横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

「GRILL&BAR STOVE'S(ストーブス)」(☆彡)
http://stovesyokohama.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S
 横浜にあるにぎやかで楽しいグルメバーガーの店。

 ディズニーランドのように作りこまれた店内にポリネシアンなお兄さんと充実したアメリカンフード。

 人気なのもうなずけます。

 
住所:横浜市西区南幸2-1-3サイトウビル1F
電話:045-312-2278
定休:無休
営業:12時~深夜3時
 
 普段は歩かない高島屋の駐車場への道を川沿いに歩くと、ぼくが中学生時代から存在する西口にっかつを通り過ぎてこちらに。
 ディズニーランド的な作りこみを感じさせる外観。バラックのような突き出たテラス席には赤青黄色のライト。コミカルなデザインの木の看板の前には椰子の木が植えられ、上に掲げられた看板はトタンに文字を塗ったもの。
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S01

 中も徹底しています。大雑把に固められ丸くデザインされたクリーム色の壁に木の梁。いたるところに小物が置かれ、全体的な雰囲気はアメリカンなものでしょうか。
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S02

 入ってすぐにバーカウンターがあり、全体的にはL字型に奥に深い。壁側の木のテーブルや席は全体的にキツキツで、友人らと大騒ぎしたり、デートでにぎやかに食事するにはよいかな。
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S03

 一番奥には一段降りるような場所にタイルを張ったテーブル席があり、そちらでいただくことに。
 給仕は丸々としたポリネシアンな方。日本人とは違うよい雰囲気はテレビで見る小錦と共通ですね(^ε^)

 

09年1月24日昼の来訪。

 セミナーが終わって、多摩プラと埼玉の先輩に昨日も会っていた後輩と4人で近くのお店へと食事に。
 ベイシェラトンからはここが近いので迷わず先日は入れなかったここに電話して4人の席を押さえて訪問。
 12時過ぎで先客二人とすいていました。
 その後は徐々にお客が入り、中には小さな子連れのお客さんもいましたね。
 
 メニューもにぎやかで楽しい。ランチは各種バーガーにロコモコやステーキライス・オリエンタルチキンライスなどのプレート、パスタやピッツァなどから選択します。
 
SHAKE STRAWBERRY BANANA 740円
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S04

 ストロベリーとバナナのシェイク。ミルキーではなく、シャーベット的なフローズンドリンクで、上には生クリームとナッツです。さして美味しくはないけど、アメリカンな雰囲気に浸れます。
 
 ところで、面白いと思ったのはセブンナップの緑色の瓶に入っているガムシロップ。砂糖も透明な小さい瓶に入っていました。

 
フライドチキン FRIED CHICKEN 890円
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S05

 柔らかな鶏肉の揚げ物。外側がクリスピーでないケンタッキーのクリスピーみたい。これにつぼに入っている甘~いマスタードのソースをつけていただく。
 
チーズバーガー CHEESE BURGER 890円
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S06

 長い爪楊枝に黒オリーブをさして上からハンバーガーを串刺しにしてあります。
 ボトムの上には厚めの四角いハンバーグ、スライスチーズ、レタス、タマネギ、トマト、そしてトップのバンズです。グリルして火を通したハンバーグはタマネギも入っているもの、ふんわり目で中までしっかり火が通っていました。野菜は冷たくシャキッとしていて美味。
 バンズはカリッと焼かれた表面も良いけど、食べるとミルキーな口当たり。全部あわせて食べてなかなか良いバランスです。
 と、意外なことに、調味料がほとんど使われていません。ついているトマトケチャップとマスタードをそれぞれ自分で切ってつけます。とってもジャンクですね~。
 付け合せはフライドポテト。エッジが立ち、カリッとしていておいしい。
 
 ところで、トイレもこの店を象徴しています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-STOVE'S07

 ペンキを塗った板張りのトイレにいろいろな小物、外にある洗面台は塗りつけて成型された場所にあり、シンクは柄入りの陶器で蛇口もレトロ。
 最後にキャッシャーでお支払い。
 総評は☆彡(一つ星半)です。

 

ストーブス (STOVES) (ダイニングバー / 横浜、平沼橋)
★★★★ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Osteria Austro(オステリア アウストロ)」(☆☆彡)
http://www.austro.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro
 やっとたどり着いた極上の一軒。

