~5678~

23日は巡礼凱旋ショウでした!
思うことがたくさんあった。
笑いあり!涙あり!
そしてビックリすることが2つもあった‥‥
(ライブ以外でもまだ一つある)

会場二時間前には着いて、ハコの前通ったら出演キャンセルの貼り紙がされてあったから驚いた。
というのも、対バンのMOROHAのメンバーがインフルで出演出来ないというもの。
それはもう仕方ないよね。


ただ、ビーバー×SiM対バンの時もSiMが出演取り止めで残念な思いしたからあのことが蘇ってきて複雑な思いだった。



あの日は、納得いかず。実質SUPER BEAVERのワンマンライブになったから悦ばしいことかと思いきや、出演時間はアンコール含めても45分程度だったと思う。
「短過ぎね?こういう時ってビーバーがSiMの分を少しでも補うのが筋なんじゃ‥‥?!」

いろんな事情もあるだろうし、時間とかじゃないのは分かるよ。
誰かを責めるとか、何かを悪くいう次元ではないの分かってるけど。

こういうとこ、すげェ器の狭い人間だなって自分のことが嫌いになる。


で、本題へ。


オープニングアクトとして出演した、BONKURA FEVERS!
名前は聞いたことあるね。って認識。
どんなバンドだろうって待ってたら、見覚えある顔ぶれが出てきてびっくりした。

だって、スナッチハンターのメンバーだったからね。
ギターのガッツさん、ベースのラモーン氏!

ガッツさんがボーカル??
スナッチハンターのボーカルは??
知らないメンバーもいる‥‥!

状況飲み込めず、でもあれよあれよとライブは進行していくね。 
頭がはてなでいっぱいだったけど、そうこうしてたらFM愛媛の九官鳥さんが乱入してきて乳首クリップっていう自身のバンド?マスターベーションって曲をソロで歌い始めて、やけに盛り上がるという。
流れはよく分からなくても、楽しめたよ。

どうやら、スナッチハンターは去年で解散したみたいで、新しく結成したバンドがボンクラだったみたい。成程~!


ラモーンさん、目元の黒いラインやめたんだね(SPYAIRのMOMIKENみたいなやつね。)


そして、八十八ヶ所巡礼!
後ろから颯爽と賢三、清水先生登場。
大御所は後から。

姐さんは、自分があげた日本酒を手に持って登場してくれた。
わわわ、めっちゃ嬉しい。

日本酒キットカットは差し入れするの辞めた。
あの人はチョコより一升瓶が似合う。


今回姐さんの目の前を確保した。
3列目だったけど近いやん、目の前やん。

ここは柵もないし、ステージの高さもフロアとほぼ同じだから目線も近い。


最前じゃなかったし、前には背の高い野郎が多かったから諦めてたけど、88が始まって暫くしたら前の男の人が譲ってくれた。
有難くこの恩を受け取ったよ。


今回は去年の単独ショウより、めちゃくちゃ盛り上がってた。

姐さんは、おそらく衣装提供してもらってるとこの服を着用。

そして、メイクが被ってて申し訳なかった。
真似したわけじゃないけど、目の下にピンク入れてるのが同じでね。


姐さん見て泣いてる人複数見掛けたな~(;_;)


一発目の賢三の見せ場が終わって、立ち上がって箸のようなものでキメた後に、バスドラの位置が気になったのか、「え?これ絶対動いとるよね‥‥?」って素が出た(笑)
喋らないキャラだけどちょくちょく素の声が聞こえてくるのがジワる。
そして賢三はジャパハリのタオル使ってた!

姐さんが先生を紹介する時、「いつも満面の笑みで当て振りを~」って言った後、本当に満面の笑みで電気の機械(笑)を弾いてくれた。

MCもそこそこ長く話してくれたから何喋ってたか忘れたくらいだけど、
「MOROHAが居なかったらチケット代がもう少し安くなってたんだよ。貴様ら、MOROHAについてどう思う?何が悪い?インフルエンザだよな、対バンの相手がインフルエンザになることはよくあるんだ、次までにはMOROHAの曲を弾けるようにしとくよ」
「今日は土曜日‥‥‥‥(間違い)金曜日だ!もうインフルエンザかもしれない、喉が痛いよ。こんな喉が痛いのに歌を歌う、やってる意味があるのかないのか、貴様らが代わりに歌ってくれ」
「人生何があるか分かりません。まあ、深い意味はないんだけど、この前父親からマッサージ機を送ってくれてありがとうっていう連絡がきたんだよね、あれ?マッサージ機なんて送ってないのに‥‥もうその後は怖くて、連絡できません。」って話してた(笑)


