真夏が来たと思ったら、今度は真冬並みの寒さで連日の雨あせる

 

 

最悪のお天気のなか、現地校の見学へ行って来ました。

 

 

 

コッツウオルズにあるこの学校は、創立19世紀。コッツウオルズ産のライムストーンで作られた校舎がとても素敵。新しい校舎と古い校舎が混在し、近代的なスポーツホールも備えられています。

 

 

 

 

留学生を積極的に受け入れていて、サポート体制は万全。

 

 

特徴的なのは、どの年齢で留学しても適応できるようになっていて、英語のレベルに合わせて英語レッスン数が多くなったり、イギリス人の生徒達と一緒に受けられるレッスン数が多くなったりと、融通がきくこと。

 

 

 

留学生だけ別棟で隔離されている学校が多い中、寮も教室もイギリス人生徒と同じなのは嬉しいですね。

 


シニアスクールを案内して頂いたあと、プレップ(小学校)も急遽見せて頂きました。

 

 

皆さんとてもフレンドリーで、案内してくれた生徒さん達もお行儀よく可愛らしく、好印象を持ちました。

 

 

 

===========

 


翌日、今度はロンドンの名門シニアスクールのオープンデーへ。

 

 

こちらも3歳~18歳まである学校で、ロンドンとは思えないほど緑豊かな安全な地域にあります。
 

 

 

 

 

地元の名門校として知られていて、最近はアカデミックにも力を入れているのか、校長先生のスピーチでは、”アカデミック、イノベーション”という言葉が何度も聞かれました。

 

 

こちらはインターナショナル校が別棟で立っており、留学生はそちらで勉強しますが、寮やアクティビティ、食事はイギリス人生徒と一緒です。


 

 

インターナショナル校(13歳以上)は1学期から入学可能。


GCSE1年または2年コース、英語にフォーカスしたコースなど、各自の英語力によってコースが選択出来ます。



インターを卒業したら、そのまま本校へ進むもよし、違う学校へ進学するもよし・・。

 

 

インターではお食事会が開かれ、代表の方やスタッフの皆さんと一緒にランチを頂いて来ました。


 

皆さん、とーってもフレンドリーで、好印象でしたよラブラブ

 

 

 

次回のメルマガに詳細を記していますので、よろしければ下記よりご登録くださいねチョキ

 


 

 

 

 

 



にほんブログ村