香川県に行った | ともとものブログ

ともとものブログ

先天性心疾患の左心低形成症候群の小学生の女の子のはなし

香川の琴平町に行ってきました。下のお兄ちゃんとあーちゃんと行ってきました。


不登校の親子が再登校を目指すため勉強する会を主催してきました。
「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会香川大会」です。

 

上のお兄ちゃんが中2の時に不登校でした。半年間行きませんでした。
不登校になった時、まず、皆さんされると思いますが、学校に相談しました。でも、具体的な解決方法を示されることはありませんでした。
不登校を学校に再登校させるシステム・やり方?を知らないんですよね、学校や先生って。

 

ネットで出会った、香川県在住の森田直樹先生の「コンプリメントトレーニング」
親が子供の心のコップに自信の水を入れる声かけをする。そして、登校の価値をインプットする。
先生の指示通りにしたら、2週間で相談室登校し、新学年から教室登校しています。
コンプリメントをした子供は自分から意欲的になり、自分の力を発揮するようになります。
しかも、私まで、イライラしなくなりこの子達のお母さんでいられるってなんて幸せなお母さんだなあって、毎日感謝する日々です。

 

不登校児を再登校させる方法、しかも誰でもできる方法がある!

このコンプリメントトレーニングを広めたいと思い、全国規模で集まる大会しませんか?って一言つぶやいてみました。
そうしたら、やってみよう!っていう話になって。
全国各地で親の会の活動をしている方々が実行委員となって、今回の会を開く運びとなりました。

森田先生が住んでいる香川県で第1回の記念大会をやろうということで、香川になりました。
私も実行委員として。香川県内の全部の市町の教育委員会等に連絡をして、必要そうな人に情報がまわるようにと手配しました。

森田先生の講演会は80名ほどの方がいらっしゃいました。研修会は定員40名を超える応募があり、盛会となりました。
私は上のおにいちゃんも連れていく予定でしたが学校の別の用事が入り行けませんでした。

下のお兄ちゃんとあーちゃんは他の参加したお子さん達と楽しく参加し、帰ることができました。

 

冷静に考えてみれば、学校が再登校させる方法を知らないことって分かりきったことなんです。
だって、再登校させる方法を知っていれば、不登校にさせないし、不登校・引きこもりの数が増えることはないのですから。むしろ、減っているはずなのですから。
でも、現実は違う。不登校の子供は年々増え続ける。
不登校の子供の数は小学生<中学生。高校生は不登校になると単位の関係で中退するので、正確にはカウントされないので、実際の数の把握ってされていないのではないかと思います。

 

子供は育てられ方でこうも違うのだって、わすか2年半で気づかされた私です。

今回の会でお話した、先輩のコンプリメントお母さんが「4年を過ぎるともっと違いますよ~」って。

うわあ、本当に子供の成長が楽しみで仕方ありません!

コンプリメント、一生、私の命がある限り、続けていきます。

 

コンプリメントをかけるのは、不登校児だけでなく、普通のお子さんにも効果があるし(というか、普通のお子さんの方が効果が出やすいです)、発達障害のお子さんも効果があります。発達障害特有の困った(と思われる)面が軽減されます。