安定しない相場 | ダディー・タカの起業彷徨記

ダディー・タカの起業彷徨記

資格起業家として自営業者の道を歩み始めた元外資系金融マンの日常を、起業・創業、投資、運用、トレーディングなどをテーマにお伝えします!


テーマ:
一昨日は、新興国で最近通貨安によるインフレに苦しんでいた国々の中央銀行が、相次いで自国通貨安に歯止めを掛ける利上げに踏み切ったことを好感して、株、為替ともリスクオンの流れに傾きかけました。日本株も前日のロスをほとんど取り戻し、引けで高値を付ける流れになりましたが、昨日は一転、利上げによる新興国通貨のリバウンドが一時的なものだったとの見方から、売り直される展開でした。日経平均で心理的な節目の15,000円を日中割れ、14,800円台でどうにか踏みとどまって、引けで何とか15,000円台に戻して終えた形でした。今朝も米国株の反発を好感して高く始まったものの、上値は依然重い状況です。

新興国からの資金流出は昨年から言われていたことで、それを今更と言う感じもあります。ただ、利上げという新興国が持つ数少ない切り札を切っても結局資金流出が止まらなかったこと、またFOMC声明で新興国の通貨安への何らかの配慮のようなコメントがなかったことも市場のセンチメントを冷やしたようです。基本的に年後半に向けて円安と株高が実現するというシナリオを変えていませんが、当面は荒い値動きの中で中々買われづらい展開が続くと言う事かも知れません。そう考えると、「バーゲンハンティング」のチャンスは幾度となく訪れる可能性もあり、少なくとも「お腹いっぱい」になるまでのリスクを取るタイミングは、「今でしょ」ではないと思います。「スクラップ&ビルド」を淡々と押し進め、値頃感から買うにしても少しずつという形がベストかと思います。

ダディー・タカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス