどいことをするし、

 

 

そして、夜になると寝顔をみると、

そんな自分に自己嫌悪。

自分を責めるの繰り返し。

 

 

寝顔に「ごめんね」って言っては泣く。

 

こんなことが・・・実は心屋に出会うまでの日常だったんです。

たった、5年前の出来事なんです。

 

 

 

 

だからね、

私・・・虐待しちゃうお母さんの気持ち、

子供が好きになれないっていうお母さんの気持ち、

もう子育てしたくないっていうお母さんの気持ちが・・・

 

痛いほどわかる。

 

 

 

 

虐待は絶対いけないって思うんです。

子供を傷つけるのは、弱いものをいじめるのは絶対いけないって思うんです。

 

 

 

だからこそ、その傷つけてしまう側の人、

いじめてしまう側の人に寄り添いたいって心屋のカウンセラーをやってます。

 

 

 

 

 

 

責めるのは、罰を与えるのは簡単だけどね、

それじゃ、何にも変わらないって思うんですね。

 

だって、原因は、お母さんの「前提」なんですから。

そこを崩していかないと、

「ダメ」「やめろ」「普通は」みたいなことでは

どんどん、その「前提」を強化させるだけ。

 

 

 

 

やってしまう親の気持ちがわかるし、

実は、されていた側の子供の気持ちもわかるんです。

 

 

だからこそ、そんな私だからできることがあると思う。

 

 

 

もし、今・・・子育てに苦しんでいる人がいたら、

もし、今・・・主婦業に苦しんでいる人がいたら、

もし、今・・・いい嫁で苦しんでいる人がいたら、

 

 

もう、子育てやめていいよ。

もう、主婦業やめてもいいよ。

もう、いい嫁やめてもいいよ。

 

 

って言ってあげたい。

 

 

本当はね、

ママは笑っているだけでいい。

ママは楽しんでいるだけでいい。

 

 

 

お母さんが笑顔になったらいいって思うの。

お母さんが毎日楽しく過ごせたらいいなって思うの。

 

 

女性がごきげんになれば、

お母さんがごきげんになれば、

奥さんがごきげんになれば、

 

 

それだけで、家族は幸せになる。

そして、子供も幸せになる。

そうすると、地域も明るくなる。

 

 

 

って、私は電器屋さんをやりながらずっと言っていた。

家事や炊事を上手に電化製品で手を抜いて、

ずぼら主婦のススメをしていました。

 

 

 

 

 

そして今は、子育てもずぼらママでいいよって・・・言っている。

繋がった(笑)

電器屋さんでもカウンセラーでも・・・

結局ここにたどり着いた。

 

 

 

 

私はきっと、

「ズボラな女性」を増殖させるために今ここなんだろうな(笑)

 

 

 

 

本当はねすごく私・・・ズボラなのにね、

それをずっと隠していました。

 

 

ズボラだったから・・・

逆に、ちゃんとしなくちゃいけないって思っていたんです。

だから、社会のルール、常識、周りの人たちの目、

そんなことを物差しにして、

自分を見張り、周りを見張り、家族を見張り、

笑われないように、

恥ずかしくないように、

目立たないようにして生きてきました。

 

 

 

 

ズボラでいいんだよって、教えてくれたのは息子です。

 

 

 

子育ては、ちゃんとしなきゃいけないって思えば思うほど、

みんなが苦しくなるって私は思うんです。

子供がちゃんとしていたら、それはそれで問題ですよ(笑)

 

 

 

ズボラに行こうよ!

