最近歌ってみたに関してのマナーがどうたらこうたらと書かれていたりします。

でもMIX師から歌い手に対してのマナーが多くて
MIX師に対しての悪さは軽視されがちです。
そんなんじゃイカーン!!

相手を変えたいなら自分から変わらなきゃダメです!!

なので俺なりに疑問で思うであろう所をまとめてみました!
そして、俺の知り合いでMIXをお手伝いをした事がある方、また歌ってみたを作る際に自分でMIXを一回もやった事ない方にも意見をいただきましたm(__)m
(ご協力いただいた方、ありがとうございます)

これから発信する情報は


●MIX師から歌い手へ伝えたい事
●歌い手からMIX師へ伝えたい事


この二つをお伝えしていきます。

両方の観点から見て、お互いの思ってる事を少しでもご理解いただけたら幸いです。
また、これが必ずしも正しいということではない(一人一人思っている事は違ってくる)ので
大体の人がこう思っているくらいで読んでくださいね(´・∀・`)ゝ

↓忙しい人向け!(笑)
(こういうこと言いたいってことだけでも理解していただけると幸いです)
※リンク付きなので詳細見たい所へクリックで飛べます。

0.心を広く持つようにしよう
1.歌い手さんにエフェクトの値を決めさせないようにしよう
2.混ぜるだけで満足するようならMIX出来るとは言いません
3.こだわりを持ち過ぎないようにしよう
4.MIXに正解はない
5.歌い方に文句言わないようにしよう
6.どんなイメージにしたいのかまず最初に聞いてしまおう
7.連絡は密に取り合うようにしよう
8.MIX公表生放送する場合は考えてからやりましょう
9.余計なことは言わないようにしよう
10.MIXを無償で行っていることを認識する
11.最後に…



◎歌い手からMIX師へ!


●心を広く持とう


これってどういう意味かと言うと
態度が悪い歌い手さんがいたとします。

でもその歌い手さんに対してこっちも態度悪くして良いんですか??
態度悪いからオケと声合わせただけにしました。
むしろMIXしたくもないので音源ゴミ箱に捨てました。。。なんてこともあるらしいです。

そういうことするのは人としてどうなんですか?って思っちゃったりします。
そんな態度を取るくらいならMIX依頼を最初から断りましょう。

MIX師さんがたくさんいる以上に歌い手さんはたくさんいるんです。
ということはその分だけそれぞれの意見や考え方が存在するということです。

MIXをしたことある人から言わせてもらうと本当にこういう行為は止めて欲しいと思ったりします。


●歌い手さんに値を決めさせないでください


たまに居るらしいんですが
「リバーブの値どのくらいにしますか?」とか
「音量が大きい?ゲインどのくらい下げますか?」とか平気で聞く人いるらしいです。

MIX師さん同士の会話だったら良いですよ。
でも歌い手さんにこれを聞くのは酷です。分かる訳ありません。
むしろ分かってたらMIX頼みになんて来ませんよ(苦笑)

もしこのように歌い手さんに意見を求めたいのであれば具体案を出しましょう

例:
A案(リバーブが強い)
B案(リバーブが弱い)

どっちの響きの方が好きですか?とか聞いてみてください。
(A案、B案…マジ、ソフトバンク(笑))

そしたら何かしら言ってくれると思います。


●混ぜるだけで満足するようならMIX出来るとは言わない


最近MIX師と呼ばれる方々が増えてますね。
MIX出来ますよ~って。

いや、全然やってくれるのは構いません。むしろ良い傾向ですヽ(・∀・)ノ

でもコンプの使い方とか分からないのにMIX依頼受け付けます。やりますって人がいます。
そういう人、ちょっと待って。
せめてコンプ、イコライザー、ディレイ、リバーブ、リミッター(マキシマイザー)くらいの知識は持っててください。

歌い手さんの声を実験台にでもする気ですか?
ってか実験台にしてるのと同じことです。

もし、MIX出来ますって言ってて、例えば「リバーブを強めに。ただ、もう少し部屋が狭い感じでお願いします。」って言われたら出来ます?そのような基本エフェクトの操作で出来ない事が出てきてしまったら…?

