新車で購入したHONDAの「モンキー125」の、性能が悪過ぎる純正リアサスペンションを交換しました。
 

 

 


 

 
作業前に、モンキーのシートを外す練習を。
六角レンチで、
 
シート左右の奥まった場所にあるボルトを外します。
 
外すのは簡単。
でも車体が左に傾いているため、右のボルトが雌ねじから外れても出てきません。
プライヤーが要りますね。
 
シート下はこんな感じ。
 
ABSキットを収納するこのスペースに取扱説明書を入れてました。
 
どけると、けっこうな深さがあります。
 
リアサス交換前に気になってたとこをやります。
ドライヤーで温めて、シール剥がししましょう。
 
ガソリンタンクの注意表示シールも、ドライヤーで温めて綺麗に取れました。
 

説明書を読むと、シート裏に書類収納スペースがあるとの記載。

いやいや、このフックですか?嘘でしょ。
 
 

さて、それでは、純正のこのダメダメなリアサスペンションの交換に入ります。
 
 
今回選んだのは、信頼の武川製ショックアブソーバー。
 
車種は、カブやリトルカブ向け。
 
2本のアブソーバーと説明書入ってます。
 
中身。
 
武川マーク。
 
取扱説明書。
 
簡単そうです。
 
まずは、2本とも出して眺めます。
 
遠目で見ると純正品と見た目の変化はほとんど無さそう。
だから選んだんですけどね。
 
 
ところで、このHONDAの純正リアサスペンション、インナーカバーとスプリングがこんな風に擦れて傷ついてます。
 

あちこちのブログで見ましたが、みなさんこうなっているそうで。
HONDAの対応としては、1度だけ新品に交換します、でもこんなもんです。らしい。
リアショックの性能といい、対応といい、ダメダメですね。
 
 
では、サスペンション交換前の準備として、マフラーエンドの樹脂カバーを外します。
サスペンションを抜くときに当たるんで。
 
テールから見えるボルト2本を外し、こぜるように引っ張れば外れます。
 
カバー裏側にあるこの突起がゴム樹脂に差し込まれているんですね。
 
 
外したボルトは無くさないようにテーブルへ。
 
あとはラチェットレンチでリアショックを固定している上下の袋ナット2個を外すだけ。
 
上側は、袋ナット、スプリングワッシャー、平ワッシャーの順に入ってます。
 
下側は、袋ナットと平ワッシャーの2つだけ。この違いは何で?
 

車体の重みでサスペンションが沈み気味で引っかかり抜けにくいんで、片手でフレームを掴み車体を持ち上げながらサスペンションへの荷重をキャンセルして横に引き抜けば簡単に外れました。
こーゆーとこでも車体が100kgちょいしかないモンキーは楽チンですね。



右が純正品、左が武川パーツ。
 
純正サス、両方ともに擦れ跡がありました。
 外装でも目立つリアサスペンションのカバーにこんな擦れ跡が付くのに問題は無く対応部品も無いだなんて、高みを目指していた世界のホンダはもう存在しないんですね。ガッカリです。


取り付け前に向きの確認を。
 
取扱説明書にあった通りの向きにします。


ここで一つ問題が。

カブ用のサスペンションを買ったせいで、上部のカラーのサイズが違っていました。
ちょっと確認不足でしたね。

純正は10mm、武川製は12mm。
 

どっかのブログで見つけたモンキーのサスペンション交換で、
サイズ違いのカラーを外すための道具を、ネジ、ナット、平ワッシャー、ラチェットソケットを組み合わせて作ってみました。

しかし、ソケットのサイズが微妙に小さい上にカラーの周りのゴムが固すぎて全然外れません。

時間が無くてタイムアップ。
もうちょっとやり方考えます。

続く。