大阪でさとう式リンパケアを学べるスクール リバーアイランド代表 川島貴幸のブログ

大阪でさとう式リンパケアを学べるスクール リバーアイランド代表 川島貴幸のブログ

痛みや不調からの開放、そして機能性と美しさの両立。
さとう式リンパケアのセラピスト資格、講師資格を学べるスクール『リバーアイランド』の講師の川島貴幸です。
初心者でも安心して学べて、セラピストや講師として独立出来るまでのサポートも受けられます。

身体と心を整える講師、川島貴幸です。

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

 

 

何が起こったとしても、全ては自分の選択によって起こると思えば、誰のせいにもしなくて済む。

 

誰かのせいにしない為にも、他人任せにせず、全ての選択は自分で行えば良いということですね。

 

 

 

何を着るか、何を食べるか、どの電車に乗るか、僕たちは毎日多くの選択に迫られています。

 

 

 

選択することの中でも、優先順位の高いもの、大事な選択などがあります。

 

その選択を誤らないようにするには、選択する機会を減らすことが大切です。

 

 

 

選択する機会が多いほど、脳は疲労を起こし、判断力が鈍ってしまいます。

 

マルチタスクで作業をすると、どちらかを選択することを何度も何度も切り替えながら行っているので、脳を疲労させるし、判断力も鈍っているので、非効率的です。

 

 

 

優れた経営者が、いつも同じ服装をしたり、ルーティーンが決まっているのは、選択する機会を極力減らしているからなんですね。

 

選択する機会を減らし、脳を疲労させないようにして、重要な選択をする際に、判断を誤らないようにすることは、僕たちにとっても大切な要素だと言えます。

 

 

 

家の中の状態と、頭の状態はリンクしていると言います。

 

部屋が散らかっていると思考も散らかりやすい。

 

 

 

 

物がたくさんあると、どこに何があるか分からなくなる。

 

インプットだけすると、すぐに取り出せなくなる。

 

どこにあるか分からないものは、無いのも同じなんですね。

 

 

 

背負う物が多ければ、不自由になる。

 

背負う物が少なければ、身軽になる。

 

 

 

必要なものは意外と限られている。

 

必要なものだけにしていくことで、身軽になり、頭が整理され、重要な選択も誤らなくなる。

 

 

 

全ての自分の選択によって起こるもの。

 

選択を誤らないように、身軽になり、選択を減らし、クリアにしておきましょう。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

身体と心を整える講師、川島貴幸でした。

 

 

リバーアイランド情報
■どんな講座があるのかはコチラから
講座の一覧はコチラから
■お気軽にお問い合わせください! 

各種お問い合わせはコチラから
■講座のメイン会場アクセス(大阪中津)
江上歯科3Fセミナールーム
■講座のメイン会場アクセス(東京新大塚)
葉菜水木セミナールーム
■読者登録は相手に知らせる設定でお願いします
読者登録もお待ちしてます!

 

 

公式LINEアカウントで講座・施術のご案内
動画配信なども行なっていきます!

公式LINEIアカウントD:@svy5035u

◇TEL:090−8539−9966

  

身体と心を整える講師、川島貴幸です。

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

 

 

ジョギングとダッシュでは身体に掛かる負担の大きさや、負荷が掛かる場所も違って来ます。

 

普段運動をしていない人がするとしたら、ジョギングとダッシュ、どちらを選ぶかというとジョギングのはずです。

 

とはいえ、同じ距離という条件が付きますが。

 

 

 

ジョギングは自分自身で、歩幅やスピードを調節出来ますが、ダッシュは全速力の運動であり、歩幅も大きくなります。

 

 

 

自分の身体から手足が離れるほど、関節部分への負荷は大きくなります。

 

 

 

多くのウォーキング指導では、大股で歩くこと、腕を振ることを指導されますが、負担を大きくしながら歩けということに他なりません。

 

 

 

テニス、バドミントン、野球、ゴルフ、道具を使ってスイングする競技にしても、バレーボールやハンドボールなど打つ、投げる競技においても、腕が身体から遠く離れると遠心力が働きます。

 

 

 

遠心力が働くと、関節部分に大きな負担が掛かります。

 