 

 

 

 

 

写真探していたら、こんなかわいいのも出てきた(笑)

ディズニーランドでやっとキャラクターに逢えたのに・・・睡魔にまける(笑)

こっちは次男です。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなかわいい時は、あっという間ですよ。

たったひとつだけ後悔していることがあります。

それは、拗ねないで子育てをしたかった。

もっと子育てを楽しんでおけばよかった。

 

 

 

自分の前提が間違っていると、今、目の前の現実がゆがみます。

この記事の途中で書いた、

 

「私は存在しちゃいけない」という前提が、

この苦しい毎日という現実でした。

 

 

存在しちゃいけないのに、存在しているから「責められる」

存在しちゃいけないのに、存在するためには「ルールを守る」

存在しちゃいけないのに、存在してもいいって言われたいから、「他人の評価」

(自分の意志では決定できない)

存在しちゃいけない私は、必要ない人間、役に立たない人間、嫌われる人間・・・

 

 

 

でも、私は心屋に出会ったおかげで、

その前提に気がついて、現実を変えました。

 

 

だから・・・私でさえできたからね、

こんな私ができたから、

きっとその「前提」に気がついて、それをひっくり返していけば、

今、目の前の苦しい現実はオセロのようにひっくり返るんです。

 

 

 

でも、私は、ひとりではその前提は気がつけなかった。

なぜなら、いちばん気がつきなくない怖いヤツだったから。

それに気がついたら生きていけないって、すごくすごく奥の方にしまったから。

 

それに気がつかせてくれるのは、今目の前の人たちなんです(笑)

そして、自分を信じる、覚悟と勇気だけです。

 

 

幸せになる覚悟ができたら、心屋へGO!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・子育てはほぼ終わった私の完全に老婆心です!

 

子育て真っ只中のママたちー!

もっと素直に子育てしていいよーーーー!

 

 

 

 

 

子育て中のママたちに読んでもらいたい記事が

まとまってます→子供のこと

 

 

 

 

 

 

 

そして、今・・・

逃げだしたい・・・

捨ててしまいたいほど大変な子育て中(笑)

 

 

 

 

買ったばっかりのクッション

 

image

image

 

破壊。

 

買ったばっかりの冷え冷えクッション

 

image

 

破壊。

 

 

 

 

 

image

 

 

家中におしっことう〇ち。

壊しまくる、汚しまくる・・・(笑)

 

 

で、実は私・・・コナン(7歳)の子育て中は、

まだちゃんとしなきゃ教だったので・・・

犬のトレーニングで・・・育児ノイローゼ気味になりました(笑)

#心屋に出会う前

 

 

で、何のトレーニングもしていないアトム(1歳)

#心屋に出会った後

 

 

 

でも・・・かわいいんですよね(笑)

アトム(オレンジのリボンの方)

犬らしい犬です(笑)

 

 

 

____

心屋塾初級セミナー 只今受付中

 

 

 

詳細・お申込みはこちら下矢印から

 

詳細・お申込みはこちら上矢印から

自分を大好きになるごきげんさんセミナー

も開催しています。

 

 

______

 

 

じっくりひとりで自分と向き合いたいなら・・・

初級セミナーマンツーマン 只今受付中

ZOOMオンラインセミナー(自宅で受講できます)

 

詳細お申込みはこちら下矢印から

心屋塾マンツーマン初級セミナー【ZOOMオンライン】

 

______

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログカスタマイズしたのを機に、

LINE@ごきげんさん、始めました!

こまめにつぶやく予定です(笑)

登録してもらえたら嬉しいです!

友だち追加

 

 

______

 

 

メルマガ(無料)登録していただけたら嬉しいです。

心のこと、子供のこと、夫婦のこと、仕事のこと・・・
メルマガだから書けることを、ざっくばらんに書いています。

 


登録しているのにメルマガが届かない方はこちらを読んでね。
■メルマガが届かない問題とメールをしたのに返信がない問題
 

 

 

 

 

 

■只今、新規でお受けできるのは3名様です。

勝手にひとりにならないで・・・ラブラブ

◆心屋流カウンセリング◆ スカイプ・電話
※対面セッションはしばらくお休みします。

お気軽にお試しいただけるように、

   初回3回まではお試しセッションを設定させていただきました。
しかくセッションの詳しい案内はこちらから → 個人セッションのご案内 
しかくご質問、お問い合わせはこちらから  お問合せフォーム 
しかくお試しセッションはこちらから → お試しセッション申し込みフォーム 

■心屋のカウンセリングを受けると   お客様のご感想

 

 

読者登録してね