皆さんこんばんは。滝澤諒です。

 

 

ブログが遅くなってしまいすみません汗

 

 

 

この度、321日に行われるRIVAの単独イベントをもちまして「六本木一丁目声優學園」から卒業することとなりました。

突然の発表でビックリさせてしまってごめんなさい。

 

 

今後の六本木一丁目声優學園としての活動や個人での活動に関して、話しあいを重ねていく中で、

自分の活動の視野をもっと広げていき、新しいステージへと挑戦したい気持ちが強くなっていき、

たくさん悩み、話しあった結果、今回の卒業という決断をさせていただきました。

 

 

 

一昨年の5月にオーディションが行われ、その年の912日の初ライブから沢山の経験をさせていただいた六學。

僕にとってのRIVAは、自分の全てをさらけ出せる場所でした。

 

自分が学んだこと、これから学んでいかなければならないことをステージやメンバーとの切磋琢磨を通じて表現、吸収する場所。

楽しい時間もあれば苦しい時期もあり、上手くいくときもあれば失敗することもありました。そういった様々な境遇があったからこそ、表面だけで繕わないありのままの僕で色々なことにトライさせていただけたフィールドでした。

 

 

そして何より、六學の活動を通して、メンバーのみんな、応援してくださるたくさんの方と出会えたことは僕の宝物です。

 

 

 

 

そんな大切な居場所を離れていくことを考え始めた当初は、不安や怖さ、自分の心への問いかけなどが続き、もちろん正解などあるわけもなく、ただひたすらに迷ったりもしました。

 

けれどそうやって考えている内に、やっぱり自分には未知の世界へと足を踏み入れてみたい好奇心や、色々なものに刺激を受けたいという思いが強くあることを再認識することができました。

 

 

 

 

 

 

今回の「卒業」という選択は終わりではなく、新たな道の始まりだと自分では考えています。

 

 

 

 

 

僕の決断を理解し、激励の言葉をかけてくれたメンバーにも心から感謝しています。

 

 

 

 

自分から皆さんに直接お伝えしたかったので、本日のSHOWROOMで発表の時間をいただきました。

皆さん気持ちの整理がつかない中、励ましのメッセージや温かい言葉をかけて下さったこと。心から嬉しかったです。

ご視聴いただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

「六學」の滝澤諒から、個人の滝澤諒として。さらなる飛躍が出来るよう精一杯努力致しますので、引き続き皆様からの変わらぬ温かい声援を頂けますと心より嬉しく思います。

 

 

 

 

そして新たに発表となりました、321日の単独イベント。6人の活動の節目、集大成、そして次のステージへとしっかり走り始められるような、そんな最高な時間にできるよう全力で作り上げていきたいと思います!!

六本木一丁目声優學園として活動できる残りの期間を、最後まで大切に、そして全力で行っていきたいと思いますので、これからも六學と、滝澤諒の応援、よろしくお願い致します!!

 

りょう