現役、フリーメーソンのグランドマスターが語った5つの組織

 

 

 

① NSA (アメリカ国防総省の情報機関)

 

プリズム(監視プログラム)

 

(Wikipedia)

 

極秘の大量監視プログラムである。大手IT企業を経由してインターネット上の情報を広範に収集し監視する。

 

Target Tokyoとは?

 

 

2015年

 

内部告発サイト・ウィキリークスWikiLeaks)は、米国安全保障局(NSA)が2006年の第1次安倍政権時から内閣官房や各省庁、日本の大手企業を盗聴していたとする文書の一部を公開しました。かねてから米国による盗聴は指摘されていましたが、その実態が改めて明らかになりました。

 

Target Tokyo(WikiLeaks)と題されたファイルでは、内閣官房、財務省、経産省ら中央官庁のほかに日本銀行、三菱商事、三井物産など35か所を盗聴していたとしています。さらに、各所の電話番号一覧が表示され「政府VIP回線」との表記もあり、同時にNSAが盗聴を元に作成したとする文書も公開しています。

 

NSA主体で運営されている有名な通信傍受システムエシュロン(Echelon)の誕生は、1943年5月17日に「英米通信傍受協定」が結ばれ、この時にエシュロン・システムが誕生しています。フランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来しています。

 

1948年には米(USA)英(GBR)カナダ(CAN)オーストラリア(AUS)ニュージーランド(NZL)間の秘密協定として「UKUSA協定」が結ばれ、通信傍受の協力体勢が作られました。協定締結組織は、ファイブ・アイズとも呼ばれます。

 

エドワード・スノーデン氏の告発により、PRISM(監視プログラム)で光ケーブルによるデータ通信さえも盗聴されていたことが明らかになっています。収集・分析・分類・蓄積・提供の各機能によって構成されていると考えられています。

 

日本のエシュロン傍受施設は青森県の三沢基地に置かれています。日本政府、日本企業も監視の対象とされ、無線、短波無線、携帯電話、インターネット回線など、ありとあらゆる日本国内の通信が常に傍受され、データはニュージーランドの通信所に送られてエシュロンに蓄積されているといいます。

 

日本に関する情報収集の対象は主に経済分野であり、米国政財界を更に有利にするためトップの意思決定について情報収集を重点的に行っているとされます(日本とエシュロン/Wikipediaより)

 

安倍政権が秘密保護法や、日本版NSC(国家安全保障会議)、安保関連法制を進めていますが、コンピュータやセキュリティ関連の研究、教育体制の遅れやIT人材の大幅な不足など、「情報戦争」と言われて久しい世界情勢にあっても、日本は危機感が欠如しているように思います。(全文抜粋)

 

 

 

 

日本が逆らったら一瞬で全てを停電できるという噂(これは事実であろう)

 

 

 

 

 

② イルミナティのやりたいこと

 

混沌からの調和再生

 

「平等にすること」 とか 「信じる対象」 を無くしたい、宗教観における ”神” を無くしたい

 

神を無くして新しい神を作ること(偽キリスト?)

 

 

 

 

 

 

 

③ ブナイ・ブリス(ヤハウェという神を持つ)

 

世界最古のユダヤ人の友愛組織

 

ライオンズクラブ、ロータリークラブなどと親密な関係を築いている(ライオンズクラブとロータリークラブの創始者はフリーメーソンのメンバーだった)

 

 

 

 

 

④ADL(名誉毀損防止同盟)

 

「ブナイ・ブリス」 と親子関係の団体

 

「ADL」 はアメリカの中でも最大規模の団体であり、そのため政治にも絡んでいる。トランプの選挙戦でも 「ADL」 が絡んでいた

 

アメリカではユダヤ系の力はかなり強いのが特徴の一つであり、「ブナイ・ブリス」 「ADL」 はイルミナティの組織と連動している

 

「ADL」 とNSAは繋がり、情報戦争は始まっている。 日本は既にアメリカに握られている。同盟を組んでいるからと言って安心はできない

 

 

 

 

 

⑤ ピルグリズム(PILGRYTHEM) 

 

アメリカを建国したと言われる人たちの総称、始祖巡礼

 

未来について語っている組織(予言)

 

その予言は個人に紐付く内容なども言っている
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月31日

 

スノーデンは2年間日本に駐在していた。 彼によると、将来的に日本がアメリカの同盟国でなくなった時のために、アメリカはスパイプログラムをダム、駅、発電所、銀行などに組み込んでいた。 いざとなれば機能停止に追い込められるということ。(これらは映画の中でも語られている) そしてオリバーストーン監督は言った。 日本は昔持っていた主権がない。 アメリカの衛星国であり、人質なのです。

 

 

 

 

 

2020年11月22日

 

「包括的なサイバー攻撃は、電力供給を停止し、交通機関や医療機関を麻痺させ社会を停止させることができる。COVID-19は、大規模サイバー攻撃に比べたら、些細な騒動にすぎない」 クラウス・シュワブ

 

 

 

 

 

2021年4月20日

 

イスラエルは今あらゆる分野のテクノロジーで世界をリードしている。CPU、医療ナノテクノロジー、サイバーセキュリティ、暗号技術、電気通信事業、仮想通貨、ビリングサービス、銀行と金融保険システムのためのデータベース、あらゆる軍事のハイテクノロジーシステム、農業でのロボット工学から一般的なロボット工学、給水設備と食糧生産と配給のシステム、重要なインフラのセキュリティー、そして台頭してきている人工知能の脅威。世界の全ての国は(タルピオット計画により)、このテクノロジー大国とハイテクの契約を結んでいる。これらのテクノロジーはアメリカから盗んだものであり、どんな国の重要なインフラのスイッチも切ることができ、経済を崩せるテクノロジーなのだ。こうなると核兵器なんて必要ない。(脅威を与えるスイッチだけで十分)