トリッパ。。。(イタリア風モツ煮込み) | もし、元ヤクザが本場ナポリでピッツァの修行をしちゃったら。。。
2011-03-02 04:31:15

トリッパ。。。(イタリア風モツ煮込み)

テーマ:俺流料理レシピ。。。
二週続いてる週末日記の続きがあるのだが、さすがに三週連続はくどいので、今日は、先日作ったトリッパについてお話しよう。。。

トリッパ。。。

これはイタリアの煮込み料理の一つで、フィレンツェではフィレンツェの伝統料理「ランプレドット」と同じぐらい愛されてます。。。


そして、地元料理と言っても過言ではないほどフィレンツェでは、あちこちで売ってます。。。


トリッパの他に、フィレンツェの伝統料理「ランプレドット」という物がありますが、それはまた今度ということで。。。


さて。。。


そんなトリッパを先週作ったので、今日はそちらのレシピをお教えしよう。。。

それでは俺流クッキング開始。。。

トリッパ:買った分だけ。
セロリ:2~3本。
タマネギ:2~3個。
人参:2~3本。
ニンニク:好きな人はたくさん。
トマトホール缶:1缶~2缶。
水:たくさん。
ブイヨン:少し。
オリーブオイル:少し。
塩:血圧が高い人は少なめ。
チーズ:カルシューム不足な人はたくさん。
コショウ:少々。
白ワイン:作りながら飲む人は1本。

まずトリッパことハチノス(牛の第二の胃袋)はスーパーで手に入り、価格もお手頃です。。。

$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
今回は買ったトリッパがあんまり良く無かったかな。。。とちょっと知ったか。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
こんな感じ。。。

臭みがあるのでこれを、セロリ、タマネギ、人参と一緒に茹でる。。。

$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
だいたい三時間ぐらい。。。これが一番大事なので圧力鍋使えば1時間でいいでしょ...などと思ってはいけない。。。

その間に、野菜を用意。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
好きな感じに切っていいけど、基本はこんな感じ。


$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
そして、茹で上がったトリッパも同じように切り、そして常温で冷ます。

$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
ニンニクは潰して炒め、オイルに香り付け。

基本的にニンニクは、炒めて香り付けしたら取り出すが、面倒くさい人はそのままでOK。


$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
野菜を炒める。

トリッパも炒めたら、鍋に全部ぶっ込んでまずは白ワインで軽く煮込む。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
そしてトマト缶、水(ブイヨンスープ)を入れて再び煮込む。。






時間が掛かる料理なので、途中で腹が減る。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
ミニ食パンしかなかったので、ミニ食パンに、昨晩のつまみの残りのピカンテ(辛いサラミ)、モッツァラレラ、ルッコラ等をはさんで。。。


$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
ト-スターがないので、フライパンでトーストに。。。



$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
トーストすることにより中のモッツァラレラがやらかくなり、旨さ倍増!!

。。。だけど。。。



$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
たまに焦がす。。。



まだまだ煮込むよ。。。


$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
水分がなくなるぐらいまで、だいたい2~3時間ぐらい煮込みます。。。

かなり手間ひま掛かる料理だが。。。
$もし、元ヤクザがイタリア留学しちゃったら。。。
仕上げには、パルミジャーノ、ペコリーノをたっぷりかけて。。。


そのまま赤ワインと食べるのが最高だ。。。


パスタにかけても美味しい。。。

パニーノにしても美味しい。。。


イタリアに来たら、是非お食べになさって下さいませ。。。


Ciao!!

roiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス