澤野大樹(さわの・たいじゅ)さん

青森講演会のお知らせです。


【タイトル】 『東北最奥から現われる縄文スピリット!』
「本当の日本」を取り戻すレボリューションは青森から始まる!
 

(イベント詳細・お申込みページ)

弘前会場:2019/7/14(

https://www.kokuchpro.com/event/07cccd1176401c1cb1d1be5f7843d48f/


八戸会場:2019/7/15(・海の日)
https://www.kokuchpro.com/event/f2c145a80374b0c301ff413197b72e32/

 

澤野大樹(さわの・たいじゅ)さんは、
一言でいうなら、天才カリスマ!
私、彼の講演会で度肝を抜かれました。

 

スピリチュアルを超越した、
ガチリアルなお話しです(笑)
その根底には縄文スピリットが
息衝いていました。

 

講演会の内容もさることながら、
澤野氏のお人柄、
仙台や他地域での功績は素晴らしく、

短時間で
細胞が生まれ変ってしまった。
思い出しても感動します。

 

澤野大樹さん、
只者ではありません。
何者なの?
ただただ驚くばかり。
今までの私は一体何だったんだろか…と。

 

真の覚醒とは、
見えないものが見える、
聞こえないものが聞こえる、
といった超能力的開眼では
ありません。
罠に気付くことです。
ブレない精神です。

世の中の真実を知ることです。
知らなかった自分を知る、ということです。

澤野さんの言葉をお借りすると、

「覚醒」へと至る道には、きちんとした所作がある。

「猛烈に勉強し基礎学力を上げ、
自己を形成する基盤への
認識を精緻とする」ことができてはじめて、

次の段階
「常識や通年や固定観念が
いかに操作され己を覆ってきたかを知る」
となり、
大人の仲間入りを許され、

「本物、本当の情報や知識の選別が容易」
となり、その結果、

世の中を眺める解明度が上がり、
覚醒へといたる。

つまり、

最終段階の「覚醒」した状態というのは、

「成熟した大人」でない限り獲得不能である。

自国の歴史、

生まれ故郷であるこの「日本」の歴史すら

しらないまま、「覚醒」することはあり得ない。

自らの精神的基盤も知らないのだから。

基盤があやふやなままだから、

そもそも基盤たることができない。
(澤野大樹)

 

私たち日本人は
ネイティブスピリットを封印され、
それを許してきました。
(土器や遺跡など、
三次元的な話ではありません)

 

今こそ、
縄文魂を呼び覚ます時です。
近代日本は
改竄、隠蔽されてきた
歴史の上にあるということを
知って欲しい。

 

弘前と八戸、
ぜひお出掛けください。

世の中を見る目が変わり、
ホンモノがわかるようになります。

感覚が研ぎ澄まされてくるんです。
断言できます。
 

みなさんの意識次第で
世界を変えることができるのです。

さあ、澤野さんは青森で
何を語ってくれるのでしょうか。
わたしたちの意図を超えた
今世紀最大のレボリューションが
今、始まろうとしています!!!
全国に多くのファンを持つ
澤野大樹さんからの熱いメッセージをどうぞ。
 

東北最奥の地「青森」は、かつて縄文文化の中心だった。

さまざまな種族、民族が付かず離れず暮らしていた。
今から2200年ほど前、秦の始皇帝の命を受けた徐福が
この列島にやってきた瞬間から「弥生時代」となった。
弥生は後に「大和王権」を形成し、この列島を侵略していった。
東北はかつて蝦夷の英雄アテルイらによって
「日高見国」として、
平穏な暮らしを送っていた。
しかし、
大和王権はそんな平和な東北、そして日高見を侵略した。

それ以来、現在に至ってもなお、その支配体制は変わっていない。
この列島、現在「日本」と呼ばれるこの国の本当の住人は、

東北日高見縄文の民たちである。
これから新しい時代を切り開き、そして復権し、立ち上がるのが、
まさに東北縄文日高見であり、その急先鋒がここ青森だ。
大和王権によって不当に奪われた我らが祖国を取り戻す時が来た。
東北の土地、

そして人々の根底にある「魂」
些かも欠損することなく

今でも数千年の時を経ても
輝きを失ったことなどない。

「本当の日本」を取り戻すレボリューションはまさに青森から始まる!