肩や肘の故障の多くは、遠心力が掛かるようなフォームが原因です。

 

 

 

指導者の中にも、遠心力を活かすような指導をする人も少なくないので、選手がそのようなフォームになるのも仕方ありません。

 

 

 

遠心力を活かすと、大きな力になるのは間違いないのですが、その分、自分にも大きな負担となるんですね。

 

 

 

大きな力を出そうとする前に、いかに負担が掛からない動作を身につけるかが大切です。

 

 

 

美しく歩こうとして、どこかを傷めてしまっては意味がありません。

 

負担がなく、機能的な動きが出来れば、自然と見た目にも良い動きになるはずです。

 

 

 

歩くにしても、歩幅は狭くすると負担は少なくなります。

 

それは自分の身体の下に足が下りてくるから。

 

身体の下に足が下りるということは、負担が少ないということ。

 

 

 

身体を少し前傾して、歩幅が大きくなったとしても、身体の下に足が下りて来れば、身体に負担が少ないのだから、結果としては良いという事になります。

 

 

 

自分の身体に負担がない中で、少しずつ大きな動きになるのは悪くないのですが、大きな動きを作ろうとして、身体に負担をかけてはいけないんですね。

 

 

 

自分の身体の声に耳を傾け、身体への負担を軽減しましょう。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

身体と心を整える講師、川島貴幸でした。

 

 

リバーアイランド情報
■どんな講座があるのかはコチラから
講座の一覧はコチラから
■お気軽にお問い合わせください! 

各種お問い合わせはコチラから
■講座のメイン会場アクセス(大阪中津)
江上歯科3Fセミナールーム
■講座のメイン会場アクセス(東京新大塚)
葉菜水木セミナールーム
■読者登録は相手に知らせる設定でお願いします
読者登録もお待ちしてます!

 

 

公式LINEアカウントで講座・施術のご案内
動画配信なども行なっていきます!

公式LINEIアカウントD:@svy5035u

◇TEL:090−8539−9966

  

身体と心を整える講師、川島貴幸です。

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

 

 

地球から月を見ると、太陽の光が反射して明るく見えます。

 

しかし、僕たちが見ている月の反対側から見ている人は真っ暗な月を見る事になる。

 

 

 

同じ月を見ていても、表側から見るのか、裏側から見るのかで全く違うように見える。

 

 

 

僕たちが見えている部分以外にも、違う一面が必ずあると言う事ですね。

 

「人を見た目で判断してはいけない」とよく言いますが、全くその通りです。

 

 

 

実際に見ていたとしても、見えている部分だけではないのに、人の噂話や、伝え効いた部分だけでは絶対判断してはいけないと言う事ですね。

 

 

 

見ると言うのも感覚の1つですが、その人の話を聴いたり、醸し出す雰囲気を感じ取ったり、相手のことを知ろうとしなければ、相手のことは分からない。

 

目の前で起こる現象には、必ず意味があり、その意味をどのように捉えるかで全く違って来る。

 

 

 

例えば、自分にとって不利益なことを知り合いにされたとします。

 

その相手に対して「このヤロー」と思うと、自分ではない誰かのせいで腹が立つという事になってしまいます。

 

考えてみると馬鹿らしい事ですよね。

 

 

 

相手のことを考えるにしても、「何かしらそうするなりの理由があるんだろう」とか、「相手の人に利益を与えることが出来た」と思えれば、少なくとも腹は立ちません。

 

 

 

自分のために考えると、「次回からこんな出来事が起こらないようにするにはどうするか」を考える機会になる。

 

「こういうことをすると相手を不快にすることを学ぶ機会」と考えると、良い学びとなる訳ですね。

 

 

 

目の前の現象は、相手によってもたらされているようで、実際は自分の選択によって起こっています。

 

その人と出会うような道を選んだだけ、その人にそうされるような付き合いをしているだけです。

 

 

 

ですから、そもそも相手のことをどうこう考えるのは筋違いということです。

 

相手が動向という前に、自分が今後どうするのかを考えた方が、発展的で、自分の成長にも繋がります。

 

 

 

目の前で起こる現象から、自分が成長するにはどうするかを考えた場合、相手のことは考えない。

 

相手のことを考えなければ、腹も立たない。

 

 

 

たとえ相手が悪くて、相手を罰したとしても、相手に敵意を植え付けるだけで、お互いにメリットは何もない。

 

だから相手を変えようとしないで、自分が進化、成長するように考え、行動すべきだ。

 

 

 

怒りのエネルギーは自分自身を害すエネルギーに成り兼ねないので、自分で自分を害さない様、要注意!

