今年も恒例の(!)クリスマスライト見学へ行ってきましたニコニコ

 

 

場所はバッキンガムシャーにあるWaddesdon Manorです。

 

 

Waddesdon Manorは19世紀末にロスチャイルド伯爵によって週末の別荘として建てられました。


 

フランスのネオルネッサンス様式を取り入れたフランスのお城風の建物で、内装も素晴らしく、数々の絵画のコレクションが飾られています。

 

 

現在はナショナルトラストが管理し、子供連れのファミリーにも人気の訪問場所の1つとなっています。

 

 

去年もここへ行こうとしたのですが、気づいた時にはチケットが売り切れていたので、Blenham Palaceにしました。

 


*去年のブログ記事はこちらです→****

 


 

今年はリベンジということで10月からチケットを予約。準備万端で乗り込んだものの、当日はあいにくの雨雨雨雨

 

 

 

しかもイギリスにしたら珍しく、ザーザーとしつこく降りそそぐ雨で、傘を持たない私達(←イギリス人と化しているので傘を持つことはめったにない)はすっかり濡れてしまい、お庭のライトアップはあまり見れなかったのですが、館の中は素晴らしい装飾で、去年以上に感動してしまいました。ラブラブ

 

 


館の中だけで見ればBlenham Palace以上、お庭のライトアップはBlenham Palaceの方が素晴らしかったです。


 

音楽に合わせて色が変わります。

 

 

 

 

 

各部屋には天井までの高さのクリスマスツリーが飾られていて、それぞれ装飾や色が違います。

 

 

 

 

 

ダイニングルームには素晴らしい銀食器の数々

 

 


 

友達とおそろいの帽子をかぶって雨よけにするワタクシチュー

 

お庭にはクリスマスストールも出ていて、色々な物が売られていました。

 

 

 

 

 



にほんブログ村