にじたんたんのブログ

にじたんたんのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
膀胱炎には、さまざまな不快な症状があります。 まず前兆としては、下腹部の違和感があります。 しかしこの違和感は、生理痛や下痢による腹痛との区別がつきにくことが多いようです。 膀胱炎と気づくのは、排尿に時間がかかり、終わってからも残尿感があってさっぱりしないという症状が出るときが多いようです。 これは、炎症によって膀胱の排出機能が弱まること、そして尿の量や排出のタイミングを管理する機能も乱れるために起こる症状です。 膀胱炎になると、何度もトイレに行きたくなり、1日中何十回もトイレに行くことになります。 なかには、極端に頻繁な尿意に襲われて、トイレから出られなくなるほどの人もいます。 また、排尿中や排尿後にピリピリとしみるような痛みも感じるようになります。 これは、炎症を起こした膀胱の内側が敏感になって起こる症状とされます。 尿をチェックすると、濁りがあったり血がまじっていたりすることもあります。 膀胱炎で最も多い急性膀胱炎の場合には、これらの症状が早い段階で強く出ます。 そして、熱はそれほど高くはなく、微熱程度のことが多いでしょう。 悪寒がして高熱が出る、腰や背中に痛みがあるといった症状が出ると、腎盂腎炎(じんうじんえん)になる心配があります。 子どもや高齢者などは、痛みや不快感が正しく言えず、膀胱炎に気づくのが遅くなることもあります。 周囲にいる人が、トイレの回数やかかる時間に注意するとよいでしょう。 もしかすると膀胱炎ではと思う症状があれば、早めに病院へ行って尿検査を受けましょう。 多くの場合、簡単な検査と薬による治療で治すことができます。 効果

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス