BEN450SEL その2 (パワーウィンドウ) | 輸入車 ロッキーのblog

 BEN450SEL その2 (パワーウィンドウ)

 

こんにちはOHVです。

 

今回はBENZ 450 SEL その2で、運転席側のパワーウインドウが

 

 

大変不調な修理です。  その1はコチラ

 

 

症状確認して見るとモーター動きますが、ガラスの動きがおかしいです。

 

 


 

 

早速内張り外して見ます、作りが良いです!

 

 


 

 

ドアからウインドレギュレータを外します。

 

 

何か変です。

 

 


 

 

外したレギュレータ、赤矢印の所から(下の写真)破損しています。叫び

 

 


 

 

アルミダイキャスト製のようですが、かなり無理(負荷)がかかって破損した感じです。パンチ!

 

 


 

 

写真右の大きな土台側の破損面は歪みがあり、左の破損部品と合わせても

 

 

ピッタリとは合いません。ガーン

 

 


 

 

さて、どうしましょうか?部品は国内、本国とも有りませんでした。

 

 

まずは、破損面が出来るだけ合う様に加工していきます。

 

 

寸法が大きく変化しないように!注意

 

 


 

厚目の鉄板を使用してあてがう物を作ってみました。

 

もっと厚い材料にしたいのですが、可動部分があるのでこれで我慢します。

 




 

形を整えて寸法も・・・よく見て!


 

今回はアルミのリベットを使用しました。

 

 

もっと強度のあるものでも良いのですが、歪みのある部分にも少しひび割れ?の

 

 

形跡があるためあまり強度を上げないようにしました。

 

 


 

 

また負担がかかってもアルミのリベットがグラグラになるだけと思いました。

 

アルミのリベットならまたやり直せますので!

 

 

レギュレータを組み込み正常に動くか? 動きました~。ニコニコ

 




赤矢印の所が今回破損した部分です。

またまた応急修理ですが何とか・・・長持ちしてくれると良いのですが。

 

その3へ続きます。 ではまた。自転車