現在、初の著書となる『AI・ITで解決できる営業の困りごと』の出版を目指して執筆を進めています。

 

タイトルは仮ですが、セールステックを用いたOJTが営業ニューノーマル構築に不可欠であり、数字づくりに有効であることを啓蒙する内容です。

 

日本にオンライン商談を根付かせたベルフェイスは、インサイドセールスの重要性を啓蒙し続けてきました。

 

今でこそパンデミックの影響で普及が一気に進みましたが、創業時にはインサイドセールスのキーワード検索数はほぼなかったそうです。

 

それと同じく、「セールステックによるOJT」が新しい概念・手法になる以上、啓蒙が必要だと考えています。

 

 

ただし、本の形では出版に漕ぎつけるまでに時間がかかるので、先にウェブサイトでの情報発信を強化していきたいと考えています。

 

ちなみに、書籍は事業計画書やセミナーテキストよりも文字数がずっと多く、今年卒業した大学でも論文は書かなかったので、ここまで長い文章を書くのは初めての経験になります。

 

そのためか、時間をつくって少しずつ書き進めていますが、思うようなスピードで書けていないのが現状です。

 

(本郷理一)