夢を描いてから一年後に夢が実現する過程を
「ハワイに行こう」シリーズでお伝えします。

スピリチュアルな取り組み
ファイナンシャルプランナーとしての視点
マヤ暦カレンダーの活用
祖母、母、妻という役割の明確化
ファミリー&家族のような仲間の存在、絆

こんな観点で読んでいただけたらと思います。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



一年前の私の夢は、


『このハワイ島のプールで

孫のひなたを遊ばせたい!!』

でした。



2014年12月、年もおしせまった師走に


1万円分のクーポン券、目当てに(笑)


なんの氣もなくリゾートホテルの

タイムシェアの話を聞きに

夫婦で出かけました。

 

案内映像の中のハワイ島の

素晴らしい映像に引き込まれ、


プールの映像の中に喜んで遊んでいる

ひなたを見たのです。


経験させたい!!

喜びにあふれている

ひなたを見たい!!


日本の枠を超えた、

ハワイ島での経験。

 

何よりの財産になる。

 



そんな想いと

資金計画とを見比べ

GOー!!サイン出しました。

 

主人はえっ!?ローン∑ヾ( ̄0 ̄;ノと

躊躇しましたが(笑)


私のイマジネーションの方が

Powerを持っていたようです(≧▽≦)


ここPOINT 

夢実現には人の顔色をうかがわない!!



ファイナンシャルプランナーの視点から

主人に伝えたのは、


ローンを組める信用力が

あることが素晴らしい事だし、


30年以上真面目に

コツコツ働いてきたことが

評価されている価値


活きたお金の使い方を

しましょうと



貯まったら行くでは

行かないにきまってるし、

時間は有限。


五歳のひなたにみせたい!


時間は命。

今でしょ!今!!古っ(笑)



契約からファミリーでの

ハワイ旅行の夢は

始まりました




人生の最後の時に後悔するのは
【なにもしなかったこと】
チャレンジしたことは

たとえ思った結果が出なくても

後悔はないと

私の人生は勇氣をもって、

新しいことにチャレンジしてきました
後悔は無いです!
何歳でも遅いことはないから

チャレンジ始めませんか?

 

 

読者登録してね