 信州野菜にこだわりつつ日替わりで作られるその料理は本物のイタリアン。

 健康豚のローストも看板にするだけあって激ウマ。これ以上の豚肉はないくらいに素晴らしいジューシーさです。

 友人に勧めなければならない一軒がまたできました。
 
住所:横浜市中区北仲通3-34-2 1F
電話:045-212-1465
定休:不定休
営業:11時半~14時/18時~22時
 
 角地にある石壁のお店。赤く光るネオンで店名を掲げています。
 入り口はシックな木の扉。金属プレートの看板が小さく右に掲げられ、左には本日のディナータイムの手書きメニューが立てられていました。
 中もよい雰囲気。左にカウンター席が6席並び、ワインや水、オリーブオイルのボトルを並べた向こうにオープンキッチンです。
 天井から吊り下げられた照明のダイニングは小ぢんまりとしていますが、6人がけと4人がけのテーブルのみで狭い感じはなく、楽しく食事できそうです。
 
ブラッドオレンジ 750円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro02

 久々に飲んだおいしいブラッドオレンジジュース。色合いは通常よくみるブラッドオレンジよりもオレンジ色をしていて、酸味が穏やかで甘さが適当。
 これを飲んでトイレに入った段階でこのお店は期待できると確信しました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro03

 自家製パンは2種。穏やかな味わいですがハーブも利いたフォカッチャと外側の皮も香ばしい丸いイタリアのパン。このフォカッチャ、バーニャカウダソースをつけていただいたらとまらないほど美味しい!!
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro04

 つきだしにいただいたのは信州産の紫芋のボール。ただ蒸しただけですといっていた紫芋は甘く美味しい。この下にはとろりとしたブルーチーズ。上にはパルミジャーノを振りかけてオリーブオイルとコショウをふりイタリアンパセリで飾っています。
 シンプルな作りでも組み合わせがすばらしい。美味しい素材に香りの強い素材を組み合わせる妙がここにあります。
 きてよかったと確信は実感に変わりました。

 
いろいろな信州野菜のバーニャカウダ 1580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro05

 たっぷりオリーブオイルのあるアンチョビとにんにくのバーニャカウダソース。
 スティック状のきゅうりとにんじん、メダリオン状の緑色した青大根と紫色の皮の大根、茹でてあるキャベツの若芽のような葉物野菜とスティック状のブロッコリーのような野菜です。名前を調べなくっちゃなぁ!
 にんじんは甘さがとても強い。きゅうりはやや柔らかい気がしました。さっくりした味わいの紫の大根に比べ、緑色した青大根はとても充実した固さで辛味が程よく美味しい。
 
信州産正護院大根とマルーカのボッタルガのスパゲッティーニ 1580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro06

 マルーカというのは和名のないイタリアの魚だそうです。
 そのカラスミを使い、とろりと乳化している粒粒ソースを絡めたスパゲッティーニ。聖護院大根が入り、上には削りおろしたボッタルガが乗っています。ソース自体はやや塩気が少なめな分、カラスミとあわせてちょうど良い塩梅です。
 
健康豚の厚切りロースト 1890円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro07

 驚愕の豚肉がこれ。外側はわずかにカリッと焼かれ、中はあふれる肉汁も美味いジューシーな豚肉です。驚くほどやわらかい!そして美味い!! とくに脂身の甘みが良いだけでなく、「ナディア」の猪で味わったキュッという固い弾力の部分がありました。
 野菜は旬のものを使い日によりかわるそうですが、この千葉県産の豚肉は通年で用意してあるそうです。
 添えられているのは先ほどバーニャカウダで生でいただいた青大根、南瓜、芽キャベツのグリルです。青大根は日を加えることで辛味が消え、ズッキーニのような食感と甘ささえ出ていました。
 
 このお店で見てもらいたいのはトイレもです。
 洗面所とトイレの間には扉を設けず、波打つ紫色の壁で仕切っています。
 洗面所も扇形をした台にいろいろ小物を置いて。
 総評は☆☆彡(二つ星半)です。友人を連れてまた行かねばならない店が増えました。

 

 

11年10月19日夜の来訪。
 夕方に家内と娘を迎えに横浜へ。
 夕食は悩んでこちらに。カウンターであれば入れるとのことでした。テーブル席は満席。子連れの方もいましたね♪
 
有機ブラッドオレンジジュース 750円
 写真を撮りませんでした。
 
自家製ピンクジンジャーエール 580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro08

 ピンク色のジンジャーエール。きつめに生姜が効いています。
 
ノンアルコールファジーネーブル 580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro09

 ピーチシロップとブラッドオレンジジュースでしょうか?
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro10

 つきだしは豆のマリネ、ゴルゴンゾーラのチーズも混ざっている香りの強い和え物、鶏肉かな?
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro11

 パンも出していただきました。レーズン入りのパンと独特のハーブが香るフォカッチャです。フェンネルかな?
 
