未来屋書店で読書

テーマ:

岡山イオンで1番、滞在時間が長い空間

新刊本に出会って、すぐに読む場所も提供してくれる有難い所です=パステル=

未来屋書店さん

 

DSC_5115.JPG

 

昨日は上橋菜穂子さんの「物語と歩いてきた道」と

遠山潤子さんの「冬雷」を読みました

集中して読む環境が整っていて快適でした

大阪で違う大型書店で座って読む事ができる所にもお邪魔しましたが

学生さん多数占拠されていておばさんの入り込む隙間がなかったーーえーん

そもそもの椅子席の確保状態もふーんでした

未来屋書店さんの椅子やソファは素敵です

で、何故!?って思いました

未来屋書店の目指している方向ははてなマーク

購入者としての亜友未は良い客ではありませぬわんわん

サービスを受ける側としては心苦しく思う事も・・・

 

で、ネットで調べるとありました・・・便利な世の中です

 

未来屋書店は日本を代表する流通グループ「イオン」の書籍専門店

イオンを中心とした全国の大型ショッピングセンターに出店

全国38都道府県で店舗展開

大きな変化の時代を迎えている書店業界のなかで

常に新しい書店づくりにチャレンジしているらしい

ベビーカーやショッピングカートを利用する方や車イスの方も多数来店されるため

店舗の出入り口や店内の通路幅を広めに設定

そして、売場の商品を座って選ぶことが出来るように、店内各所にはベンチやソファーのセットを用意

未来屋書店は、子供達にも「知識と触れ合う場」を提供

 

厳しい書籍専門店のチャレンジが見えましたほー

 

有難く利用させていただいておりますおじぎ

 

 


楽アートスクールはコチラ↓

 

楽ん家