こんにちは。イギリス小中高生留学コンサルタントのロビンです。


 

先日のアムステルダムへの旅で改めて感じた事ですが、

 

 

 

オランダめっちゃ英語が通じる!!

 

 

 

ここはイギリスかっていうくらい、英語が通じる

 

 

それも無理して頑張って話してるって感じではなくて、

 

 

英語で聞けば、フツーに英語で返してくれるレベル

 

 

アムステルダムは首都だから・・ではなくて、

 

 

どんな地方都市だって英語が通じる。

 

 

私は夫がオランダ人なので、地方都市もあちこち行ってますが、英語フツーに通じます。

 

 

唯一、英語が下手だな~と思うのは、70越した義母くらい(爆)。20年以上イギリスに住んでたので、話そうと思えば話せますが、年のせいで忘れたかも💦

 

 

 

アムステルダムの駅で切符買うのにモタモタしていたら(←おばちゃんの旅あるある)、後ろから来た若いカップルが親切に教えてくれた

 

 

 

レストラン、お店、道行く人、何か聞いても皆親切に英語で答えてくれる

 

 

 

写真をとってくれるようにお願いした通行人でさえ、”急いでいるからごめん” と断る時だって、あくまで愛想が良い。

 

 

 

なんか気持ちに余裕がある感じに見えるんですけど~照れ

 

 

 

もちろん英語が話せるだけじゃあ気持ちに余裕は生まれないので、

 

 

やっぱりヨーロッパの中でも文化度が高くて裕福な国なんだろうな。

 


 

ちょっとイラっときたのは、ホテルの朝食の時に入ったカフェのねーちゃんが愛想がなかったこと。

 

 

 

だけど、それが珍しく感じるくらいだから、人あたりの良さは他国よりずいぶん高い。

 

 

 

 

なので今回のオランダの旅はとっても居心地が良かったよラブラブ

 

 

 

一体どういう教育したら、こんなに英語が浸透するんだろう。

 


 

英語とオランダ語が共通点が多いというのもあるだろうし、

 

テレビの漫画とか英語で見れるらしいので、小さいころから英語聞いてるというのもあるし、

 

10歳頃から義務教育で英語教えるらしいし・・

 

英語で講義する大学もいっぱいあるらしいし・・。

 

 

 

語学学校とかサマースクールでも、オランダからの参加者ってまずいない。

 

 

ディベートとかIBとか、そういうコースならいるかもしれないけどね。

 

 

 

大学生になるころには、英語は話せて当たり前、それ以外の専門分野の知識を身に着けることに集中できる

 

 


 

理想的!!

 

 

 

英語は移民におまかせ~という日本と、

 

 

自国民が英語話せますというオランダ

 

 

オランダのように計画的に英語教育を取り入れて国力の底上げを図らないと、そのうち英語の出来る移民のほうが仕事にありついて、日本人職無し~という現象が起こるかもね(←イギリスはすでにこの状態)

 

 

 

そうならないためにも、ぜひお子様に小さいころから世界を見せて、英語に触れさせてあげてくださいね。

 


 

いつまでも英語習得に時間をかけるのではなく、”英語は出来て当たり前”の時代が、すでにやってきていますよ。

 

 

 

******************

 

 

小中高生の皆様の長短期イギリス留学について、毎週1回 ”正規留学メール講座ー世界で通用する子に育てるために” というメルマガを発行しております。 

 

 

サマースクール、1年留学、ボーディングスクールへの正規留学、語学学校、イギリスの教育などについて、幅広く書いております。 
 

 

メルマガ読者様限定で、正規留学の無料相談も受付中です(日程はメルマガにてご確認くださいませ)。

 

 

 ご興味のある方は、ぜひ下記よりご登録くださいね。

 

下矢印下矢印下矢印下矢印

 

 



にほんブログ村