 
7/14(日)弘前会場
 
7/15(海の日)八戸会場
image


(前回のブログより再掲載)
 

各地で

講演会を展開してきた澤野氏。  

天才脳から創造される

バイタリティに加え、

本人独自のリサーチによる

真実の歴史、

この国の原点、

支配構造の仕組み、

とにかく、

この人の脳ミソは

一体どうなってんだろ

ってくらいの分析力に

驚愕しました!

すごいなんてもんじゃなかった。

 

フワフワしたことは一切語りません。

真実のみを突きつけてきます。

 

だけど、

人を心から愛することが

できるハートフルな方です。

 

ホンモノに触れた時、

細胞のレベルで反応します。

魂にダイレクトに

入ってくるものなので

その驚きは

言葉で語り尽くせるものでは

ありません。

魂、揺さぶられるのです。

 

彼の著書を読んだ時も

鳥肌が止まらず

まさかお会いする機会に

恵まれるとは夢にも

思ってもいませんでしたが、

 

生身の彼は

ユーモアたっぷりで

とってもエキセントリック。

 

アーティスティックな

ギタリストでもあり

アルケミスト。

プロデューサーでもある。

 

天才とはこのことを指すのかと

驚き通り越して

よくわかりません(笑)

 

お会いされてみるのが一番です。

目から鱗が剥がれ落ちて

ハート開きますから。

 

そして
ネイティブジャパニーズとしてのDNAが

動き出します。

自分革命が始まります。

 

私たちは縄文人ですよね。

縄文スピリットを受け継ぎ

しっかりDNAに刻み込まれた

あなたですよね。

 

現在の仏教も稲作も

大陸からもたらされ、

弥生人が作った今があります。


倭国というこの国は
かつて大陸から渡ってきて

日本を統治しようとした渡来人の

大和朝廷が

白村江の戦の後、

「日本」という国名に定め、
アマテラス(太陽神)を崇め奉るよう
土着民族を迫害し強制的に

制定しました。


青森・岩手の「戸」という

地名がついた場所は、

大和朝廷が

支配していったという証です。

教科書には載っていないことです。

今の日本にいたるまでは、

これまで隠されてきた
真の歴史があります。

隠されてきた、ということは

私たちは学校なり社会で

意識操作されていた

ということになります。

 

縄文人は狩りをし、

毛皮を着て鬼神を崇め、
野蛮な原始人とされてきました。

 

しかし縄文人ほど

意識が高く、高度な文明を持ち、

平和で豊かな暮らしを続けてきた民は

他に類を見ません。

弥生、大和朝廷が悪い、と

言っているのではありませんよ。

 

勝者が改ざんして伝えられてきた

この国のルーツ、

隠蔽された真実を知りましょうよ、

という話です。
 

みなさん、今こそ

本来の自分を

呼び覚ましましょう。

 

一人一人の意識が変わる、

それが現代の革命です。

 

 

私は本当の自分の声を

聞くことができました。

胸をガッとえぐられたんです。

人生観までも

変わってしまったようでした。

 

縄文ブームの今、

自分の国を

知っているはずだったし

それを信じてもいた。

 

しかし…

ひとたび驚愕のルーツを

知ったならば、

日本人として

私たちは何を成すべきか、

今、何が起こっているのか、

魂の叫びが聞こえてきます。

 

大人になって

複雑な人間関係、葛藤、

社会で揉まれ

苦い世間をくぐり抜けてきた

今だからこそわかること。

でないと、

ここまでの反応は

なかったと思います。

だから

私は今だったんです。

 

自信を持って

彼の洞察力は唯一無二と

断言できます。

 

『アラハバく』は

最初に彼が世に放った言葉なんですよ。

 

澤野大樹さんの青森講演会へ

ぜひ足を運ばれてみてください。
名古屋会場はすぐに
満席となるそうです。

お早目のお申し込みをどうぞ。

そして講演会参加者は

男性や年配者多数。

男性は若者が目立ってました。

というか老若男女問わず、ですね。

素晴らしい!

 

▼全国講演会情報

  http://intuition.jp/blog/ 

 

自分にとって不必要な古い思考や感情、
過去でさえ尊び、そして感謝して

脱ぎ捨てることができます。

たぎる縄文スピリットを

発動させてください。

 

本著書もオススメです。永久保存版!

 


 

青森初の講演会、
澤野さんには余すことなく

鬼才ぶりを発揮していただきます!!!

どうぞお楽しみに♪

 

facebookページ

弘前会場

 

 

facebookページ

八戸会場

 

 

スタッフ一同、

心よりお待ちしております。

 

では、また!

 

 

 

#澤野大樹HP INTUITION