新しい時代に

テーマ:

日本では平成が終わり、令和になったそうですね。



きっと日本に住んでいたのなら、厳粛な面持ちでその日をカウントダウンし、”平成はあと何日”、”令和まであと何時間”、とか数えたのかもしれませんが、

 


イギリスで暮らす身としては、悲しいかな実感がまるでなく・・・

 

 

 

いちいち考えるの面倒なので日本も西暦にすれば?と思ったりもしますが、


 


元号が変わることによって時代の移り変わりを感じたり、皇室の存在を身近に感じたり、日本人であることを意識したり、


 

 

そういう面々と続いてきた日本特有の風習や歴史はやはり残した方が良いのかもしれませんね。
 

 


昭和から平成になった時に、何してたっけ~とふと考えたら、

 

 

イギリスにいたことを思い出しました爆  笑

 

 

昭和の終わるころに留学に旅立ち、到着した数日後にホストファミリーから”I am really sorry "とか言われて、なんのこっちゃと思ったら、



”The emperor has passed away”と言われたので、


昭和天皇崩御したのね~と思ったのと、

 

passed away という単語をこの時覚えました。

 

 

 

そのあとにあった儀式は全部見逃し、2年間の留学を終えて帰国したら世は平成になっておりました。

 


 

そして平成の世を5年間だけ楽しみ再び渡英、あとの23年間はイギリスで過ごしたので、途中から平成何年なのかまーったくわからなくなり、


 

西暦との換算表が手放せないという事態に(爆)。

 


 

そして今回の平成から令和になった日も、もちろんイギリスにいました。たくさんの人がブログに書いていたので、あ~もうすぐ変わるんだなって。

 

 

 

令和、どういう時代になるのでしょう・・。

 

平成の30年で、世の中激変しましたよね。

 

携帯やパソコンが出現し、あっという間に進化していった。

 

世界中の情報がすぐに手に入る。

 

30年足らずで世の中こんなに変わるなんて!

 

 

きっと令和が終わるころには、今は想像もつかない時代になっているのかもしれない。

 

 

 

今度帰国する時は、令和元年なんだな。

 

ちょっと楽しみ照れ

 

 

 

 

===========================

 

 

ロビンエデュケーションでは、小中高生留学の正規留学、ガーディアン、サマースクール、語学学校、ホームステイなどの手配、空港到着時のお出迎え~滞在中のサポートなどをしております。 

 

 

万一の時には駆け付けられる距離に住んでいますので、滞在中も安心してお過ごし頂けます。 

 

 

小中高生の皆様の長短期イギリス留学について、毎週1回 ”留学スタートアップメール講座、お子様をグローバルエリートに育てるために” というメルマガを発行しております。 

 

 

サマースクール、1年留学、正規留学、語学学校、イギリスの教育などについて、幅広く書いております。 

 

メルマガ読者様限定で、正規留学の無料相談も受付中です(日程はメルマガにてご確認くださいませ)。

 

 

 ご興味のある方は、ぜひ下記よりご登録くださいね。

 

下矢印下矢印下矢印下矢印

 

 



にほんブログ村