 

 

 

相手を変えようとせず、自分の成長のためにどうするかを考えましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

身体と心を整える講師、川島貴幸でした。

 

 

リバーアイランド情報
■どんな講座があるのかはコチラから
講座の一覧はコチラから
■お気軽にお問い合わせください! 

各種お問い合わせはコチラから
■講座のメイン会場アクセス(大阪中津)
江上歯科3Fセミナールーム
■講座のメイン会場アクセス(東京新大塚)
葉菜水木セミナールーム
■読者登録は相手に知らせる設定でお願いします
読者登録もお待ちしてます!

 

 

公式LINEアカウントで講座・施術のご案内
動画配信なども行なっていきます!

公式LINEIアカウントD:@svy5035u

◇TEL:090−8539−9966

  

身体と心を整える講師、川島貴幸です。

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

 

 

昨日まではそうだと思い込んでいたことが、ガラッと変わってしまう。

 

そんなことってありませんか?

 

 

 

「君子豹変、主人革面」

(くんしはひょうへんし、しょうじんはおもてをあらたむ)
中国古書『易経・革卦』

徳の高い立派な人物は、自分が誤っていることが分かれば、きっぱりと言動を変える。過去のことにとらわれたり、アドバイスしてくれた人のことをうらんだりすることなく、スッキリした形で、変身することができる。

一方、小人は、上の人に従う顔つきだけはする。表面上だけ改める、また、それを受け入れる素振りをする。旧来のやり方やメンツにとらわれ、古いやり方や、いったん口にした自説にこだわってしまうとあります。

 

 

 

徳の高い人ほど、スパッと変えることが出来るし、小人ほど、頑なだと言っています。

 

 

 

変わって良いことと、変わらない方が良いことってあると思うんですね。
 

 

 

500年も続く和菓子屋、「とらや」さんのことは大抵の人は知っていますよね。

 

500年の間、伝統の味を守って来たと勝手に思いがちですが、味はその世相などで、少しずつ改良を加え続けているそうです。

 

 

 

そして1980年にはフランス・パリへの出店、2003年には六本木ヒルズにTORAYA・CAFEを出店するなど、老舗の和菓子屋さんの中では革新的なことを行う企業なんですね。

 

 

 

その「とらや」さんが変えない核の部分は、「本当に美味しいものを誠実に作ること。一生懸命に和菓子を極めること」

 

いつの時代もお客さまに美味しい菓子を召し上がって頂きたい。

 

これに尽きるそうです。

 

 

 

500年続く企業が、変えても良いこと、変えないことを明確にしている訳ですから、僕たちもその違いを明確にすることが大切です。

 

 

 

そして、変えることを恐れないことも大切です。

 

 

 

今までのことと違うことを変えるのは、少し勇気のいることかも知れない、変えない方が良いと思ってしまうかも知れない....

 

しかし、人生において後悔することの多くは、やらなかったことだ。

 

やったことに対しての後悔はしないと言うし、行動を起こせば、何かしら得られるものがある。

 

 

 

変えないことで、今まで通りに快適に過ごせるかも知れないけど、それ以上の広い世界を知るには至らない。

 

この世界の広さを知るには、少しずつ自分の世界を拡げる必要がある。

 

 

 

その為にも、今までやったことがないことにチャレンジすることは大切だ。

 

 

 

変えても良いことはスパッと変える。

 

変わらないものは、自分の核となり、迷った時も立ち戻れる旗印となる。

 

 

 

自分の思い込みや自説に囚われず、柔軟に受け入れることが、更に自分を成長させてくれる事にもなります。

 

 

 

変われないのは小人、変わることは進化。

 

どちらを選ぶかは自分次第ですね。

 

 

 

今の自分を変えて、進化しよう!

