彩ちゃんコンサートへ行く途中

知的で素敵な友人がドライブ車中で会話します

「若い人が増えている奇跡の町が奈義町」だと天使 天使

そこへ向かっている私達

変わらない景色見ながら良い方向へ変わっている奈義町の話題へベル

 

 

一部紹介下差し

 

1.高校生まで医療費全カバー

2.高校生には学費13万5000円を毎年負担

3.中学生まで、ひとり親には5万4000円を毎年負担

4.中学生まで、教育教材費を無償提供

5.在宅育児支援(月1万5000円)

6.奨学金、町内移住で半額返済免除

7.一時預かりの子育てサポート等

 

いやぁ聞いたような気はするものの

子育て世代いないもんで知らないと同じでしたあせる

素晴らしい奈義町合格合格合格合格合格再確認

 

 

岡山県にある人口僅か6000人弱の小さな町

子どもがいる夫婦の平均子ども数はほぼ3人だそうです拍手

 

で、私達世代の奈義町と言えば下差し

 

 

キャンプしたり景観楽しむなら下差し

 

 

子供達が遠足に必ず行くのが下差し奈義ピカリアミュージアム

 

 

勝間田から引っ越ししちゃった美味しいお店下差し

 

 

奈義町の魅力まだあります~

またいかなくっちゃって思った私です

取りあえず大銀杏見てから「ジャルダン奈義」さんでお食事行きたいなグラサン

 

     

 

小さな道の駅の様な外観から想像できないレストラン

お菓子や野菜等の品が私を呼んでいる~

 

    

 

 

    

 

       

 

で、秋を楽しもうっと照れ

 

 


楽アートスクールはコチラ↓