考えるだけでも恐ろしいwあの人には二度と頼むもんかってなってしまいます。

なのでMIXの勉強をするのであれば
自分の声か、サンプル音源、もしくは配布音源をいじる
ようにしましょう。

他の人から「誠意あるお願い」を無に帰すような行いはイケナイと思います!

本当のMIXって何か?
カラオケと声を混ぜるだけってのは本当にMIXとは言いませんよ。
相手のイメージと自分の持ったイメージを練り合わせて具体的に表現することが本当にMIXと言える作業なのではないかと考えます。


※追記:誤解があったようです
確かにMIXというのはオケと声を合わせるというか何か+何かを合わせた。もしくは編集したりしたらそれはMIXと言えるでしょう。

但し、そこにちゃんと歌った人なら歌った人。演奏した人ならば演奏した人。そしてMIXする人ならばMIXする人。色んな人のイメージと想いと考えが重なる訳です。色んな考え方も混じり合うハズなのです。

そこの意見統一もしっかりしてこそ「ちゃんとしたMIXと言えるのではないかなぁ」と俺は思って書かせていただきました(´・∀・`)ゝ


●こだわりを持ち過ぎないこと


これも本当に多いです。

どういうこと?って言うと
ピッチ修正&補正は絶対行いません!!!

って言っている人、結構見かけます。

確かになんとなくわかりますよ。
MIXに全てを頼ってしまうのは悪いのではないか?と言う意味で。
もちろんそうです。

でもね、だからってピッチ補正、全般を否定して良いのか?っていうとそうではない気がします。

重要なのはその作品にとって一番良い音ってなんだろうってことです。
そこを考えて、今回の作品は補正はしません。って言うならアリでしょう。

ピッチ補正すると個性なくなるとか思ってる人は考え方を改めた方が良いかなぁって思ったりします。
それでなくなるようなら個性じゃないし、個性を消さずにMIXしたるぞ!!ってくらいの気持ちでいた方がエンジニアとして正しい姿なんじゃないかと。
※エンジニアじゃないとしてもねw

その作品にとって一番良い音ってなんだろう
これ、もう一度考えてみてください
(大事な事なので2回言いました 笑)


●MIXに正解はない


こういうまとめ記事書いてるクセにこんな事書くのかよ!
とか思う人もいるかもですねw

でもこれ、本当に正解はないんです。
人の耳とか一人一人違うし、でも同じ人でも落ち込んだり、すごく楽しい時だったりそんな刻々と変化するものに対して合わせることは不可能です。

すっげー楽しい曲とかだったりしても家族の訃報が来た時なんかに聴く気にならないでしょう。
自分が「すっごい良い!!」って思っても、また別の人が聴いたら「なんじゃこりゃ」って思うかもしれません。

そういうものなんです。

この時、大切なのはさっきも言ったけどどの音が一番良いかを考えること。
一番良い音ってニュアンスも人によって変わるかもしれないですね。

自分にとって一番聴こえが良い音かもしれないし
万人向けに良いと思わせる音が良い音かもしれない…

でもまず最初にやって欲しいのが、自分の耳を信じてある程度まで作品を作り上げていくことです。
その作品の一番最初のリスナーってMIX師なんですよ。
自分が良いと思ったもの作ってください!

それから、他の人に聴かせて意見をもらうことも重要
1つより2つの耳で聴いた方が確実性は高まるからです。
だから歌った人にもしっかり意見言って、時間があったら他のMIX師の方にも聴かせても良いかもね(´・∀・`)b


●歌い方に文句言わない


これ、非常に難しい所なんですけど
あんまりMIX中に文句言うものではないと思います。

歌い手からすると「え、本当ですか。録り直したいです…」ってそりゃあなります。

でもその時に精一杯歌った音源かもしれません。
もしかしたら上手く出来なくてもっと悪くなるかも…
そして確実に時間は過ぎていく。

歌い手さんからするときっと矛盾することが一番嫌いです
上手な人の真似しないで」って言われて録って「こうした方が良い」って言って上手な人に近い歌い方を指南されることもあるそうです。

この手のアドバイス関連は非常に落とし所が付けがたく
どこからどこまでがアドバイスだ…というまとめが非常に難しいです。

ですが、その人が伸び伸び歌った状態が多分歌った人にとってみれば今一番ベストな音なのではないかと思います。
こうした方が良いよってのは抑えつけになってしまうので気にしながら歌うことになるし、気持ちも萎えるので逆に悪い音しか録れないのではないかなぁって考えます。
※アドバイスの言い方次第で変わってきますけどw