そして、心に響く言葉も。
「愛媛の音楽はダサいから聴かない、なんて思ってるのは愛媛の中だけで~」

自分に言われてるみたいでずんときた。
今まで地元バンドは‥‥とかほざいてたけどそんなことないはず。
けど実際にそう感じてた部分があった。
ただ、好きなバンドが地元バンドと交流あったり、仲間だったり色んな繋がりを感じてその考えは勘違いなんだってことがこの1~2年で分かってきたよ。私が銀河の恥でした。

色んなことに気付かせてくれてどうもありがとうございます。



ライブ中って1m以内、真正面にいてもそう目が合うことないね。
いつも気恥ずかしくて、手元とか足元見る事が多かったけど今回は死ぬほど目を見てやろうと企んだけど、ほぼ視線合わない。
どちらかと言えば、服装を見られてた。
この日は八八パーカーと漢字パンツ。


でもね、ギターソロの時、先生が客の後ろの方まで行って弾いてる時はみんな先生に釘付けだし、自分も途中までは目線がそっちだけど、パッと姐さんの方向いたら、そこでガッツリ目が合ってしまって恥ずかしくて、また先生の方へ目を逸らすんだけど、目の前にいる姐さんが気になって向くとまた更に目が合ってしまって、気まずくて先生を見るっていう(笑)



ん~でも今回のライブ??なことがあった。


八八ってライブ中の録画と録音は禁止だと思うんだよね、というかメンバーがやめて欲しいって言ってたと思う。
Twitterにも上がってなかったっけ?
それなのにライブ中、携帯で撮影してた人が何人も居たような気がする。

一番前で端っこにいた人もずっと携帯触ってたり、(目に余るくらい)姐さんを撮ってたりしてスタッフかな?って思ったけど普通のお客さんだったみたいだしね。

最後姐さんがアンプの上に乗った瞬間、待ってましたと言わんばかりにみんな一斉に携帯出してフラッシュまで焚いて撮ってた。
アレはサービスタイムだったのかな。


自分はライブ中メンバーを拝むのが必至でカメラどころじゃないし、撮影許可下りてないから撮らないけど。



でも公演後で、撮れる時は撮ってる。
これもダメなら誰か言って下されな。
楽器のことは分からないけど、姐さんが使ってるベースめっちゃおセンスがいい。(語彙力)
エフェクターのことも知らないけど、このお陰であの音が鳴るんだなと思うと鳥肌が止まらないよ。
清水先生側。
姐さんは、左腕にセトリ書いてた。
赤鬼さんも完璧な身のこなしで天晴れです。





MOROHAは出演キャンセルだったし、近くのホールでは、ホルモンと岡崎体育のツーマンがあってソッチにも気を取られてたけど、八八が出る頃にはそんなことすっかり忘れてた。

帰る道中、おそらくホルモンファンだろうなって人たちもいたけど、自分は八八でめちゃくちゃ満足した。


最近、岡崎体育も注目されてきて 【お金】炎上してたし、多忙過ぎてノイローゼ気味になってたって言うくらいで知名度が上がって売れることが決して良いとは言えないよね。


八八からは売れたいっていう意識をあまり感じないし、コンスタントに出してた音源も近年出てないくらいだけど、ちゃんと曲は作ってて全国巡礼もしてて、コアなファンは多い。
細々でも、ディープに、少しでも長く八十八ヶ所巡礼が続いてくれるといいなって想い。


3000円であんな恍惚な時間が過ごせることが信じられない。

終わったのも9時半回ってて、時間じゃないけどそれなりに期待をしてしまうとこはあるよね。
どのバンドも期待に応えようとしてくれるのは伝わるけど必ずそれが叶えられるわけでもない。
親孝行のついででたまに愛媛で八八を見られるのは嬉しい。
生きてるだけ、愛媛に帰ってきてくれただけで感慨深いのに、たった野口英世三人というやっすいギャランティーで演奏して歌まで歌ってくれるのが申し訳ないレヴェル。


なんだかんだ地元愛強い人だって思う。
仲間を大切にできない人はバンドも続けられないと思うな。


こういう流行りに流されない硬派な音楽もなかなかだと思ってるよ。

人がどんな音楽聴こうと自由。

ロックだろうが、ヒップホップだろうが、ヴィジュアルだろうが、ポップスだろうが何聴いても音楽の価値に際限はないと思う。

ただ、どんな想いを持って聴くか。
 

自分には、愛こそ無いけど心は在る。


オヘンロさん可愛くてお迎えしたー。
でもこの可愛さ解ってくれる人が誰もいなくてつらい。もういい!
狂った現代病と脳がアイアン・メイデン




3年以上も前のケイシさんとマガちゃん。
八八の音楽を愛せる歓びを噛み締めて私は生きてますよ。