名曲百選第六章(38)このまま君と あきらめの夏・・・ | 日々の生活(くらし)に音楽を♪

日々の生活(くらし)に音楽を♪

俺の初恋はRock'n' Roll 俺の傍らには何時も音楽があった。

今年も私の所では花火大会も盆踊りもないのが寂しいです。

 

先日、晴れた日に撮ってきた写真です。

 

青空と白い雲とひまわり。

 

 

夏の風物詩、アブラゼミ。

 

 

百日紅とお寺。

 

 

ツマグロヒョウモンのメス。

その名の通り、メスは羽の上の方が黒いです。

 

 

朝日に輝く風鈴。

皆さん、残暑お見舞い申し上げます。

 

 

-------------------------------------------------------

 

夏ソング、今回は この曲を選んでみました。

 

夏をあきらめて/サザンオールスターズ

 

1982年にリリースされた名盤『NUDE MAN』に収録されていた名バラードで、研ナオコさんが カバーし、ヒットしましたね。

 

この曲の やるせないような切なさが たまらなく好きです。

 

歌詞も桑田さんならではの言葉のチョイスや表現で描かれてますね。

 

潮風が騒げばやがて雨の合図 

悔やしげな 彼女とかけこむPacific Hotel 

うらめしげに ガラスごしに 背中で見てる渚よ
腰のあたりまで切れ込む 水着も見れない 

熱めのお茶を飲み意味シンな シャワーで Mm 

恋人も泣いてる あきらめの夏

 

彼女と二人でバカンスを楽しむ為に海に来たのに、 

あいにくの雨でホテルの部屋で過ごさなければならな

くなった二人。

まずここで、二人の運命を感じますね。

 

「恋人も泣いてる」 という言葉から、二人の関係も

あまりうまくいってない事がわかります。

外では雨が降っていて、部屋では恋人が泣いている・・・

そのどうしようもない状況から抜け出せそうもない。

ですから、あきらめの夏、なんですね。

夏をあきらめたのと同時に、彼女との恋もあきらめたのでしょう。

 

 

研ナオコさんのバージョンも載せたいと思います。

 

夏をあきらめて/研ナオコ

 

研ナオコさんと言えば、中島みゆきさんが提供した

一連のヒット曲を思い出しますが、こういう寂し気で

切ない曲が似合いますね。

当時、オリコン5位のヒットとなりました。

 

 

 

夏をあきらめて

作詞 桑田佳祐
作曲 桑田佳祐

波音が響けば 雨雲が近づく 

二人で思いきり遊ぶはずのon the beach 

きっと誰かが恋に破れ 噂のタネに邪魔する
君の身体も 濡れたまま 乾く間もなくて 

胸元が揺れたらしずくが砂に舞い 

言葉もないままに あきらめの夏

Darlin' Can't You See?
I'll Try To Make It Shine
Darlin' Be With Me
Let's Get To Be So Fine

潮風が騒げばやがて雨の合図 

悔やしげな 彼女とかけこむPacific Hotel 

うらめしげに ガラスごしに 背中で見てる渚よ
腰のあたりまで切れ込む 水着も見れない 

熱めのお茶を飲み意味シンな シャワーで Mm 

恋人も泣いてる あきらめの夏

Darlin' Can't You See?
I'll Try To Make It Shine
Darlin' Be With Me
Let's Get To Be So Fine

岩影にまぼろしが見えりゃ 虹が出る 

江の島が遠くにボンヤリ寝てる 

このまま君と あきらめの夏

 

今回は、サザンオールスターズと研ナオコさんの

『夏をあきらめて』 を お届けいたしました。

 

歌詞の中に「Pacific Hotel」という言葉が出てきますが、上原謙・加山雄三さん父子が経営していた「パシフィックパーク茅ヶ崎」の事なのだそうです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