名曲百選第四章(69)新しい風が吹く四月に・・・ | 日々の生活(くらし)に音楽を♪

日々の生活(くらし)に音楽を♪

俺の初恋はRock'n' Roll 俺の傍らには何時も音楽があった。


テーマ:

 

 

外に出ると風が吹いている。

ひと月前と違う少し温かい風。

四月の風は 何故か爽やかさと新鮮さを感じます。

新たな始まりを感じさせるような四月の風。

 

四月から就職や進学で故郷を離れ、新たな土地で暮らし始めた方も多いと思います。

慣れない所で 色々苦労する事も多いと思いますが、

頑張って欲しいです。

今回の竹内まりやさんの『明日の私』は、そんな新人さん達に贈りたい曲。

 

明日の私/竹内まりや

 

1994年にシングルで リリースされ、こんなにいい曲なのに、オリコンの最高位が19位というのが 信じられません。

まりやさんの春を感じさせるような爽やかでポップなメロディーと歌声がいいですね。

そして、達郎さんのアレンジが また良くて、ノスタルジックで懐かしいような雰囲気を醸し出しています。

懐かしさを感じさせながらも 何年経っても古くならないような優れたアレンジだと思います。

 

故郷から出て、東京で暮らし始める女の子の心情を描いた曲です。

まず 『明日の私』 という タイトルが凄くいいですね。

一日一日 成長して変わって行こうとする自分への期待と決意を感じます。

 

隣の芝生は青いけど
抱えてる悩みは同じ

他人の傷みがわかるような
そんな大人になりたい

 

こういう気持ちは何よりも大切で 生涯心にしっかりと刻んでおきたいもの。

今の日本の社会や出来事を見るとつくづくそう思います。


未来だけを見つめながら
私らしく生きてゆく
キレイに心磨けばきっと
運命は笑いかける
運命は笑いかける

 

夢や希望を持って、未来に向かってキレイに真っすぐに進んで行こうと頑張っている人には、運命の女神も きっと微笑みかけてくれる事でしょう。

気持ちの良いエンディングです。
 

明日の私

私を育てたこの町に
新しい風が吹いたら
思い出ごと箱に詰めて
都へと旅立つの
うしろ髪引かれる気持ちで
みんなにさよならしたけど
泣いてなんかいられないわ
明日が待っているから
自由気ままなひとり暮らし
思ったほど楽じゃなくて
置き去りにした古い恋も
フェイドアウトで消えたの
ビルの谷間歩きながら
私覚悟決めたんだ
夢をいつか叶えるまでは
故郷には帰らない


たまらなく寂しい時には
長電話とアロマテラピー
いつのまにか孤独という名の
友達が増えてる
ぬくぬくと守られてきた
私も少しずつ変わり
ストレスにも負けないほど
たくましさ身につけたの
隣の芝生は青いけど
抱えてる悩みは同じ
他人の傷みがわかるような
そんな大人になりたい
未来だけを見つめながら
私らしく生きてゆく
キレイに心磨けばきっと
運命は笑いかける
運命は笑いかける


今回は、竹内まりやさんの『明日の私』を お届けいたしました。

前向きな とてもいい曲だと思います。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ

 

初恋はロック♪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