信州いろいろ野菜のグリル 1380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro12

 これがシンプルだけど、激ウマなんですね~。
 ジューシーなパプリカ、エリンギ、マコモ茸、しめじ、黄色いズッキーニ、ジャガイモ、赤茄子、ししとう、スナップエンドウでしょうか。
 野菜自体も美味しいけど、塩とオリーブオイルのバランスがとても良いのです。
 
信州野菜とカポ市場で見つけたドライトマトのスパゲッティーニ 1580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro13

 これまた素晴らしく美味しい。充実した旨味のあるドライトマトがまた良い味。
 スパゲッティーニの湯で具合は固めで絡めた野菜とのバランスは最高。
 東京の一流店でもこのレベルのパスタはない。
 
仏産ペドロールージュとフォアグラのリゾット 自家製モストコット添え 1800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro14

 これまた激ウマのリゾットです。ベースの出汁が良いのかな?
 ペドロー・ルージュは赤足ウズラ、それにフォアグラが入るリゾット。リゾットの米、一粒一粒が美しく、旨味をまとっています。
 モストコットはぶどうの濃縮果汁だというので、バルサミコっぽく感じたのがそうなのかも。

白糠エゾヒグマのタリアータ 3800円

横浜発 驢馬人の美食な日々-Austro15
 時間が遅くなるのでメインを注文するのを嫌う家内の意見をはねのけ注文してしまった一皿。
  蝦夷羆の肉です、これが!! しらぬかは北海道釧路の白糠郡の町。脂身の多い赤身肉。予想していた臭みはなく噛めば噛むほど味が出る美味しい脂身。熊、最 高!! この肉の焼き加減や塩こしょうも素晴らしいのですよね。「ルッチョラ」の肉のグリルは素晴らしいと常日頃思っていますが、この店はそれに素材の良 さをさらに重ねてくる印象です。
 ソースはマルサラ酒のソースみたいな感じでした。
 付け合わせは野菜のグリル。これも信州野菜なので美味しい。
 
 さて、この日いらした給仕さんは別のお店で見知った方でしたので、デザートはいらないのかと聞かれましたが、時間切れのため終了です。
 希有なほどうまいイタリアン。東京にあってもなみいる有名店に負けないだけの味だと思います。
 こういう店こそがミシュランで☆をとるべきなのだろうな~と思うけど、入れなくなってしまうのは困ります

 

Osteria Austro (オステリア・アウストロ) (イタリアン / 馬車道、日本大通り、関内)
★★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Via Toscanella(ヴィア トスカネッラ)」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella

 関内に新しくできたトスカーナのイタリアン。

 奥のデート用個室を含めた魅力的なお店に7種類の手打ちパスタが用意。

  
住所:横浜市中区相生町4-69関内和光ビル1F
電話:045-651-5750
定休:日曜
営業:11時半~16時/17時半~23時
 
 トスカーナ帰りのシェフによる手打ちパスタを売りにしているお店。
 交差点の角地に白い壁に大きなガラス窓の店として目立ち、イタリア国旗を掲げています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella01

 外からでも良く見えるお店の内装も素敵にオフホワイトでまとめられ、奥の壁は灰色のレンガ壁。その左隅に小さな個室があるのがとても素敵な感じです。内装もそこだけピンク色に見えました。
 いすも白でテーブルはダークウッドの黒です。壁側にはワインのボトルが並べられ、そちらはソファのベンチになっていました。

 

09年1月24日夜の来訪。

 「味道楽」の後、後輩らともう少し話しをするためにこちらへ。
 うろうろしているときに見つけて気になっていました。
 
ブレンド 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella02

 ブラッドオレンジジュースをお願いしたら聞き間違えられて出てきたのがこれ。この分カプチーノが飲めなかったのは残念ですが、もったいないのでいただく。会計に入っていたかどうかは明細をいただけなかったので不明。
 