そういうアドバイスはまた別の機会に言う方が賢明かもしれません。

ただ、音割れはしない方が良いとか
MIXの出来に深く関わってくる所は言ってしまいましょう

それで「出来悪いですね」って言われたらどうしようもないですからねw
※でもそれ指摘してもそれで良いです。って言うならMIX進めましょう


●どんなイメージにしたいのかまず最初に聞く


これ結構居るらしいのですが
音源もらっただけもらって話し合いもせずにMIXを全部済ませて「音源出来ました。これで投稿してください」って言う人が居るみたいです。

歌った人にだってやりたいことがあるんだよ!!
伝えたいイメージがあるんだよ!!

歌い手はこんな風に考えています。
もちろん↑で納得いかなかったら修正をお願いしてくるでしょう。

でも「ごめんなさい。他の人のMIX開始したので無理です。」とか「それをするには有料のプラグインが必要で……」とか言うのはちょっとヒドイかなぁって思います。

いや、本当に出来ないのなら正直に言うしかないですよ。うん。人間正直が一番です。
でもそうなる前に対処が出来たでしょう。という話です。

そういう話はMIX開始する前にやっておくべきかなぁって思います。

まず音源もらった段階でどんなことしたいか先に聞いてしまいましょう
それで無理そうなら無理ってここで言うのはお互いに問題ないはずです!ヽ(・∀・)ノ


●連絡は密に取り合う!


これは歌い手もMIX師も関係なく両方で発生する…というよりも一般的に発生する問題なのですが…

「明日はずっといますのでそのとき受け渡してください」
「●●日に宜しくお願いします」

って言ったのに相手から連絡がない。
ヒドイ時だとそこからまったく連絡がないとか……

一体どこ行っちゃったの!?

人って言うのは連絡来るって言われたのに連絡がないってのはかなり不安になるもんです。

無理なら無理で忙しい時なら指定しない(アップローダを使ってやり取り)か
お互い都合の付く日に指定するようにしましょう。

また、急な用事などで無理になってしまう場合があるでしょう。
その場合は「ちょっと遅れそうなんでまた●●に!」とか「急な用事で無理になってしまって、都合の良い日ありますか?」って感じに言えば、ほとんどの確率で相手は許してくれるでしょう。

そこまでの仲じゃねーよ!!!って感じになるかもですが
こういうちょっとした事って人間的に結構大事なことなのでしっかり緊急連絡先など把握しておくと、もしもの時便利です。
(フリーメールとかツイッターとか、個人情報ほとんど晒さなくても連絡取る方法って結構あります)


●MIX公表生放送する場合は考えてから


最近MIX晒し放送みたいなのも多いですね。

俺も最近MIX晒し放送を見て、参考になるなーって経験をした一人です。

「へー、こんな感じでMIXされてるんだ」という歌い手や
「お、こういうの参考になるな」というMIX師の方もいるでしょう。

でも、ちょっと待って。

中には声だけを聴かれるって結構恥ずかしいと思っている歌い手さんも多いんです。
ちゃんと「生放送で使って良いですか?」って言いましたか?

中には
自分のMIXされている状態を知ってしまって愕然とした事もあるみたいで…
30分ほどであっさりMIXされて意見交換も無く「マスタリングまでしっかり終わりました!」なんて事も…。

そりゃあ6時間とかの無料延長放送とか使ってガッツりやってれば、「うおー、頑張ってるぅ~」とかなりますけど。。。
さすがに30分では頑張ってるとは思われませんよねw
(そういうのは本当に急いでいる時にやる突貫MIXって言うのです)

そういうMIXの仕方をするな!って言っているのではなく
そういうMIXを公表することが問題になっているということを認識してください。
全部を全部晒け出せば良いってことじゃないんですよ。知らない方が幸せってこともあるんです(´・∀・`)
生放送でだけじゃなく、他の人の歌声を公表するってことに気を遣ってみてくださいね。


●余計なことは言わない


MIX師ってなんでもかんでも口にしてしまう人が多いみたいですね。

なんというか教えたがりが多いというのでしょうか。
教えることは良いんですが、歌い手にとって酷だと思う情報もあるってことを認識してください(´・∀・`)