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

身体と心を整える講師、川島貴幸でした。

 

 

リバーアイランド情報
■どんな講座があるのかはコチラから
講座の一覧はコチラから
■お気軽にお問い合わせください! 

各種お問い合わせはコチラから
■講座のメイン会場アクセス(大阪中津)
江上歯科3Fセミナールーム
■講座のメイン会場アクセス(東京新大塚)
葉菜水木セミナールーム
■読者登録は相手に知らせる設定でお願いします
読者登録もお待ちしてます!

 

 

公式LINEアカウントで講座・施術のご案内
動画配信なども行なっていきます!

公式LINEIアカウントD:@svy5035u

◇TEL:090−8539−9966

  

身体と心を整える講師、川島貴幸です。

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます。

 

 

 

何事においても同じことが言えるのですが、意識を向ける、意識をすることが大切です。

 

意識がなければ、意識不明です。

 

量子力学の世界でも、意識を向けた方向へ物事は進んでいくとも言われています。

 

 

 

どこに向かうか目的を明確にし、そこへ意識を向けて行動する。

 

そうることで現実世界に変化を起こしていく。

 

 

 

モノ作りにおいても、どんなものを作るか決めておいて、設計図を書く。

 

設計した通りに、少しずつ形を表す様になる。

 

少しずつ現した形の変化を感じ、認識することで、完成イメージが更に鮮明になっていく。

 

 

 

意識が向いているから行動に移り、行動するから現実世界が変わっていくのは、何事においても同じなんですね。

 

 

 

毎朝決まった時間に目覚めて、身体を起こすよう身体のケアをしたり、トレーニング、瞑想などを行う。

 

朝の食事は軽めに、よく噛むように、歯ごたえがあって、水分が豊富な果物などを摂る。

 

エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、階段を使う。

 

 

 

意識の高い人は自分の為になることを、行う様に意識して生活しているんですね。

 

意識するから行動に移り、行動が現実世界を変えていくのですから、どんどん自分に良い変化が起こっていくんですね。

 

 

 

しかし、大きな変化を求めるあまり、小さな変化を見逃すことがありますが、大きな変化とは、小さな変化の積み重ねです。

 

言ってみれば、小さな変化にさえ気づくことが出来れば、必ず大きな変化を起こせるということです。

 

 

 

他人と自分を比べると、自分はダメだとなりがちです。

 

比べるのは他人ではなく、昨日の自分です。

 

 

 

自分に意識を向けて、変化を感じようとする。

 

軽くなった、動きやすくなった、あたたかくなった。

 

わずかでも、自分にとって良い変化を感じることが出来れば、それでOK。

 

 

 

過去の失敗に囚われ、未来への不安の中で生きている人は少なくないのではないでしょうか。

 

僕たちが生きているのは、現在という時間であり、意識を向けるべきは今この瞬間です。

 

 

 

今この瞬間の変化を感じ、わずかながらでも良い変化を積み重ねれば、やがて大きな変化を起こす未来が訪れます。

 

 

 

未来が良くなるには、現在の変化を感じること。

 

そうやって未来が良くなれば、過去の失敗も成功へのプロセスとなります。

 

『終わり良ければ全てよし』ってやつですね。

 

 

 

どう終わるか、ゴールを決めて、ゴールに向かう意識を持ちましょう。

 

ゴールに向かっていなければ、ただの迷子ですよ。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
 

身体と心を整える講師、川島貴幸でした。

 

 

リバーアイランド情報
■どんな講座があるのかはコチラから
講座の一覧はコチラから
■お気軽にお問い合わせください! 

各種お問い合わせはコチラから
■講座のメイン会場アクセス(大阪中津)
江上歯科3Fセミナールーム
■講座のメイン会場アクセス(東京新大塚)
葉菜水木セミナールーム
■読者登録は相手に知らせる設定でお願いします
読者登録もお待ちしてます!

 

 

公式LINEアカウントで講座・施術のご案内
動画配信なども行なっていきます!

公式LINEIアカウントD:@svy5035u

◇TEL:090−8539−9966