ブラッドオレンジ 600円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella04

 最近にしては珍しいほど甘いブラッドオレンジジュースでした。加糖しているのか、濃縮還元だからかな…?
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella03

 コペルトは200円。
 パンも自家製で、外側がカリッとしていて香りよいくるみのパン、ローズマリ-のはいるフォカッチャ、トスカーナ伝統のパンの3種類をいただきました。
 
イタリア産チーズの盛り合わせ Formaggio mist 1280円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella05

 中央には中がしっとりし外側がドライのイチジク。チーズは4種。ゴルゴンゾーラがやはり美味しい。
 
蒸し野菜のバーニャカウダソース Verdure al vapole salsa bagnacauda 980円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella06

 ブロッコリ、パプリカ、蕪、ズッキーニなど、かなり柔らかめになるまで蒸されており、そこにアンチョビとにんにくのバーニャカウダソースをオリーブオイルと共に絡めた一皿。野菜は鎌倉野菜のよう。それとも最近はこういう野菜がどこでも手に入りやすくなっているのでしょうか。「リメッタ」の蒸し焼きと比してやはり鮮度が違うための処置かな…と感じる。

 
イカスミを練り込んだキタッラ 白身魚とフレッシュトマトのソース Maccheroni alla chitarra al nero di salsa trabaccolana 1380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Via Toscanella07

 黒いキタッラ。ガッツリとまではいかないし、柔らかすぎない。
 白身魚とトマトのソースで。
 トスカーナといえば「ルッチョラ」が基本なので、今回の白身魚を使ったパスタもなるほどとうなづきますが、その塩気のバランスなどかなり改善を要するのではないかと思います。薄くてメリハリがありません。
 
 できたばかりですので今後に期待ですが、周辺には「サクラ」、「パネエヴィーノ」、そして明日アップする予定の「アウストロ」もありますので、今後よりがんばらないといけないと思います。

 

Via Toscanella (ヴィア トスカネッラ) (イタリアン / 関内、馬車道)
★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「天然活魚ふぐ料理 味道楽」(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku
 

 うらぶれたビルの小料理屋という外観に見合わぬしっかり本物の味を楽しめる穴場の店。

 ふぐの雑炊は必食の美味さ。

 河豚以外の季節には三浦半島より魚を入れるそうですので、1年中美味しいものがいただけます。
 
住所:横浜市中区住吉町3-31信和ビルB1F
電話:045-662-4108
定休:日祝日
営業:17時~22時(土曜は予約のみ)
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku01

 狭い路地から入る入り口。
 階段を下りると奥に小料理屋然としたお店があります。知らなければきっと入ることがない場所。
 中に入ると昔ながらの内装のお店で、厨房に面したカウンター席と対面するように座敷席がありました。障子があるので、中の様子はうかがい知れません。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku02

 接待で使われることが多いと言われておりましたので、個室でふぐという設定にはもってこいなのでしょう。
 

09年1月24日夜の来訪。

 本日は先輩や後輩と関内でとらふぐをいただくことに。
 お店はぼくも知らなかったこのお店です。
 ちなみに最初に出されたのは抹茶、食事中はほうじ茶を出していただきました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku06

 先輩はひれ酒を。目の前で蓋を開けて火をつける。というのはなぜひれ酒でよくやるのでしょうね~。
 
最高級天然とらふぐコース 15000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku03

 上海蟹と天然とらふぐはこの時期のもの、というのが頭にこびりついていたのでもちろんこれを。3日前までの予約制です。ただ、少し多めに入れているとのことで、当日でも問い合わせてあることもあるそうですので、急に食べたくなられましたら電話してみてください。
 
自家製塩辛
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku04

 最初はこの付出から。塩味もコクもそこそこの塩辛。塩辛をあまり食べないのでなんとも言えないのが本当ですが、臭いもの好きには物足りないかも(笑)
 
ふぐ刺
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku05
 驚くほど厚切りのふぐの刺身。ふぐは歯ごたえがなければならないというそうですが、その肉厚の弾力と確かで淡白な美味さはなるほどと思わせてくれます。透き通るほど薄く絵皿の絵が見えるというのも良いのですが、やはり食べるならばこれぐらいが良い。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku08