例えば「録り直しとかないですか?大丈夫ですか?」って聞くこと。

MIX師からするとこれ以上の修正って出ないですよね?って聞いてると思うのですが
歌い手からするとそうは思いません。

え?なんか悪いとこあった?やばいことした!?
って思ってます。

あとは「これはMIXしづらいですね……」って言うこと

いや、この後に「これこれこういう所が……」ってなれば歌い手さんは参考になるので
「なるほど!ありがとう!」ってなります。

でも、MIXしづらいってことだけ認識させてしまうと
「おい!どこがMIXしづらいんだ!?」って思ってしまいます。

歌い手さんは相手がMIXしづらいだろうって思ったら基本声を渡してきませんよ。
なにしろ声を渡すのが恥ずかしいって思ってるんですから。

なので悪い所があったら今後に繋がるようにしっかり言ってあげましょう
※あ、もちろん【歌い方に文句を言わない】でも言ったようにタイミングを見てねw


今、歌い手さんってマナーが悪いって言われててビクビクしながらMIXしに来る人も多いんですよ。

もっとMIX師の人は心広く持ちましょう。


●これは無償で行っていること


※歌い手の気持ちにも同じこと書いてます
あーだ、こーだ書きましたが
本来、MIXってお金をもらえる仕事です。

でも歌い手にしろ、MIX師にしろ…みんな趣味でやっています。

人間関係的な部分は大事ですが
無償でやっているってことも忘れないでください。

ケロケロボイスとかそういうの綺麗に行うには最低でも1万くらいするプラグイン買わなきゃならないし、、、でも歌い手さんは案外「あのMIX師さんにしてもらえれば俺らの声って良くなるんだ!」って思ってたりします。

でも実際そうじゃないでしょ?声良くするにだって限界あるでしょ?
無理なもんは無理!

出来ない時は正直に言いましょう。

逆に歌い手さんにMIX師さんにMIXしてもらえば綺麗になるんだ!って考えを捨ててもらえば…
また新たな考えが芽生えるかもしれませんね(´・∀・`)

(ちなみに俺もMIX師さんに頼めば俺の声って良くなるかも!って思って昔、依頼頼みにいきました…いやはや、お恥ずかしい 笑)


●最後に…



ということでどうでしょうか?
意外にMIX師にも歌い手くらいにマナーの悪い感じがあったでしょ?

逆パターンのMIX師が歌い手に言いたいことも時間あれば見てやってください。

そして最後に……

あんまり色々知っているからと言って相手にあーだ、こーだ言うのは止めましょう。
ちょっとくらい知っているからって天狗になっていると足元すくわれますよ。
あなた以上に知識を持っている人なんていっぱいいます!!
(あ、例外なく俺もかも…情報の真意をなるべく確かめてから発信するようにはしてます。それでも間違ってたらすみません(´・ω・`))

そしてMIXの参考に色んな歌い手さんやPさんの曲を参考にするのは微妙かと俺、思ってます。

いや、色んなこと感じられて良いのもわかりますが
そういう色で歌ってみた作品を見て欲しくない。
歌った事でその内面にあるものを拾い取って欲しいです。

「何か」が感じられる作品はMIXの良い悪いって吹き飛ばしますよ。
もっと感受性豊かに聴きましょう。

そして本当にMIX参考にするならやっぱりプロの音源
中でも洋楽。

餅は餅屋です。
専門的にやって、それでお金をもらってる人ってやっぱり上手です。
趣味でやっているより遥かに上手です。

歌ってみた系でMIXが良くないって言ってるのではなく、やっぱりプロは違うなぁって感じてください
分からないのであれば分かるまで音ってのを少しずつ感じ取れるようになってくださいヽ(・∀・)ノ

また、MIX知識とかで相談あるとか話したいとかある人。

そういう熱意がある人は俺は応援したいとすげー思っているのでお気軽にどうぞ。
ってか、最初の疑問って「何を聞いていいかわからない」から始まると思うので本当にお気軽にどうぞ(笑)(って言っても俺は音楽歴2年の未熟者だと認識してね…w)

熱意のある人、応援します!!!

では……

したらなっ!!
(゚д゚)