日本株下げ止まらず | ダディー・タカの起業彷徨記

ダディー・タカの起業彷徨記

資格起業家として自営業者の道を歩み始めた元外資系金融マンの日常を、起業・創業、投資、運用、トレーディングなどをテーマにお伝えします!


テーマ:
日経平均は続落し、昨日のブログでコメントした昨年6月から12月の上昇相場のサポートラインである14,600円近辺の14,619円で引けました。その後のイブニングセッションで更に売りが進み、大証日経平均先物は一時14,380円まで下落。その後若干持ち直して推移しています。イブニングセッションの安値は、奇しくも昨日コメントした200日移動平均(14,414円)と昨年6月の安値から年末の高値の半値押しの14,368円の間に位置しています。このまま明日の寄りを迎えると、トレンドラインを下にブレークしてのスタートとなり、一旦上昇相場は終了(一休み?)との評価を受けることになりそうです。

もう一つの相場の重しと取れるのは日経平均やTOPIXの年初来の下落を横目に踏ん張ってきた新興市場株の急落でしょうか。マザーズ指数は昨日昨年年末引値を下回り、今日はそのレベルから更に8%を越える下落を演じました。大型株でハマっていても小型株で耐えていた個人投資家も少なからずいるはずで、マザーズの下落も含め多くの一般投資家が含み損に転落したと考えてもよさそうです。

3月期決算企業の第三四半期決算発表のラッシュで、決算内容次第ではポジティブサプライズで相場が急反発というシナリオも描けない訳ではありませんが、現在の投資家の状況を考えると可能性は高くないと思います。株価の調整は先週から値幅では相当なものになっているように見えますが、出来高が突出して膨らんでいる訳でもないのでセリングクライマックスとはまだ言い難い状況ではないでしょうか。多くの個人投資家(私も含めて)が含み損に耐えながら相場の反発を待っているという絵が目に浮かびます。経済のファンダメンタルを考えると、いずれ円安株高に戻ると言うシナリオは維持していますが、何度か指摘した通り「バーゲンハンティング」状態はしばらく続きそうです。「スクラップ&ビルド」を継続しながら、ネットで買い越しになっているポジションをお守りしながら耐える状況でしょうか。今日も日経平均インバース型のETFを買い増ししてヘッジを少し厚めにしました。年初来の損益も日に日に悪化していますが、ここは堪えどころと考えています。

ダディー・タカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。