 一緒にいただくのは一般には出回ることがないというしっかりした質の細い万能葱のようなこうとう葱。これを巻いて自家製ポン酢でいただく。
 もみじおろしもありますので、適当に入れていただく。

 
ふぐ皮
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku07

 プリプリしたゼラチン質が厚くてとてもよい河豚の皮。口に入れると溶けていくその味わいは特筆すべきもので、たっぷりあるところがうれしい。
 
ちり鍋
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku09

 骨付きの河豚の切り身をまず煮込み、その後に野菜を入れておりました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku10 横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku11 横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku12

 豆腐、葱、しいたけ、えのき、春菊などが具。実は5人で食べていたのですが、先行で2人先にやっていただき、奥にいるぼくらは作ったものを皿に出していただいております。
 
雑炊
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku14

 河豚の出汁にちょっと醤油を垂らしただけだという雑炊は驚くほどのふくよかな旨味。これは凄い!!
 溶いた玉子の旨味と味わいもあってのことだと思いますが、横浜にすんでいれば一度は食べてほしい雑炊です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku15

 中にはお餅が一つ入っていました。
 
香の物
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku13

 蕪、胡瓜、人参の香の物。
 
季節の果物
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ajidouraku16

 甘王です。根元まで赤く、甘みの濃い苺はとても美味♪
 実は朝にも家内が買ってありうやうやしく包装された甘王を食べたばかりでしたが、やはりこの苺は美味しい。
 
 河豚を食べるならたしかに近くにある店よりもずっと美味しく良いものをいただけます。
 総評は☆彡(一つ星半)です。これはぼくが好んで河豚を食べないのと、創作で珍しいものを好むことに由来していると思います。直球好きであればより評価は上がるでしょう。

 

味道楽 (あじどうらく) (魚介料理・海鮮料理 / 関内、馬車道、日本大通り)
★★★★ 3.5

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Patisserie SUCRE(パティスリー シュクレ)」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE
 横浜も北部には計画されて作られた町が多い。

 そんな街のひとつ仲町台に可愛らしいケーキ屋さんが。

 ちょっと惜しい面もあるのでまた行ったときによりよくなっているといいなぁ。
 
住所:横浜市都筑区仲町台1-30-13ノースキルズ仲町台102
電話:045-943-1603
定休:不定休
営業:10時~19時
 
 このあたりは計画されて街が作られているので道路も町並みも整然としていて美しい。このお店はそんな仲町台の駅から歩いて数分、せせらぎ公園の遊歩道沿いの角にあります。
 赤い看板に金の文字のお洒落な外観。西洋的色合いのタイルを4段登ってお店へ。周辺は緑に囲まれ、そこに赤い看板が鮮やかに映えてとてもきれいです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE00

 中も苺クリーム色の可愛らしい空間。イートインがないのが残念ですが、その分広い店のスペースを確保しています。
 
フレーズ mousse aux fraise 370円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE01

 ザクザクとした食感で香ばしいガレットノワゼットの上に甘酸っぱい苺のムースというケーキ。
 上には3つのボールのような生クリームと苺2個。
 
ショコラボヌール chocolat bonheur 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE03

 6層のチョコレートのケーキ。ダックワーズ、フィユティーヌ、ミルク、ノワール、シャンティー、プレート。
 そこにはチャキチャキした食感。その上にいくつもの層でミルキーなチョコレートからビターなチョコレートまで重ねられ、両側にビターなチョコレートのプレートを立てています。
 これが一番美味しかった。
 
ショートケーキ Gateau aux fraises 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE02

 小さなショートケーキ。さっぱり目の軽い口当たりの生クリームに苺と生クリームを一層サンドしたスポンジ。このスポンジが軽い分パサついていました。上には苺が1個と透明なジュレ。スポンジがこれだとすると、だいぶ改善が必要ではないかと感じました。
 

横浜発 驢馬人の美食な日々-SUCRE04

 これは持ち帰ったお菓子。食べ忘れてた。。。

 
 駐車場はありませんが、タイムズがあちこちにあり、そこに停めているときは1000円以上の買い物で20分のサービス券を出すと書かれていました。これはうれしいですね♪
 総評は☆(一つ星)です。定点観測のショートケーキの評価で下がってしまいましたが、地元にあってうれしいお店です。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。